九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
笹山 瑛由(ささやま てるよし) データ更新日:2019.05.29



主な研究テーマ
磁気ナノマーカーを用いた磁気バイオイメージングの開発
キーワード:磁気ナノマーカー、バイオイメージング、磁界マップ
2014.04.
従事しているプロジェクト研究
インフラ劣化評価と保全計画のための高感度磁気非破壊検査
2014.10~2019.03, 代表者:塚田 啓二, 岡山大学, JST
社会インフラの高感度磁気非破壊検査による劣化評価と保全計画において,高感度磁気センサシステムを開発することにより,従来では表面のみのきずの探査ができなかったものを,深部まで探査可能にする.
.
磁気マーカーを用いた先端バイオ免疫検査システムの開発
2014.04~2017.03, 代表者:圓福 敬二, 九州大学
磁気マーカーを用いたバイオセンシングシステムの開発を行っている.体外診断用の液相免疫検査と体内診断用の磁気イメージングシステムを開発している.磁気マーカーの特性評価,高感度磁気センサ,検査システム,検査法を共同で開発している..
研究業績
主要原著論文
1. Teruyoshi Sasayama, Yuya Tsujita, Manabu Morishita, Masahiro Muta, Takashi Yoshida, Keiji Enpuku, Three-dimensional magnetic nanoparticle imaging using small field gradient and multiple pickup coils, Journal of Magnetism and Magnetic Materials, 427, 1, 144-150, 2017.04, 磁気マーカーの位置及び量を定量化する磁気ナノ粒子イメージング(MPI)において,イメージングに必須の傾斜磁場を弱めてもイメージングできる手法を開発した.このことにより,小型の電源でイメージングできるようになり,実用化の第一歩となった..
2. Teruyoshi Sasayama, Tomoki Ishida, Masaaki Matsuo, Keiji Enpuku, Thickness Measurement of an Iron Plate using Low Frequency Eddy Current Testing with an HTS Coil, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, 10.1109/TASC.2016.2535366, 26, 5, 9001305, 2016.08.
3. Teruyoshi Sasayama, Takashi Yoshida, Mohd Mawardi Saari, Keiji Enpuku, Comparison of volume distribution of magnetic nanoparticles obtained from M-H curve with a mixture of log-normal distributions, Journal of Applied Physics, 10.1063/1.4919268, 117, 17, 17D155, 2015.05.
4. Teruyoshi Sasayama, Yuji Gotoh, Keiji Enpuku, Application of Minimum Variance Beamformer for Estimation of Tip Position of a Nasogastric Tube, IEEE Transactions on Magnetics, 50, 11, 5101404, 2014.11, When a patient is not capable of eating a meal due to difficulty in swallowing, a nasogastric tube can be inserted through the nose to the stomach to provide nourishment in liquid form. However, it is possible to insert the tube into the lungs by mistake. In this study, we apply a minimum variance beamformer, which is commonly used in brain signal source detection, to estimate the position of the magnet attached to the tip of a nasogastric tube. To reduce the computational cost, the signal source power is calculated with two different resolutions. Furthermore, the signal source power calculations are performed in parallel. The position may be estimated in less than 1.0 s, making this method suitable for detecting the tip position of a nasogastric tube in real time..
5. Takayuki Okimura, Teruyoshi Sasayama, Norio Takahashi, Soichiro Ikuno, Parallelization of Finite Element Analysis of Nonlinear Magnetic Fields Using GPU, IEEE Transactions on Magnetics, 49, 5, 1557-1560, 2013.05, GPUを用いた有限要素法の並列化により非線形磁場解析を高速化した.可変的前処理に用いる反復法として,CG法やJOR法,CR法を用い比較検討を行った.特に,GPU計算での可変的前処理にCG法を用いることで,CPUで計算を行うより約40倍早く計算できた..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 笹山 瑛由,吉田 敬,圓福 敬二, 磁気ナノ粒子用磁気モーメント分布解析プログラム, 2014.03
磁気ナノ粒子(MNPs)のM-H特性に対し,特異値分解(SVD)法を適用することで磁気モーメント分布を求めるプログラムです.
CSV形式で保存されたM-H曲線のデータファイルを読み込み,解析を行います., [URL].
特許出願・取得
特許出願件数  4件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
IEEE
電気学会
電子情報通信学会
応用物理学会
日本磁気学会
日本非破壊検査協会
日本鉄鋼協会
低温工学・超電導学会
学協会役員等への就任
2019.04~2021.03, 非破壊検査協会 電磁非破壊検査・数値解析調査研究委員会, 幹事.
2018.02~2020.03, 電磁アクチュエータシステムのための磁性材料および磁気現象の技術調査専門委員会, 幹事.
2018.06~2019.03, 日本磁気学会, 論文賞・学術奨励賞選考委員会 学術奨励賞選考委員.
2017.04~2020.03, 電気学会・電力用磁性材料の評価・活用・応用技術調査専門委員会, 委員.
2016.04~2017.03, 日本鉄鋼協会, 計測・制御・システム部会計測フォーラム・若手フォーラム・座長.
2016.04~2018.03, 日本非破壊検査協会, 電磁応用現象・解析評価研究委員会 委員.
2016.04~2019.03, 電気学会・回転機電磁界解析の実用的総合評価技術調査専門委員会, 委員.
2016.04~2019.03, 電気学会・電磁界解析の高精度化技術調査専門委員会, 委員.
2015.06~2017.05, 日本磁気学会, 編集・論文委員会 論文委員.
2015.04~2018.03, 電気学会・エネルギー変換システムの高効率・高機能化のための磁気応用技術調査専門委員会, 委員.
2014.04~2015.03, 電気学会・高効率エネルギー変換のための磁気応用技術調査専門委員会, 委員.
2014.04~2017.03, 電気学会・電気機器の低損失・高効率化に向けた電力用磁性材料評価・活用技術, 委員.
2013.04~2016.03, 電気学会・先進電磁界解析による設計高度化技術調査専門委員会, 委員.
2013.04~2016.03, 電気学会・回転機電磁界解析に関する高度先端技術調査専門委員会, 委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.12~2019.03.14, 電気学会全国大会, 座長(Chairmanship).
2018.11.05~2018.11.06, International Workshop on Magnetic Bio-Sensing, Chair (Poster Presentation).
2018.07~2019.11, H31照明学会全国大会, 委員.
2018.03.14~2018.05.16, 電気学会全国大会, 幹事.
2017.09.27~2017.09.28, 電気・情報関係学会九州支部連合大会, 座長(Chairmanship) .
2017.09.19~2017.09.22, 日本磁気学会学術講演会, 現地実行委委員.
2017.03.09~2017.03.10, 日本非破壊検査協会 表面探傷シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2016.10.12~2016.10.15, International Workshop on Magnetic Bio-Sensing, Program Committee.
2016.09.29~2016.09.30, 電気・情報関係学会九州支部連合大会, 座長(Chairmanship).
2015.09.26~2015.09.27, 電気・情報関係学会九州支部連合大会, 座長(Chairmanship).
2015.09.08~2015.09.11, 日本磁気学会学術講演会, 座長(Chairmanship).
2015.05.11~2015.05.15, Intermag 2015, 座長(Chairmanship).
2015.03.11~2015.03.14, 応用物理学会春季学術講演会, 座長(Chairmanship).
2014.09.18~2014.09.19, 電気・情報関係学会九州支部連合大会, 座長(Chairmanship).
2014.09.02~2014.09.05, 日本磁気学会学術講演会, 座長(Chairmanship).
2013.10.19~2013.10.19, 電気・情報関連学会中国支部連合大会, 会場設営補助.
2013.09.26~2013.09.27, 電気学会 静止器・回転機合同研究会, 座長(Chairmanship).
2013.03.20~2013.03.22, 電気学会 全国大会, 座長(Chairmanship).
2012.12.06~2012.12.07, 電気学会 マグネティックス研究会, 座長(Chairmanship).
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度
2018年度 10 
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度 10 
2012年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
International Conference Room, Wardman Park Marriott in Washington, Washington DC, USA, UnitedStatesofAmerica, 2019.01~2019.01.
International Conference Room, Hawaii Covention Center Oahu, Hawaii, UnitedStatesofAmerica, 2018.07~2018.07.
International Conference Room, Marina Bay Sands Convention Center, Singapore, Singapore, 2018.04~2018.04.
International Conference Room, Queens Palace Hotel, Bio-late, Wuhan, China, 2017.10~2017.10.
International Conference Room, Convention Centre Dublin, Dublin, Ireland, 2017.04~2017.04.
University of British Columbia, Vancouver, Canada, 2016.05~2016.06.
International Conference Room, Hilton San Diego Bayfront, California, UnitedStatesofAmerica, 2016.01~2016.01.
University of California, Santa Cruz (UCSC), Stanfort University, UnitedStatesofAmerica, 2015.11~2015.11.
International Conference Room, China National Convention Center, China, 2015.05~2015.05.
International Conference Room, International Congress Center Dresden, Germany, 2014.05~2014.05.
International Conference Room, Hilton Hawaiian Village Beach Resort in Honolulu, Hawaii, UnitedStatesofAmerica, 2014.11~2014.11.
International Conference Room, Hilton Budapest, Hungary, 2013.06~2013.07.
International Conference Room, Sinoway Hotel, China, 2011.05~2011.05.
International Conference Room, Crowne Plaza Surfers Paradise Hotel, Australia, 2010.07~2010.07.
受賞
電気学会全国大会功労賞, 電気学会, 2018.03.
平成28年度 表面3部門 若手研究 優秀賞, 日本非破壊検査協会, 2017.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 若手研究, 代表, 人体内診断に向けたマルチセンサー磁気計測による磁気マーカーイメージング法の開発.
2016年度~2018年度, 若手研究(B), 代表, 体内診断に向けた磁気マーカーの高精度イメージング法の開発.
2014年度~2014年度, 基盤研究(A), 分担, 磁気マーカーを用いた先端バイオ免疫検査システムの開発.
2012年度~2012年度, 基盤研究(A), 分担, 省エネモータ開発のためのインバータ駆動時の実状態考慮磁界解析と実証実験.
2009年度~2011年度, 特別研究員奨励費, 代表, 複合的MRI情報を考慮したEEG空間フィルタに基づくBMIシステムの構築.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2014年度~2018年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, インフラ劣化評価と保全計画のための高感度磁気非破壊検査.
寄附金の受入状況
2019年度, 日本鉄鋼協会, 鉄鋼研究振興助成.
2018年度, マツダ財団, 科学技術研究助成.
学内資金・基金等への採択状況
2014年度~2014年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)研究計画書(新規・FSタイプ)
, 代表, 磁気マーカーの組成分析法の精度向上に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」