九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 病院臨床活動
中島 康貴(なかしま やすたか) データ更新日:2017.05.29



主な研究テーマ
滑り転倒現象を再現したトレッドミル上での刺激強度の違いによる転倒回避動作の解析
キーワード:転倒
2017.04~2019.03.
屋外の歩行を疑似体験可能なトレッドミル型歩行リハビリシステムの開発
キーワード:歩行訓練
2015.04~2017.03.
上肢と下肢の協調運動を促す歩行訓練システムの開発

キーワード:歩行訓練、トレッドミル
2014.10~2015.03.
従事しているプロジェクト研究
爪付車輪、バランスウェイトまたはダブルワイヤドラムによる姿勢制御機構、障害物センサを有する四輪操舵駆動斜面専用草刈機の開発
2014.09~2017.03, 代表者:山本 元司, 筑水キャニコム.
軽量で柔軟な装着型歩行アシストスーツに関する研究
2012.10~2015.03, 代表者:山本 元司, 住友理工株式会社.
研究業績
主要原著論文
1. 中島 康貴, 渡邉 峰生, 井上 淳, 川村 和也, 藤江 正克, 理学療法士の介助動作を規範とする歩行訓練ロボットのためのハンドリング動作の力学的モデルの構築, バイオメカニズム, 22, 237-248, 2014.07.
主要学会発表等
1. 中島 康貴, 望月 孝太, 三浦 智, 松本 侑也, 小林 洋, 渡邉 愼一, 西 則彦, 飯島 浩, 藤江 正克, 手指巧緻性の定量化に向けた筆記動作の因子分析, 第32回日本ロボット学会学術講演会.
2. Yuya Matsumoto, Yasutaka Nakashima, Masatoshi Seki, Takeshi Ando, Yo Kobayashi, Hiroshi Iijima, Masanori Nagaoka, Masakastu G. Fujie, Development of a Filtering Algorithm to Demodulate Electromyogram Signal of Essential Tremor Patients, World Automation Congress (WAC) 2014,14th International Symposium on Robotics and Applications (ISORA 2014).
3. Yasutaka Nakashima, Takeshi Ando, Yo Kobayashi, Masakastu G. Fujie, Evaluation of Treadmill Velocity Control Based on User's Intention of Acceleration or Deceleration, World Automation Congress (WAC) 2014,14th International Symposium on Robotics and Applications (ISORA 2014).
4. Yasutaka Nakashima, Shinya Kawano, Yuya Matsumoto, Yo Kobayashi, Masakatsu G. Fujie, Motoji Yamamoto, Development of Gait Training System to Encourage Swinging the Upper Limbs Based on the Phase Change of the Shoulder Horizontal Rotation at Heel Contact, the 2015 IEEE / ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2015).
学会活動
所属学会名
ライフサポート学会
日本機械学会
IEEE
日本生活支援工学会
バイオメカニズム学会
日本ロボット学会
学会・研究会における座長等
2016.12.15~2016.12.17, 第17回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI 2016), 座長.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会(JSME 2016), 座長.
2016.07.31~2016.08.04, World Automation Congress (WAC) 2016,15th International Symposium on Robotics and Applications (ISORA 2016), 座長.
2015.12.14~2015.12.16, 第16回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI 2015), 座長.
2014.12.15~2014.12.17, 第15回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SI 2014), 座長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度  
2015年度
2014年度    
受賞
船井研究奨励賞, 公益財団法人船井情報科学振興財団, 2017.04.
第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会SI2015優秀講演賞, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門, 2015.12.
2015年度バイオメカニズム学会研究奨励賞, バイオメカニズム学会, 2015.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 滑り転倒現象を再現したトレッドミル上での刺激強度の違いによる転倒回避動作の解析.
2015年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 屋外の歩行を疑似体験可能なトレッドミル型歩行リハビリシステムの開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 身体への融合を脳内に誘発する福祉ロボットの制御技術に関する研究.
2013年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 上肢と下肢の協調運動を促す骨盤支持型の歩行訓練システムの開発.

九大関連コンテンツ