九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
門脇 廉(かどわき れん) データ更新日:2017.09.05



主な研究テーマ
超音波瞬時振動数を用いた診断技術の開発
キーワード:超音波診断, 非破壊検査, 瞬時振動数, ウェーブレット変換, 微小剥離, 微小亀裂
2014.04.
自動車ボディ設計効率化のためのモードグループ化法
キーワード:振動解析,固有モード,モードグループ化,有限要素法,振動制御
2014.04.
加振振動数に自動追従する振動系に関する研究
キーワード:固有振動数,非線形振動系,動吸振器,強制振動
2014.04.
従事しているプロジェクト研究
円錐ころ軸受の軸方向荷重評価手法の検討
2016.08~2018.03, 代表者:井上 卓見, 九州大学.
超音波瞬時振動数を利用したボルトの締結力評価
2016.06~2017.05, 代表者:井上 卓見, 九州大学.
自動車構造物の振動分析技術の開発と適用に関する研究
2016.07~2017.03, 代表者:井上 卓見, 九州大学.
自動車構造物の振動分析技術の開発と適用に関する研究
2015.07~2016.03, 代表者:井上 卓見, 九州大学.
研究業績
主要学会発表等
1. 門脇 廉, 大坪 直樹, 井上 卓見, 大村 和久, 超音波パルスを用いた容器内液体の粘度検査, Dynamics and Design Conference 2017, 2017.08.30.
2. 門脇 廉, 宮木 啓介, 井上 卓見, 大村 和久, 超音波の瞬時振動数を用いたボルト緩み診断における透過経路の3次元的考察, Dynamics and Design Conference 2016, 2016.08.25.
3. 門脇 廉, 井上 卓見, 池田 翔輝, 大村 和久, ねじ山表面での反射波を用いたボルト緩み診断手法の開発, 第24回九州ダイナミックス&コントロール研究会, 2015.12.25.
4. Ren Kadowaki, Takumi Inoue, Tatsuya Oda, Takahiro Nakano, New evaluation technique of seal strength of heat sealing with ultrasonic pulse, The 16th Asia Pacific Vibration Conference, 2015.11.24.
5. 門脇 廉, 井上 卓見, 池田 翔輝, 大坪 直樹, 大村 和久, ねじ山を透過した超音波の瞬時振動数に基づくボルトの緩み診断, Dynamics and Design Conference 2015, 2015.08.27.
学会活動
所属学会名
日本機械学会
日本咀嚼学会
日本食品工学会
日本人間工学会
日本ロボット学会
バイオメカニズム学会
学会・研究会における座長等
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会, 実行委員.
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 構造動力学研究室のホームページ(http://dynamic.mech.kyushu-u.ac.jp/)
にて公開している..
受賞
ICFEB2013 (International Conference on Food Engineering and Biotechnology 2013) Best Papers, APCBEE, 2013.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2018年度, 若手研究(B), 代表, 透過超音波パルスを用いた粘稠性評価.
2015年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 超音波の非線形変調を利用した液体の粘度測定.

九大関連コンテンツ