九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
安養寺 正之(あんようじ まさゆき) データ更新日:2019.11.07

准教授 /  総合理工学研究院 環境理工学部門 流動熱工学講座


主な研究テーマ
低レイノルズ数領域の高性能翼の開発
キーワード:低レイノルズ数、 火星飛行機、高性能翼
2015.04~2017.07.
二次元ラバルノズル内の衝撃波振動現象の解明
キーワード:超音速、衝撃波、噴流、騒音
2014.10.
表面摩擦応力計測技術の開発
キーワード:表面摩擦応力、非接触、蛍光油膜法
2014.04.
低レイノルズ数流れにおける翼型空力特性の流体メカニズムの解明
キーワード:低レイノルズ数、翼型、空力特性、剥離泡
2011.04~2014.03.
火星探査航空機の開発に向けた低レイノルズ数全機空力性能の解明
キーワード:火星探査航空機、低レイノルズ数, 空力特性, 風洞試験
2011.04~2014.03.
火星大気風洞の開発と低レイノルズ数・高亜音速流翼型試験への適用
キーワード:火星大気風洞, 火星飛行機,低レイノルズ数流れ,圧縮性,相似則
2008.04~2011.03.
従事しているプロジェクト研究
火星探査航空機ワーキンググループ
2011.03~2015.03, 代表者:大山 聖, 宇宙航空研究開発機構, 宇宙航空研究開発機構.
研究業績
主要原著論文
1. M. Anyoji, D. Hamada, High-Performance Airfoil with Low Reynolds-Number Dependence on Aerodynamic Characteristics, Fluid Mechanics Research International Journal, Vol.3, Issue 3, 76-80, 2019.08.
2. H. Aono, K. Kondo, T. Nonomura, M. Anyoji, A. Oyama, K. Fujii, M. Yamamoto, Aerodynamics of owl-like wing model at low Reynolds numbers, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, accepted for publication, 2019.07.
3. 永井大樹, 大山聖, 安養寺正之,岡本正人,藤田昂志,米本浩一, 火星飛行機の実現に向けた空力課題への挑戦, 日本航空宇宙学会誌, https://doi.org/10.14822/kjsass.67.6_215, 67, 6, 215-222, 2019.06.
4. M. Anyoji, S. Wakui, D. Hamada, H. Aono, Experimental Study of Owl-like Airfoil Aerodynamics at Low Reynolds Numbers, Journal of Flow Control, Measurement & Visualization, 10.4236/jfcmv.2018.63015 , 6, 3, 185-197, 2018.07.
5. Yuta Ozawa, Taku Nonomura, Masayuki Anyoji, Hiroya Mamori, Naoki Fukushima, Akira Oyama, Kozo Fujii, Makoto Yamamoto, Identification of Acoustic Wave Propagation Pattern of a Supersonic Jet Using Frequency-Domain POD, Transactions of the JSASS, 61, 6, pp. 281-284, 2018.04.
6. M. Anyoji, M. Okamoto, K. Fujita, H. Nagai, A. Oyama, Evaluation of Aerodynamic Performance of Mars Airplane in Scientific Balloon Experiment, Fluid Mechanics Research International Journal, 1, 3, 2017.11.
7. M. Anyoji, I. Tabaru, Effect of Boundary Layer Trip on Reduction of Jet Noise in Over-Expanded Nozzle Flow, Journal of Thermal Science, Vo. 26, No. 5, 1-5, 2017.09.
8. 大山 聖, 永井 大樹, 得竹 浩, 藤田 昴志, 安養寺 正之, 豊田裕之, 宮澤優, 米本浩一, 岡本正人, 野々村拓, 元田敏和, 竹内伸介, 鎌田幸男, 大槻真嗣, 浅井圭介, 藤井 孝藏, 高高度飛行試験による火星飛行機の空力データの取得, 宇宙航空研究開発機構研究開発報告(JAXA Research and Development Report), JAXA-RR-16-008, pp. 69-80, 2017.03, Airplane for Mars exploration is a new Mars observation platform that enables wide-range observation from low altitude. To establish high-altitude flight test system using JAXA’s high-altitude balloon and to obtain aerodynamic data of an airplane for Mars exploration, high altitude flight test of the airplane was conducted. This paper explains summary of the flight test and compares the obtained aerodynamic data (lift and drag coefficient and lift-to-drag ratio) with wind tunnel data..
9. Donghwi Lee, Soshi Kawai, Taku Nonomura, Masayuki Anyoji, Hikaru Aono, Akira Oyama, Keisuke Asai, Kozo Fujii, Mechanisms of surface pressure distribution within a laminar separation bubble at different Reynolds numbers, Physics of Fluids, 10.1063/1.4913500, 27, 2, 023602, 2015.02.
10. Masayuki Anyoji, Daiu Numata, Hiroki Nagai, Keisuke Asai, Pressure-Sensitive Paint Technique for Surface Pressure Measurement in a Low Density Wind Tunnel, Journal of Visualization, 10.1007/s12650-014-0239-9, Vol. 18, Isuue 2, pp. 297-309, 2014.10.
11. Masayuki Anyoji, Daiju Numata, Hiroki Nagai, Keisuke Asai, Effects of Mach Number and Specific Heat Ratio on Low-Reynolds-Number Airfoil Flows, AIAA Journal, 10.2514/1.J053468, Vol. 53, Issue 6, pp. 1640-1654, 2015.05, The effects of Reynolds number, Mach number, and gas species (air andCO2) on aerodynamic characteristics of a thin flat plate and a NACA 0012-34 airfoil were investigated under low-Reynolds-number (Re ! 0:43 × 104 to 4.1 × 104) and high-subsonic-flow (M ! 0.1 to 0.6) conditions. In addition to lift and drag measurements by a two component balance system, the pressure-sensitive paint technique was applied to measure pressure profiles on the model surface. For the flat plate, the Reynolds number moderately affects the lift and drag characteristics because of asimple behavior of the leading-edge separation bubble; the length of the separation bubble increases as the angle of attack increases. By contrast, the Mach number and specific heat ratio contribute little to the aerodynamicperformance. For the NACA 0012-34 airfoil, the lift curves are highly dependent on the Reynolds number because of the formation, shift, and burst of the separation bubble, whereas the compressibility affects only the stall characteristics. The specific heat ratio has little effect on the aerodynamic performance. In common for both airfoils,it was observed that the Mach-number effect allows for the delay of a laminar–turbulent transition and reattachmentof the separated shear layer..
12. M. Anyoji, T. Nonomura, H. Aono, A. Oyama, K. Fujii, H. Nagai, K. Asai, Computational and Experimental Analysis of a High Performance Airfoil under Low-Reynolds Number Flow Condition, Journal of Aircraft, 10.2514/1.C032553, Vol. 51, No. 6, pp.1864-1872, 2014.12.
13. M. Anyoji, M. Okamoto, H. Hidaka, K. Kondo, A. Oyama, H. Nagai, K. Fujii, Control Surface Effectiveness of Low Reynolds Number Flight Vehicles, Journal of Fluid Science and Technology, 10.1299/jfst.2014jfst00XX, Vol.9, No.5, No. 14-00176, 2014.11.
14. M. Anyoji, M. Okamoto, H. Hidaka, T. Nonomura, A. Oyama, K. Fujii, Planetary Atmosphere Wind Tunnel Tests on Aerodynamic Characteristics of a Mars Airplane Scale Model, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, 12, ists29, Pk_7-Pk_12, 2014.01.
15. Koichi Yonezawa, Sigeru Sunada, Yudai Goto, Takashi Hayashida, Masayuki Anyoji, Yoshinobu Tsujimoto, Experimental and Numerical Investigations of Three-Dimensional Flows around Propellers in Low-Reynolds Number Flows, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 12, No. ists28, Pk_65-Pk_70, 2014.12.
16. M. Anyoji, K. Nose, S. Ida, D. Numata, H. Nagai and K. Asai, Development of Low-Density Wind Tunnel for Simulating Martian Atmospheric Flight, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol.9, pp.21-27, 2011.04.
17. D. Numata, K. Ohtani, M. Anyoji, K. Takayama, M. Sun, Experimental study of hypervelocity impacts at low temperatures, Shock Waves, Vol.18, No.3, pp.169-183, 2008.07.
18. K. Kondo, H. Aono, T. Nonomura, M. Anyoji, A. Oyama, T. Liu, K. Fujii, M. Yamamoto, Analysis of Owl-like airfoil aerodynamics at low Reynolds number, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 12, No. ists29, Tk_35-Tk_40, 2014.05.
19. 久保田怜, 島本聡, 手塚還, 沼田大樹, 安養寺正之, 高山和喜, 極低温環境下におけるCFRP複合材料の高速衝突特性について, 実験力学, Vol.10, No.1, pp.573-580, 2010.03.
20. D. Numata, K. Ohtani, M. Anyoji, K. Takayama, K. Togami, M. Sun, HVI tests on CFRP laminates at low temperature, International Journal of Impact Engineering, Vol.35, No.12, pp.1695-1701, 2008.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 安養寺 正之, 火星を飛行探査する火星探査航空機, ISASニュース, 2017.05, [URL].
主要学会発表等
1. Masayuki ANYOJI, Hiroyuki KUDO, Daiki TAKAOKA, Keigo SHIMIZU, Takuji NAKAJIMA, Satoshi SEKIMOTO, Kozo FUJII , Flow Field Analysis around Ahmed Body using Global Luminescent Oil-Film Skin-Friction Meter, 50th Fluid Dynamics Conference of JSASS/36th Aerospace Numerical Simulation Symposium, 2018.06.
2. 高岡大樹、工藤寛之、安養寺正之、清水圭吾、中島卓司、関本諭志、藤井孝藏, 蛍光油膜計測による車体モデル周りの摩擦応力線分布計測, 日本機械学会九州支部 第71期総会・講演会, 2018.03.
3. 中内満, 濱田大生, 涌井翔太郎, 大久保勇輝,  安養寺正之, 火星探査航空機における尾翼が受ける主翼干渉効果, 日本機械学会九州支部 第71期総会・講演会, 2018.03.
4. 濱田大生, 涌井翔太郎, 大久保勇輝, 中内満, 安養寺正之, 火星航空機の主翼性能向上を目指した翼型設計指針の検討, 日本機械学会九州支部 第71期総会・講演会, 2018.03.
5. 安養寺正之, 低レイノルズ数領域における尾翼空力特性に対する主翼剥離流れの干渉効果, 平成29年度航空宇宙空力シンポジウム, 2018.01.
6. H. Aono, M. Anyoji, D. Hamada, S. Wakui, T. Tatsukawa, A Study on Development of Airfoil Shape Toward Low Reynolds-Number Dependence of Aerodynamics Under Low-Reynolds-Number-Flow Conditions, 2018 AIAA Scitech, 2018.01.
7. 安養寺 正之, 清水 圭吾, 中島 卓司, 関本 諭志, 藤井 孝藏, 蛍光油膜法による車体周りの流れ場の可視化計測, 日本機械学会 2017年度次大会, 2017.09.
8. 青野 光, 安養寺 正之, 涌井翔太郎, 濱田 大生, 立川 智章, 低レイノルズ数条件下での改良型石井翼型の流体計算と性能評価, 第49回流体力学講演会/第35回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム, 2017.06.
9. Akira Oyama, Hiroki Nagai, Hiroshi Tokutake, Koji Fujita, Anyoji Masayuki, Hiroyuki Toyota, Yu Miyazawa, Koichi Yonemoto, Masato Okamoto, Taku Nonomura, Masakazu Motoda, Shinsuke Takeuchi, Yukio Kamata, Masatsugu Otsuki, Keisuke Asai, Kozo Fujii, Flight System of Mars Airplane Balloon Experiment-1 (MABE-1), 31th International Symposium on Space Technology and Science, 2017.06.
10. Anyoji Masayuki, Masato Okamoto, Koji Fujita, Hiroki Nagai, Akira Oyama, Evaluation of Aerodynamic Characteristics on Mars Airplane Balloon Experiment-1 (MABE-1), 31th International Symposium on Space Technology and Science, 2017.06.
11. 永井大樹, 大山聖, 安養寺 正之, 岡本正人, 藤田昂志, 米本浩一, 火星飛行機の実現に向けた空力課題への挑戦, 日本航空宇宙学会 第48期年会講演会, 2017.04.
12. 安養寺 正之, 岡本正人, 藤田昂志, 永井大樹, 大山聖, 火星飛行機の高高度飛行試験(MABE-1)における空力特性, 日本航空宇宙学会 第48期年会講演会, 2017.04.
13. 大山聖, 永井大樹, 得竹浩, 藤田昂志, 安養寺 正之, 豊田裕之, 宮澤優, 米本浩一, 岡本正人, 野々村拓, 元田敏和, 竹内伸介, 鎌田幸男, 大槻真嗣, 浅井圭介, 藤井孝藏, 火星飛行機の高高度飛行試験(MABE-1)の概要, 日本航空宇宙学会第48期年会講演会, 2017.04.
14. 安養寺 正之, 相似法則に基づく火星大気飛行への流体力学的挑戦と課題, 第64回宇宙科学談話会, 2017.01.
15. 安養寺 正之, 涌井翔太郎, 濱田大生, 高岡大樹, 火星探査航空機の主翼翼型性能の向上, 第54回飛行機シンポジウム, 2016.10.
16. Anyoji Masayuki, Issei Tabaru, Toshiyuki Aoki, Reducing Jet Noise in Over-Expanded Nozzle Flow, Proceedings of 6th Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science, 2016.09.
17. 今村彰, 安養寺 正之, 野々村 拓, 大山 聖, 遷音速領域における摩擦応力分布の可視化計測, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
18. 田原 一成, 原田大, 青木 俊之, 三次元ラバルノズルから発生するTransonic Toneの音響低減法, 2016年度日本機械学会年次大会, 2016.09.
19. 今村彰, 涌井翔太郎, 荒金大河, 安養寺 正之, 青木俊之, 低レイノルズ数領域における平板翼面上の剥離泡長さの計測, 平成27年度宇宙航行の力学シンポジウム, 2015.12.
20. 今村彰, 荒金大河, 涌井翔太郎, 安養寺 正之, 青木俊之, 蛍光油膜法による低レイノルズ数領域の剥離泡長さの計測, 日本機械学会第93期流体工学部門講演会, 2015.11.
21. 石橋遼平, 安養寺 正之, 半田太郎, 青木俊之, 2次元ラバルノズルから発生するTransonic toneに関する研究, 日本機械学会第93期流体工学部門講演会, 2015.11.
22. 大山 聖, 永井大樹, 竹内伸介, 豊田裕之, 宮澤優, 大槻真嗣, 元田敏和, 岡本正人, 安養寺 正之, 野々村拓, 鎌田幸男, 藤田昂志, 米本浩一, 浅井圭介, 藤井孝藏, 火星探査飛行機の高高度飛行試験計画(その4), 2015年度大気球シンポジウム, 2015.11.
23. Hiroki Nagai, Anyoji Masayuki, Taku Nonomura, Akira Oyama, Masato Okamoto, Gaku Sasaki, Takaaki Matsumoto, Kouichi Yonemoto, Kasahiro Kanazaki, Shigeru Sunada, Koichi Yonezawa, Masaru Koike, Koji Fujita, Keisuke Asai, Kozo Fujii, Aerodynamic Challenges to Realize Mars Airplane, 30th International Symposium on Space Technology and Science, 2015.07.
24. 安養寺 正之, 田北侑己, 石橋遼平, 半田 太郎, 青木 俊之, 二次元超音速ノズルのリップ厚さが空力騒音に及ぼす影響, 平成26年度衝撃波シンポジウム, 2015.03.
25. 永井大樹, 安養寺正之, 野々村拓, 近藤勝俊, 大山聖, 岡本正人, 佐々木岳, 松本剛明, 米本浩一, 金崎雅博, 砂田茂, 米澤宏一, 小池勝, 藤田昂志, 浅井圭介, 藤井孝藏, 火星探査航空機WGにおける空力研究のこれまでの成果と現状, 第58回宇宙科学技術連合講演会, 2014.11.
26. 安養寺 正之, 野々村 拓, 大山 聖, 藤井 孝藏, 永井 大樹, 火星探査航空機の全機空力特性に関する風洞実験および数値解析, 第46回流体力学講演会, 2014.07.
27. M. Anyoji, M. Okamoto, H. Hidaka, K. Kondo, K. Fujii, Control Surface Effectiveness of Low Reynolds Number Flight Vehicles, Tenth International Conference on Flow Dynamics, 2013.11.
28. 安養寺正之, 野々村 拓, 大山 聖, 藤井 考蔵, 低レイノルズ数領域の平面形空力特性に対するレイノルズ数効果, 第57回宇宙科学技術連合講演会, 2013.10.
29. M. Anyoji, T. Liu, T. Nonomura, A. Oyama, K. Fujii, Effect on Wing Planform on Aerodynamic Characteristics at Low Reynolds Numbers using a Low Density Wind Tunnel, 43th AIAA Fluid Dynamics Conference and Exhibit, 2013.06.
30. M. Anyoji, Masato Okamoto, Hidenori Hidaka, Taku Nonomura, Akira Oyama, Kozo Fujii, Planetary Atmosphere Wind Tunnel Tests on Aerodynamic Characteristics of a Mars Airplane Scale Model, 29th International Symposium on Space Technology and Science, 2013.06.
31. K. Kondo, H. Aono, T. Nonomura, M. Anyoji, A. Oyama, T. Liu, K. Fujii, M. Yamamoto, Analysis of Owl-like airfoil aerodynamics at low Reynolds number, 29th International Symposium on Space Technology and Science, 2013.06.
32. 安養寺 正之, 岡本 正人, 日高 秀徳, 大山 聖, 藤井 考蔵, 火星探査航空機のスケール機による空力性能評価, 日本航空宇宙学会北部支部2013年講演会, 2013.03.
33. 安養寺 正之, 永井 大樹, 大山 聖, 藤井 考蔵, 火星探査飛行機の全機空力特性に関する惑星環境風洞試験, 平成24年度宇宙航行の力学シンポジウム, 2012.12.
34. 安養寺 正之, 永井 大樹, 大山 聖, 藤井 考蔵, 火星飛行機の全機風洞試験, 第56回宇宙科学技術連合講演会, 2012.11.
35. 安養寺 正之, 野々村 拓, 大山 聖, 藤井 孝藏, 野中 聡, 火星探査飛行機の空力特性評価に向けた惑星環境風洞の作動特性, 平成23年度宇宙航行の力学シンポジウム, 2011.12.
36. 安養寺 正之, 野々村 拓, 大山 聖, 藤井 孝藏, 野瀬 慶, 沼田 大樹, 永井 大樹, 浅井 圭介, 低レイノルズ数領域における石井翼の空力特性評価, 第55回宇宙科学技術連合講演会, 2011.11.
37. M. Anyoji, T. Nonomura, A. Oyama, K. Fujii, K. Nose, D. Numata, H. Nagai, K. Asai, Aerodynamics Characteristics of Ishi Airfoil at Low Reynolds Numbers, Eighth International conference on Flow Dynamics, 2011.11.
38. 安養寺 正之, 野瀬 慶, 伊田 真悟, 沼田 大樹, 永井 大樹, 浅井 圭介, 火星大気風洞を用いた空力実験, 日本航空宇宙学会第42期年会講演会, 2011.04.
39. M. Anyoji, K. Nose, S. Ida, D. Numata, H. Nagai, K. Asai, Aerodynamic Measurements in the Mars Wind Tunnel at Tohoku University, 49th AIAA Aerospace Science Meeting, 2011.01.
40. M. Anyoji, S. Ida, K. Nose, D. Numata, H. Nagai, K. Asai, Low Reynolds Number Airfoil Testing in a Mars Wind Tunnel, 40th Fluids Dynamics Conference and Exhibit, 2010.06.
41. 安養寺 正之, 野瀬 慶, 沼田 大樹, 永井 大樹, 浅井 圭介, 火星大気風洞の動作特性評価-現状と計画, 第41期日本航空宇宙学会年会講演会2010, 2010.04.
42. 安養寺 正之, 沼田大樹, 永井大樹, 浅井圭介, 火星大気飛行のための風洞実験技術の研究開発(第2報), 平成21年度航空宇宙空力班シンポジウム, 2010.01.
43. M. Anyoji, S. Ida, K. Nose, D. Numata, H. Nagai, K. Asai, Characteristics of the Mars Wind Tunnel at Tohoku University in CO2 Operation Mode, 48th AIAA Aerospace Sciences Meeting, 2010.01.
44. M. Anyoji, D. Numata, H. Nagai, K. Asai, Evaluation of Supersonic Ejector Driving Performance under Low Pressure, 6th International Conference on Flow Dynamics, 2009.11.
45. 安養寺 正之, 沼田 大樹, 永井 大樹, 浅井 圭介, 東北大火星大気風洞の開発と性能検証, 第53回宇宙科学技術講演会, 2009.09.
46. M. Anyoji, H. Nagai, K. Asai, Development of Low Density Wind Tunnel to Simulate Atmospheric Flight on Mars, 47th AIAA Aerospace Sciences Meeting, 2009.01.
47. M. Anyoji, H. Nagai, K. Asai, Design and Construction of Mars Wind Tunnel for Simulating Atmospheric Flight on Mars, 5th International Conference on Flow Dynamics, 2008.11.
48. 安養寺 正之, 伊田 真悟, 永井 大樹, 浅井 圭介, 火星大気風洞の測定部気流特性について(第一報), 第41回流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム2009, 2008.06.
49. 安養寺 正之, 沼田 大樹, 孫 明宇, 高山 和喜, デブリ雲の構造に関する実験的研究, 平成19年度 衝撃波シンポジウム, 2008.03.
50. M. Anyoji, D. Numata, M. Sun, K. Takayama, A study of particle ejection by high speed impact, Proceedings of 26th International Symposium on Shock Waves, 2007.07.
51. 安養寺 正之, 沼田 大樹, 菊池 崇将, 孫 明宇, 高山 和喜, 高速衝突による微粒子の飛散特性に関する実験的研究, 平成18年度 衝撃波シンポジウム, 2007.03.
52. M. Anyoji, M. Sun, Computer analysis of the schlieren optical setup, 27th International Congress on High-Speed Photography and Photonics, 2006.09.
53. 安養寺 正之, 沼田 大樹, 大谷 清伸, 菊地 崇将, 孫 明宇, 高山 和喜, 低温環境下におけるAFRP板に対する高速衝突特性の実験的研究, 平成17年度 衝撃波シンポジウム, 2006.03.
学会活動
所属学会名
日本機械学会
アメリカ航空宇宙学会
日本航空宇宙学会
学協会役員等への就任
2014.12~2016.03, 日本機械学会 宇宙工学部門, 地区委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.10.25~2017.10.27, 第61回宇宙科学技術連合講演会, 司会(Moderator).
2016.12.19~2016.12.20, 平成28年度 宇宙航行の力学シンポジウム, 司会(Moderator).
2016.10.24~2016.10.26, 第54回飛行機シンポジウム, 司会(Moderator).
2015.03.13~2015.03.25, 日本機械学会九州支部 第68期総会講演会, 座長(Chairmanship).
2015.03.09~2015.03.25, H26年度衝撃波シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.07.03~2014.07.04, 第46回流体力学講演会/第32回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム, 司会(Moderator).
2013.10.09~2013.10.11, 第57回宇宙科学技術連合講演会, 司会(Moderator).
2012.11.20~2012.11.22, 第56回宇宙科学技術連合講演会, 司会(Moderator).
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会, 宇宙工学部門 委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度    
2018年度    
2017年度    
2016年度      
2014年度      
2013年度      
受賞
日本機械学会2017年度年次大会 優秀講演賞, 日本機械学会, 2018.11.
第9回宇宙科学奨励賞, 公益財団法人 宇宙科学振興会, 2017.03.
日本自動車学会 大学院研究奨励賞, 日本自動車学会, 2011.03.
日本機械学会 三浦賞, 日本機械学会, 2008.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(A), 分担, DBDプラズマアクチュエータの実利用に向けた性能実証に関する研究.
2014年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, 超低レイノルズ数領域の羽ばたき運動の解明に向けた高速応答型感圧塗料技術の確立.
2012年度~2014年度, 基盤研究(A), 分担, プラズマアクチュエータ制御における局時流れ機構と制御パラメータ策 定に関する研究.
2012年度~2014年度, 基盤研究(A), 分担, 世界初の火星飛行探査実現に向けた基盤研究と高高度飛行試験.
2011年度~2012年度, 研究活動スタート支援, 代表, 火星探査航空機の実現に向けた低レイノルズ数三次元翼特性の解明.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2008年度~2010年度, 特別研究員, 代表, 火星大気飛行中の極限流れにおける翼の空力特性の実験的研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.10~2019.03, 代表, プラズマアクチュエータを用いた流体制御による革新的高効率化技術の自動車空力への適用に関する共同研究.
2016.09~2017.03, 代表, プラズマアクチュエータを用いた流体制御による革新的高効率化技術の自動車空力への適用に関する研究開発.
寄附金の受入状況
2016年度, 公益財団法人 原田記念財団 研究助成/低レイノルズ数領域の圧縮生効果解明に向けた特殊低密度風洞のエジェクター駆動性能の向上.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2016年度, 平成28年度 九州大学QRプログラム(わかばチャレンジ), 代表, 複雑模型への適用を目指した3次元壁面剪断応力分布の可視化技術.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」