九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
樋口 裕次郎(ひぐち ゆうじろう) データ更新日:2017.11.22



主な研究テーマ
細胞生物学的研究による黄麹菌の有用物質高生産
キーワード:有用物質高生産、黄麹菌、細胞生物学
2014.04.
真核微生物におけるAipA様AAA ATPaseの機能解析
キーワード:AAA ATPase、AipA、黄麹菌、分裂酵母
2014.04.
黄麹菌における初期エンドソーム動態の生理学的機能解析
キーワード:初期エンドソーム、細胞内動態、黄麹菌
2016.04.
研究業績
主要著書
1. 樋口 裕次郎, 北本 勝ひこ, 発酵・醸造食品の最新技術と機能性II, シーエムシー出版, ページ、78-85, 2011.10.
主要原著論文
1. Yusuke Togo, Yujiro Higuchi*, Yoshinori Katakura, Kaoru Takegawa, Early endosome motility mediates α-amylase production and cell differentiation in Aspergillus oryzae, Scientific Reports, 7, 15757, 2017.11.
2. Martin Schuster, Magdalena Martin-Urdiroz, Yujiro Higuchi, Christian Hacker, Sreedhar Kilaru, Sarah Gurr, Gero Steinberg, Co-delivery of cell-wall-forming enzymes in the same vesicle for coordinated fungal cell wall formation, Nature Microbiology, 1, 16149, 2016.08.
3. Yujiro Higuchi, Sho Yoshinaga, Ken-ichi Yoritsune, Hiroaki Tateno, Jun Hirabayashi, Shin-ichi Nakakita, Miho Kanekiyo, Yoshimitsu Kakuta, Kaoru Takegawa, A rationally engineered yeast pyruvyltransferase Pvg1p introduces sialylation-like properties in neo-human-type complex oligosaccharide, Scientific Reports, 6, 26349, 2016.05.
4. Ewa Bielska*, Yujiro Higuchi*, Martin Schuster*, Natascha Steinberg, Sreedhar Kilaru, Nicholas J. Talbot, Gero Steinberg, Long-distance endosome trafficking drives fungal effector production during plant infection, Nature Communications, *These authors contributed equally,5, 5097, 2014.10.
5. Yujiro Higuchi, Peter Ashwin, Yvonne Roger, Gero Steinberg, Early endosome motility spatially organizes polysome distribution, Journal of Cell Biology, 204, 3, 343-357, 2014.02.
6. Yujiro Higuchi, Manabu Arioka, Katsuhiko Kitamoto, Functional analysis of the putative AAA ATPase AipA localizing at the endocytic sites in the filamentous fungus Aspergillus oryzae, FEMS Microbiology Letters, 320, 1, 63-71, 2011.07.
7. Yujiro Higuchi, Jun-ya Shoji, Manabu Arioka, Katsuhiko Kitamoto, Endocytosis is crucial for cell polarity and apical membrane recycling in the filamentous fungus Aspergillus oryzae, Eukaryotic Cell, 8, 1, 37-46, 2009.01.
8. Yujiro Higuchi, Tomoyuki Nakahama, Jun-ya Shoji, Manabu Arioka, Katsuhiko Kitamoto, Visualization of the endocytic pathway in the filamentous fungus Aspergillus oryzae using an EGFP-fused plasma membrane protein, Biochemical and Biophysical Research Communications, 340, 3, 784-791, 2006.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Yujiro Higuchi, Initial fungal effector production is mediated by early endosome motility, Communicative and Integrative Biology, 2015.05.
2. Yujiro Higuchi*, Gero Steinberg*, Early endosomes motility in filamentous fungi: How and why they move, Fungal Biology Reviews, 2015.05.
3. Yujiro Higuchi, Manabu Arioka, Katsuhiko Kitamoto, Endocytic recycling at the tip region in the filamentous fungus Aspergillus oryzae, Communicative and Integrative Biology, 2009.07.
主要学会発表等
1. 樋口 裕次郎, 糸状菌の細胞内膜輸送と生理機能への関与, 第41回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 2017.08.31.
2. 樋口 裕次郎, 都甲 祐介, 竹川 薫, 黄麹菌Aspergillus oryzaeにおいて初期エンドソーム動態は細胞の分化制御およびタンパク質分泌に関与する, 日本農芸化学会, 2017.03.19.
3. 樋口 裕次郎, 糸状菌における細胞内膜輸送及び動態の生理学的意義に関する研究, 日本農芸化学会西日本支部例会, 2017.01.21.
4. 樋口 裕次郎, 糸状菌の細胞内膜輸送に関する研究, 日本農芸化学会 西日本支部創立80周年記念シンポジウム, 2016.09.15.
5. 樋口 裕次郎, 柿本 健一, 宋 原準, 竹川 薫, 真核微生物におけるAipA様AAA ATPaseの機能解析, 日本農芸化学会, 2016.03.29.
6. Yujiro Higuchi, Kaoru Takegawa, Research on physiological roles of early endosome motility in filamentous fungi, Progress 100: Second International Symposium, 2016.02.09.
7. 樋口 裕次郎, Gero Steinberg, 竹川 薫, 植物病原性糸状菌Ustilago maydisの感染時における初期エンドソーム動態の生理学的意義, 日本農芸化学会, 2015.03.28.
8. Yujiro Higuchi, Peter Ashwin, Gero Steinberg, The cellular role of early endosome motility in Ustilago maydis., 27th Fungal Genetics Conference, 2013.03.
学会活動
所属学会名
日本農芸化学会
日本醸造学会
日本生物工学会
糸状菌遺伝子研究会
糸状菌分子生物学研究会
学協会役員等への就任
2016.05~2019.02, 日本農芸化学会西日本支部, 幹事.
学会・研究会における座長等
2017.11.16~2017.11.17, 第17回糸状菌分子生物学コンファレンス, 座長.
2017.09.21~2017.09.22, 日本農芸化学会 関西・中四国・西日本支部合同大阪大会, 座長.
2017.03.17~2017.03.20, 日本農芸化学会2017年大会 , 座長.
2016.11.17~2016.11.18, 第16回糸状菌分子生物学コンファレンス, 座長.
2016.09.15~2016.09.16, 日本農芸化学会 西日本支部大会, 座長.
2015.11.19~2015.11.20, 第15回糸状菌分子生物学コンファレンス, 座長.
2015.03.26~2015.03.29, 日本農芸化学会2015年大会, 座長.
2014.09.18~2014.09.19, 日本農芸化学会 西日本支部大会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.11.16~2017.11.17, 第17回 糸状菌分子生物学コンファレンス, 大会実行委員.
2017.11.15~2017.11.16, 第5回 糸状菌分子生物学研究会若手の会 ワークショップ, 世話人代表.
2017.10.12~2017.10.13, 第9回 日本醸造学会若手シンポジウム, 運営委員.
2016.10.20~2016.10.21, 第8回 日本醸造学会若手シンポジウム, 運営委員.
2016.09.15~2016.09.16, 日本農芸化学会 西日本支部大会 支部創立80周年記念シンポジウム, 大会実行委員、シンポジスト.
2016.02.08~2016.02.09, Progress 100: Second International Symposium, Chair, Speaker.
2016.01.26~2016.01.26, 第24回 スチューデントサイエンティストプログラム, 運営委員.
2015.10.26~2015.10.28, 第67回 日本生物工学会大会, 大会実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Hawaii at Manoa, United States of America, 2015.03~2015.03.
University of Exeter, United Kingdom, 2011.03~2014.02.
受賞
日本農芸化学会西日本支部奨励賞(一般), 日本農芸化学会西日本支部, 2017.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, ピルビン酸含有酸性糖鎖の生物界における分布および生合成と生理的役割の解明.
2016年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, ”国菌”黄麹菌における初期エンドソーム動態の生理学的機能解析.
2014年度~2015年度, 研究活動スタート支援, 代表, 麹菌のエンドサイトーシスにおいて機能する新規AAA ATPase複合体の解析.
2007年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 代表, 麹菌Aspergillus oryzaeにおけるエンドサイトーシス経路の解析.
寄附金の受入状況
2016年度, 公益財団法人 野田産業科学研究所, 野田産研・奨励研究助成/黄麹菌Aspergillus oryzaeにおけるSMタンパク質の機能解析と異種タンパク質生産への応用研究.
2015年度, 公益財団法人 上原記念生命科学財団, 研究奨励金/エンドサイトーシス関連新規AAA ATPaseの分子機構の解明.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2014年度, 平成26年度農学研究院若手教員支援事業(スタートアップ研究支援(A)), 代表, 麹菌の新規エンドサイトーシス関連AAA ATPase複合体の解析.

九大関連コンテンツ