九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
安彦 友美(あびこ ともみ) データ更新日:2020.02.06

助教 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学


教育活動概要
農業への理解と興味を深められるよう, 技術(専門)職員らと農場実習に取り組んでいる.農業の一連(耕耘、栽培,収穫,収量調査,食味等), および, 農業技術の過去と現在, 海外の農業について伝えるようにしている. 見本園では季節を通して有用作物の生育を観察している.研究室では研究目的に適すよう工作しながら実験の指導補助を行っている.
担当授業科目
2019年度・通年, 農場実習.

2019年度・前期, G30 International Course 2nd Year Students Farm Practice.

2019年度・通年, 農学実習I .

2019年度・通年, 農場実習II.

2019年度・通年, 農場実習III.

2019年度・通年, 農場実習IV.

2019年度・通年, 農場実習V.

2019年度・後期, 体験的農業生産学入門.

2019年度・通年, 農業生物科学プロジェクト演習.

2019年度・通年, 農業生物科学ティーチング演習.

2019年度・通年, 農業生物科学演示技法.

2019年度・通年, 農業生物科学特別研究第二.

2019年度・通年, 農業生物科学特別研究第一.

2019年度・通年, 農業環境科学特別実験.

2019年度・通年, 農業生物科学特別演習.

2019年度・通年, 農業生物科学特別講究.

2019年度・後期, 農業生物科学演習第一.

2019年度・後期, 農業生物科学演習第二.

2019年度・通年, 農業生物科学演示技法.

2019年度・通年, プロジェクト演習.

2019年度・春学期, 特別演習I (Seminar in a Specified Field I).

2019年度・春学期, 特別演習II (Seminar in a Specified Field II).

2019年度・春学期, 修士論文研究I (Master's Thesis Research I).

2019年度・春学期, 修士論文研究II (Master's Thesis Research II).

2018年度・春学期, 修士論文研究II (Master's Thesis Research II).

2018年度・春学期, 修士論文研究I (Master's Thesis Research I).

2018年度・秋学期, 特別演習II (Seminar in a Specified Field II).

2018年度・秋学期, 特別演習I (Seminar in a Specified Field I).

2018年度・通年, プロジェクト演習.

2018年度・通年, 農業生物科学演示技法.

2018年度・後期, 農業生物科学演習第二.

2018年度・後期, 農業生物科学演習第一.

2018年度・通年, 農業生物科学特別講究.

2018年度・通年, 農業生物科学特別演習.

2018年度・通年, 農業環境科学特別実験.

2018年度・通年, 農業生物科学特別研究第一.

2018年度・通年, 農業生物科学特別研究第二.

2018年度・通年, 農業生物科学演示技法.

2018年度・通年, 農業生物科学ティーチング演習.

2018年度・通年, 農業生物科学プロジェクト演習.

2018年度・後期, 体験的農業生産学入門.

2018年度・通年, 農場実習V.

2018年度・通年, 農場実習IV.

2018年度・通年, 農場実習III.

2018年度・通年, 農場実習II.

2018年度・通年, 農学実習I .

2018年度・前期, G30 International Course 2nd Year Students Farm Practice.

2018年度・前期, 農場実習.

2015年度・前期, 農場実習(分担).

2015年度・前期, G30 International Course 2nd Year Students Farm Practice (分担).

2015年度・通年, 農学実習I(分担).

2015年度・通年, 農場実習II(分担).

2015年度・通年, 農場実習III(分担).

2015年度・通年, 農場実習IV(分担).

2015年度・通年, 農場実習V(分担).

2015年度・後期, 体験的農業生産学入門(分担).

2015年度・後期, 農業環境科学プロジェクト演習.

2015年度・後期, プロジェクト演習.

2015年度・通年, 国際演示技法.

2015年度・通年, 農業環境科学特別研究第二.

2015年度・通年, 農業環境科学特別実験第一.

2015年度・通年, 農業環境科学特別実験.

2015年度・通年, 農業環境科学特別演習.

2015年度・通年, 農業環境科学特別講究.

2016年度・後期, 自然科学総合実験.

2017年度・前期, 農場実習(分担).

2017年度・前期, G30 International Course 2nd Year Students Farm Practice (分担).

2017年度・通年, 農学実習I(分担).

2017年度・通年, 農場実習II(分担).

2017年度・通年, 農場実習III(分担).

2017年度・通年, 農場実習IV(分担).

2017年度・通年, 農場実習V(分担).

2017年度・後期, 体験的農業生産学入門(分担).

2017年度・後期, 農業環境科学プロジェクト演習.

2017年度・後期, プロジェクト演習.

2017年度・通年, 国際演示技法.

2017年度・通年, 農業環境科学特別研究第二.

2017年度・通年, 農業環境科学特別実験第一.

2017年度・通年, 農業環境科学特別実験.

2017年度・通年, 農業環境科学特別演習.

2017年度・通年, 農業環境科学特別講究.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.02, 学科, 参加, 科研費「特設分野研究」について.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」