九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
BOYLE EDWARD KIERAN(ぼいる えどわーど きーらん) データ更新日:2019.07.22

助教 /  法学研究院 政治学部門 法学研究院


大学院(学府)担当

学部担当

役職名

Assistant Professor


ホームページ
取得学位
博士(法学)
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
政治学
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
0000-0001-5894-6315
活動概要
私の博士論文は、近年における政治地理学、政治理論として国際政治でも注目されている「領土」という概念の理解に寄与している。通常の「領土」という概念が異なった文脈においてどのように理解されているかということではなく、むしろ領土がどのように実践的に取り入れられたかという点に注目した。
本研究で扱っている地図、国境そして領土の問題は、これらの概念が過去にどのように理解されていたかという分析に留まらず、今日における現代的な国境問題にも関わっている。現在行っている科研プロジェクト、「境界の多層化:日本をめぐる緊張と脱領域化」では、日本政府が思う自らの領土的空間に対して日本の海洋領土がどのような役割を担っているかを検討している。
授業は、学部の入門コースや大学院におけるアジア政治のセミナーを担ってきたが、これらの授業で主張してきた点は、常識や先入観などを常に疑問視することと、学生たちの様々なニーズに応えられる学習環境の提供である。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」