九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
BOYLE EDWARD KIERAN(ぼいる えどわーど きーらん) データ更新日:2019.07.22

助教 /  法学研究院 政治学部門 法学研究院


主な研究テーマ
グローバル化、主権の単純化と日本における「固有領土」
キーワード:国境;領域;グローバル化;日本:東アジア
2015.04~2016.03.
従事しているプロジェクト研究
Borders in Globalization
2015.08~2016.04
http://www.biglobalization.org/.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Edward Boyle, Charting Cartographic Exchange, Barry L. Ruderman Conference on Cartography, 2017.10, [URL], In the early-1800s, the question of the Japanese island of Karafuto, the northern island in its amorphous and ill-defined Ezo region, was a vital one for Japanese policymakers. Dispute raged on whether or not it was connected to the continent, and what exactly its relation to the mysterious island of ‘Saghalin’ showing up on European and Chinese maps was. A succession of geographers, astronomers and polemicists produced analyses in support of these positions, engaging in a cross-cultural exercise of comparative mapping in order to discern the truth with regards to Sakhalin’s geography. This presentation will allow for a variety of materials utilized in this moment of dialogue between different cartographic traditions to be recovered and for an examination of how this comparative mapping occurred..
学会活動
所属学会名
境界研究学会日本チャプター
European Association for Japanese Studies
International Political Science Association
Association for Borderlands Studies
Association for Asian Studies
American Association of Geographers
南アジア学会
日本地図学会
学協会役員等への就任
2016.04~2021.03, 境界研究学会日本チャプター, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.07.10~2018.07.14, Association for Borderlands Studies World Conference, Convener ("Borders and Boundaries in Asia" section).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2016.04~2020.03, Eurasia Border Review, 国内, 編集委員.
2017.04~2020.03, 境界研究, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度
受賞
Association for Borderlands Studies World Conference Student Paper Award , Association for Borderlands Studies, 2014.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2019年度, 特別推進研究, 代表, 境界の多層化:日本をめぐる緊張と脱領域化.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2018年度, 琉球大学国際沖縄研究所, 分担, アジア太平洋嶼国・地域のボーダーに関する比較研究:沖縄の離島と南洋諸島を中心に.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, International Conference Travel Expenses Support, Kyushu University Research Activity Support Program, 代表, Attend EAJS Conference, Lisbon..
2018年度~2018年度, QRプログラムわかばチャレンジ, 代表, 「東北インドと日本:開発援助、連結性、再領域化」.
2016年度~2016年度, 平成28年度 研究者短期派遣プログラム, 代表, 東北インド.
2015年度~2015年度, 平成27年度 第3回研究者短期招聘・派遣プログラム, 代表, 東北インド.
2015年度~2015年度, (辞退)平成27年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)特別(つばさ)【整理番号27807】, 代表, アジアにおける境界の表象とアクチュアリティ: 新たな概念装置の構築.
2015年度~2015年度, 平成27年度九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(P&P)【整理番号27503】, 代表, “Globalization, simplified sovereignty and Japan's `Inherent territory`”.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」