九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
平山 恭介(ひらやま きようすけ) データ更新日:2017.05.25

助教 /  工学研究院 機械工学部門 材料力学講座


主な研究テーマ
X線回折援用結晶粒界追跡法によるアルミニウム合金の結晶学的変形挙動の解明
キーワード:アルミニウム合金、延性破壊、放射光、X線回折、結晶方位
2015.02~2017.03.
従事しているプロジェクト研究
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 革新的構造材料
2015.04~2018.03.
革新的構造用金属材料創製を目指したヘテロ構造制御に基づく新指導原理の構築
2015.10~2020.03, 科学技術振興機構(日本).
研究業績
主要原著論文
1. Kyosuke Hirayama, Seiichiro Ii, Sadahiro Tsurekawa, Transmission electron microscopy/electron energy loss spectroscopy measurements and ab initio calculation of local magnetic moments at nickel grain boundaries, Science and Technology of Advanced Materials, 2014.01.
主要学会発表等
1. 平山 恭介, 下地 輝昭, 田辺 靖人, 戸田 裕之, 竹内 晃久, 上杉 健太郎, X線回折援用結晶粒界追跡法を用いた結晶学的構造が損傷の時間発展挙動に及ぼす影響の評価, 軽金属学会第131回秋期大会, 2016.11.05.
2. 平山 恭介, セクイーイン, 戸田 裕之, 上杉健太朗, 上椙 真之, 竹内晃久, 回折コントラストトモグラフィー法によるアルミニウムの水素脆化の結晶学的解析, 日本金属学会第160回春期講演大会, 2017.03.16.
3. Kyosuke Hirayama, Hiroyuki Toda, Teruyuki Shimoji, Yasuto Tanabe, Kentaro Uesugi, Akihisa Takeuchi, Effects of Crystallographic Structure Damage Evolution Using Diffraction Amalgamated Grain-boundary Tracking Technique , TMS2017, 2017.02.27.
4. 平山 恭介, 戸田 裕之, 上杉健太朗, 竹内晃久, X 線回折援用結晶粒界追跡法によるアルミニウム合金の延性破壊挙動の結晶学的解析, M&M2016材料力学カンファレンス, 2016.10.10.
5. 平山 恭介, 戸田 裕之, 上杉健太朗, 竹内晃久, Evaluation of Crystallographic Deformation Behavior in Aluminium Alloy by Means of Diffraction-Amalgamated Grain-Boundary Tracking (DAGT) Technique, 3rd International Congress on 3D Materials Science 2016, 2016.07.10.
6. 平山 恭介, 戸田 裕之, 寺岡佑佳子, 上杉健太朗, 竹内晃久, Assessment of deformation behavior in aluminum alloy with Diffraction-Amalgamated Grain-Boundary Tracking (DAGT) technique, The 15th International Conference on Aluminum Alloys, 2016.06.16.
7. 平山 恭介, 戸田 裕之, 上杉健太朗, 竹内晃久, X線回折援用結晶粒界追跡法を用いたアルミニウム合金における変形挙動の結晶学的解析, 軽金属学会第130回春期大会, 2016.05.28.
8. 平山 恭介, 戸田 裕之, 竹内 晃久, 上杉 健太朗, X線回折援用結晶粒界追跡法を用いたアルミニウム合金変形挙動の結晶学的評価, 日本金属学会2016年春期(第158回)大会, 2016.03.25.
9. 平山 恭介, Plastic Deformation Behavior of Aluminum Alloy Investigated Means of Diffraction-Amalgamated Grain-Boundary Tracking (DAGT) Technique, International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2015, 2015.10.05.
学会活動
所属学会名
日本機械学会
軽金属学会
日本鉄鋼協会
日本金属学会
学会・研究会における座長等
2015.10.04~2015.10.08, International Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2015, 座長.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ESRF(European Synchrotron Radiation Facility), France, 2017.03~2017.03.
ESRF(European Synchrotron Radiation Facility), France, 2016.03~2016.03.
ESRF(European Synchrotron Radiation Facility), France, 2015.02~2015.02.
受賞
一般社団法人 日本機械学会 材料力学部門 優秀講演表彰, 一般社団法人日本機械学会 , 2017.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 強磁性材料の粒界磁性と粒界性格および粒界に関する諸現象との関連.
寄附金の受入状況
2016年度, 一般社団法人 日本アルミニウム協会, アルミニウム研究助成事業.
2016年度, 公益財団法人 軽金属奨学会, 海外交流補助金.
学内資金・基金等への採択状況
2016年度~2016年度, 研究者短期派遣プログラム, 代表, Diffraction Amalgamated Grain boundary Tracking (DAGT)法の高度化.

九大関連コンテンツ