九州大学 研究者情報
総説一覧
渡邊 裕章(わたなべ ひろあき) データ更新日:2018.06.11

准教授 /  工学研究院 機械工学部門 燃焼科学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 泰中一樹, 橋本望, 梅本賢, 中塚記章, 林潤, 渡邊裕章, 赤松史光, 牧野尚夫, 微粉炭燃焼場におけるすす計測技術, 粉体工学会誌, 2018.05.
2. 林潤, 赤松史光, 中塚記章, 橋本望, 渡邊裕章, 黒瀬良一, 泰中一樹, 辻博文, 牧野尚夫, 微粉炭噴流火炎に対する光学計測, 粉体工学会誌, 2018.03.
3. 渡邊 裕章, 微粉炭燃焼・石炭ガス化の数値シミュレーション, 粉体工学会誌, 2017.02.
4. 黒瀬 良一, 渡邊 裕章, 武藤 昌也, 火力発電の高効率化・低環境負荷化に資する燃焼数値シミュレーション, ながれ, 2016.02, 筆者らは,「文部科学省HPCI戦略プログラム(分野4 次世代 ものづくり)」の下,複数の研究機関および重工メーカーからなる「次世代燃焼・ガス化装置設計システムの研究開発」に関する研究会を立ち上げて,燃焼・ガス化を扱う装置の設計や最適操作条件の選定を支援するための数値シミュレータの開発,およびその信頼性・有用性の検証に関する研究を進めている.本稿では,本プログラムにおいてこれまでに得られているいくつかの成果について紹介する..
5. 丹野 賢二, 渡邊 裕章, 牧野 尚夫, Oxy Fuel IGCC用石炭ガス化炉を対象とした数値シミュレーション, 日本エネルギー学会誌, 2015.05, Oxy-fuel IGCC system is expected to be a promising next-generation power generation system achieving high thermal efficiency and low carbon emission. In oxy-fuel IGCC condition, CO2 concentration in gasifier becomes higher than that in the conventional gasifier. CO2 generally behaves as a gasifying agent in gasification process, CO2 rich condition is expected to improve gasifier performance. However, the effect of rich CO2 concentration has not been clarified yet. This review describes results obtained by three-dimensional RANS based numerical simulation. In order to predict gasification reaction characteristics in a oxy-fuel IGCC gasifier, a new concept coal gasification model, which considers partially sharing active sites on a char surface by both CO2 and H2O, and a detailed chemical reaction model for the water-gas-shift reaction were implemented. Numerical simulation of both 3 t/d and 70 t/h coal gasifier were performed. Numerical results of 3 t/d coal gasifier were in good agreement with experimental data such as carbon conversion, product gas composition and gaseous temperature distribution, hence the developed method can qualitatively capture gasification process in a oxy-fuel IGCC gasifier. Furthermore, gasification characteristics in a 70 t/h coal gasifier were investigated. It was found that increasing O2 concentration up to 35% is needed to keep the same temperature level of the conventional air blown condition in the combustor region. It was also revealed that there is some possibility of improving a gasifier performance under the oxy-fuel IGCC condition by adequately controlling CO2 and O2 concentration..
6. 林 幸秀, 岡山 純子, 渡邊 裕章, 日本のトップレベル研究者に聞く , 独立行政法人科学技術振興機構, 2015.03, 独立行政法人科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター(CRDS)ならびに中国科学技術部(MOST)科学技術信息研究所(ISTIC)が共同で実施した,日中両国のトップレベル研究者を対象に行った,研究者を志した動機と研究テーマ,日本の研究環境,および,国際動向と日中科学技術協力に関する調査に協力した..
7. 渡邊 裕章, ラージ・エディ・シミュレーションによる微粉炭燃焼場のNOx生成予測 -複数スケールの燃焼場への適用-, 可視化情報学会誌, 2015.04.
8. 林 潤, 橋本 望, 中塚 記章, 辻 博文, 渡邊 裕章, 牧野 尚夫, 赤松 史光, 微粉炭火炎中におけるすす生成特性の光学計測, 微粒化, 2015.03, 微粉炭火炎中のすす生成機構を実験的に明らかにすることを目的として,基礎的な流れ場をもつ微粉炭燃焼場に対して,レーザ誘起赤熱法を適用した結果について,解説を行った..
9. 原 三郎, 梶谷 史朗, 渡邊 裕章, 犬丸 淳, 基礎実験による石炭ガス化炉内現象の解明とモデル化, 日本燃焼学会誌, 2014.08.
10. 渡邊 裕章, 梅本 賢, 木戸口 和浩, 牧野 尚夫, 実験と数値シミュレーションを活用した石炭ガス化炉開発手法, 日本エネルギー学会誌, 2014.07.
11. 渡邊 裕章, 武藤 昌也, 黒瀬 良一, 微粉炭燃焼のlarge-eddy simulation, ターボ機械, 2014.05.
12. 渡邊 裕章, 野田 直希, 牧野 尚夫, 小型試験炉および数値計算を用いた微粉炭燃焼特性評価, 日本エネルギー学会誌, 2013.01.
13. 渡邊 裕章, 噴霧燃焼における輻射とすす生成のモデリングに関する研究, 日本燃焼学会誌, 2012.08.
14. 渡邊 裕章, 火力発電用石炭燃焼技術, ながれ, 2012.08.
15. 渡邊 裕章, 牧野 尚夫, 石炭利用発電技術の高度化に向けた研究開発, 混相流, 2011.12.
16. 渡邊 裕章, 黒瀬 良一, 牧野 尚夫, 小森 悟, 燃焼により発生するすすの生成モデルと数値シミュレーション, エアロゾル研究, 2008.06.
17. 渡邊 裕章, 大高 円, 石炭ガス化炉の数値シミュレーション技術, 計測と制御, 2006.01.
18. 渡邊 裕章, 大高 円, 数値解析による噴流床石炭ガス化炉内現象評価技術, 日本エネルギー学会誌, 2004.05.

九大関連コンテンツ