九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
中島 雄一郎(なかしま ゆういちろう) データ更新日:2019.06.27



主な研究テーマ
食道癌に対する集学的治療の開発と安全な手術手技の確立
キーワード:食道癌 手術 化学療法 放射線療法 定型化
2016.01~2018.03.
安全な手術手技の確立
キーワード:消化管外科
2015.04~2016.03.
従事しているプロジェクト研究
進行食道癌に対する術前化学療法と術前化学放射線療法の治療成績
2017.06~2017.06, 代表者:中島 雄一郎, 九州大学大学院 消化器・総合外科, 九州大学大学院 消化器・総合外科
Stage II/III食道癌に対する術前治療としての化学療法と化学放射線療法の成績の違いを評価し、その適応について検討した。.
高齢者食道癌手術患者に対する予後予測因子としての骨格筋量測定の意義
2017.06~2017.06, 代表者:中島 雄一郎, 九州大学大学院 消化器・総合外科, 九州大学大学院 消化器・総合外科
食道癌根治手術は生体への高度な侵襲を伴い、特にfrailityを示す高齢者では重篤な術後合併症や高い在院死率が問題となる。食道癌根治手術後の短期および長期成績を改善することを目的に、術前骨格筋量を指標とした予後予測ツールの開発を行った。.
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本消化器外科学会
学協会役員等への就任
2015.04, 日本食道学会, 評議員.
受賞
上原記念生命科学財団 研究奨励賞, 上原記念生命科学財団, 2016.03.
平成26年度がん研究助成金奨励賞, 福岡県すこやか健康事業団, 2014.12.
研究奨励賞, 消化器癌発生学会, 2013.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 胃癌のがん幹細胞を標的とした薬剤耐性獲得の分子機序の解明と新規治療の開発.
寄附金の受入状況
2014年度, ブリストル・マイヤーズ株式会社, 平成26年度 ブリストル・マイヤーズ株式会社 使途特定寄附金 .

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」