九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
津田 伸一(つだ しんいち) データ更新日:2017.10.31

准教授 /  工学研究院 機械工学部門 流体工学講座


主な研究テーマ
酸水素系の流体物性や気液界面構造に関する量子分子論的研究
キーワード:物性,気液界面
2009.10.
キャビテーションに対する物理モデルの構築
キーワード:キャビテーション
2009.04.
超微小気泡の生成‐成長/収縮‐崩壊過程の数値解析
キーワード:超微小気泡
2001.10.
従事しているプロジェクト研究
ポスト京 萌芽的課題 基礎科学の挑戦- 複合・マルチスケール問題を通した極限の探求 サブ課題B 相転移と流動
2016.08~2020.03, 代表者:川勝 年洋.
東北大学流体科学研究所公募共同研究
2015.04~2017.03, 代表者:徳増 崇, 東北大学
遷臨界/超臨界状態における酸水素混合系に対する熱物性解析.
日本伝熱学会・特定推進研究課題 ナノスケール伝熱機能発現とその応用への展望
2014.04, 代表者:塩見 淳一郎.
研究業績
主要原著論文
1. S. Tsuda, M. Tomi, N. Tsuboi, S. Ikawa, T. Tokumasu, Extraction of the Density Fluctuations in Diatomic Fluids Around the Critical Points Using Molecular Dynamics Simulation, Journal of Nanoscience and Nanotechnology, 15, 4, 3117-3120, 2015.04.
2. H. Nagashima, S. Tsuda, N. Tsuboi, M. Koshi, K. A. Hayashi, T. Tokumasu, An Analysis of Quantum Effects on the Thermodynamic Properties of Cryogenic Hydrogen Using the Centroid Molecular Dynamics Method, The Journal of Chemical Physics, 140, 134506, 2014.04.
3. S. Tsuda, T. Hirata, H. Tanaka, A Molecular Dynamics Analysis of Homogeneous Bubble Nucleation with a Noncondensable Gas in Cryogenic Cavitation Inception, Molecular Simulation, 40, 320-326, 2014.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 津田 伸一, キャビテーション初生の分子動力学シミュレーション, ターボ機械, 2014.11.
主要学会発表等
1. S. Tsuda, H. Hyodo, S. Watanabe, Validation of Bubble Dynamics Equation for a Nano-scale Bubble via Molecular Dynamics Simulation, 9th International Symposium on Cavitation (CAV2012), 2015.12.
2. S. Tsuda, Molecular Dynamics Simulation of Liquid-Vapor Phase Transition and Its Asymptotic Analysis, 12th International Conference on Flow Dynamics (ICFD2015), 2015.10.
3. S. Tsuda, S. Watanabe, Application of multi-process cavitation model for cavitating flow in cold water and in liquid nitrogen around a hydrofoil, ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2015, 2015.07.
4. S. Tsuda, Molecular Dynamics and Theoretical Analysis on the Initial Process of Liquid-Vapor Phase Transition, 5th International Symposium on Micro and Nano Technology, 2015.05.
5. S. Tsuda, K. Ogasawara, T. Itakura, Discussion on the Applicability of Rayleigh-Plesset Equation for a Nano-scale bubble using Molecular Dynamics Simulation, 67th Annual Meeting of the APS Division of Fluid Dynamics, 2014.11.02.
6. S. Tsuda, K. Kamakura, and M. Koshi, Influence of the Intermolecular Spin-spin Interaction on the Thermal Properties of Oxygen, 20th European Conference on Thermophsical Properties, 2014.09.
学会活動
所属学会名
日本機械学会
日本混相流学会
ターボ機械協会
日本伝熱学会
American Physical Society
学協会役員等への就任
2015.01, ターボ機械協会, ターボポンプ分科会 委員.
2014.10, ターボ機械協会, プロペラ分科会 委員.
2014.09, ターボ機械協会, キャビテーション研究分科会 委員.
2015.04~2017.03, 日本機械学会 流体工学部門, P-SCC13 マイクロ熱流動に関する調査研究分科会 委員.
2014.04, 日本機械学会, 流体工学部門広報委員会 委員.
2013.04~2015.03, ターボ機械協会, 代議員.
2012.04~2014.03, 日本機械学会 流体工学部門, P-SCC11 マイクロ気体流れに関する調査研究分科会 委員.
学会・研究会における座長等
2016.10.12~2016.10.12, 13th International Conference on Flow Dynamics (ICFD2016), 座長.
2016.05.26~2016.05.26, 第53回日本伝熱シンポジウム, 座長.
2016.04, 第11回ポンプセミナー, 座長.
2016.03.15~2016.03.15, 日本機械学会九州支部第69期総会・講演会, 座長.
2015.10~2015.10, 12th International Conference on Flow Dynamics (ICFD2015), 座長.
2015.09.07~2015.09.10, THE 13th Asian International Conference on FLUID MACHINERY, 座長.
2015.04~2015.04, 第10回ポンプセミナー, 座長.
2015.03.13~2015.03.13, 日本機械学会九州支部第68期総会・講演会, 座長.
2014.12.09~2014.12.11, 第28回数値流体力学シンポジウム, 座長.
2010.03.10~2010.03.11, キャビテーションに関するシンポジウム(第15回), 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.06.26~2017.06.29, The 3rd International Conference on Numerical Methods in Multiphase Flow, Organizing Committee.
2017.03.19~2017.03.22, The 6th International Symposium on Micro and Nano Technology, Local Organizing Committee.
2016.12.08~2016.12.09, キャビテーションに関するシンポジウム(第18回), 現地実行委員.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会 2016年度年次大会, 実行委員.
2015.12.15~2015.12.17, 第29回数値流体力学シンポジウム, 実行委員.
2015.09.07~2015.09.10, THE 13th Asian International Conference on FLUID MACHINERY,2015(AICFM13), Executive Committee.
2014.09.25~2014.09.27, 第7回KU-KAUSTワークショップ, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2013.04~2015.03, 日本機械学会, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度
2016年度 18  22 
2015年度 11  15 
2014年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
カリフォルニア工科大学, カリフォルニア大学バークレー校, United States of America, 2010.02~2010.02.
受賞
日本機械学会熱工学部門平成26年度講演論文表彰, 日本機械学会熱工学部門, 2015.10.
ターボ機械協会チャレンジ大賞, ターボ機械協会, 2013.09.
日本機械学会奨励賞(研究), 日本機械学会, 2010.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 気泡核群のサイズ分布形成過程に対する大規模MD解析.
2014年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, 量子性液体水素における気泡初生の微視的過程の解明.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 分担, 量子性を考慮した水素流動現象解析のための分子動力学シミュレータの構築.
2012年度~2013年度, 若手研究(B), 代表, 超微小気泡群の熱的非平衡挙動の探求.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 分担, 超臨界燃焼流れにおけるメゾスケール熱物性モデル・燃焼反応モデルの開発 .
2005年度~2006年度, 特別研究員奨励費, 代表, 気泡核生成および成長過程に対する多重プロセス解析 .
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2016年度, 原田記念財団助成金, 代表, 気体性キャビテーション流れの詳細モデリング.
2016年度~2016年度, 小宮研究助成金, 代表, 極低温流体を対象としたキャビテーションの多重プロセスモデリング.
2015年度~2015年度, 畠山文化財団研究助成, 代表, ヘリウムガスによるキャビテーション気泡の生成条件制御に向けた可能性探究.
2014年度~2014年度, 原田記念財団助成金, 代表, 不純物のドーピングによるキャビテーション制御に関する研究.

九大関連コンテンツ