九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
小澤 弘宜(おざわ ひろのぶ) データ更新日:2019.06.05

准教授 /  理学研究院 化学部門 無機・分析化学講座


主な研究テーマ
金属錯体を基盤とした太陽光エネルギー変換システムの開発
キーワード:触媒、色素、太陽光水分解
2015.04.
従事しているプロジェクト研究
文科省科研費 基盤研究(C) 二酸化チタンを両極に用いた分子性光電気化学セルによるノンバイアス太陽光水分解
2019.04~2022.03, 代表者:小澤弘宜, 九州大学 大学院理学研究院 化学部門.
文科省科研費 新学術領域研究 革新的光物質変換 分子性触媒コンポーネントを融合させた太陽光水分解用光電気化学セルの開発
2018.04, 代表者:酒井 健, 九州大学 大学院理学研究院 化学部門.
一般社団法人 九州自然エネルギー推進機構 研究助成金 太陽光捕集効率の飛躍的向上を目指した2段階励起型フォトアノードの開発
2017.10~2018.09, 代表者:小澤弘宜, 九州大学 大学院理学研究院 化学部門.
文科省科研費 基盤研究(C) 超高効率な太陽光水分解反応を可能にする分子性タンデムセルの開発
2016.04~2019.03, 代表者:小澤弘宜, 九州大学 大学院理学研究院 化学部門.
九州大学 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト 太陽光駆動型水素生成システムの構築に向けた超高性能錯体色素の開発
2015.04~2016.03, 代表者:小澤弘宜, 九州大学 大学院理学研究院 化学部門.
財団法人 倉田記念日立科学技術財団 倉田奨励金 短波長増感機能を有する高性能自己共増感型錯体色素の開発
2013.04~2014.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
文科省科研費 若手研究(B)  自己共増感型錯体色素の開発とこれを用いた超高性能光電変換デバイスの作製
2013.04~2015.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
財団法人 池谷科学技術振興財団 研究助成 太陽光駆動型水素生成システムの構築に向けた色素増感TiO2光電極と分子性触媒修飾電極の作製
2012.04~2013.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
田中貴金属グループ 第13回 貴金属に関わる研究助成金 太陽光エネルギーの高効率光電変換を可能にするダブルアンカー型ルテニウム錯体色素の開発
2012.04~2013.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
東京理科大学特定研究助成金 奨励研究助成金 色素増感太陽電池の耐久性向上を目指した多点吸着型錯体色素の開発
2012.04~2013.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
財団法人 村田学術振興財団 研究助成 自己共増感型錯体色素の開発とこれを用いた高性能色素増感太陽電池
2012.04~2013.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
財団法人 イオン工学振興財団 研究助成 太陽光エネルギーの有効利用を可能にするアニオン性錯体色素を用いた高性能色素増感TiO2光電極の作製
2011.04~2012.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
財団法人 クリタ水・環境科学振興財団 研究助成(萌芽的研究) 太陽光エネルギーを用いた水からの高効率水素ガス製造を可能にする高性能錯体色素の開発
2011.04~2012.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
文科省科研費 若手研究(B) 多重機能を備えた第二世代型光水素発生デバイスの創製
2010.04~2012.03, 代表者:小澤弘宜, 東京理科大学 工学部工業化学科.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  0件
特許登録件数  11件
学会活動
所属学会名
日本化学会
錯体化学会
複合系の光機能研究会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.12~2019.06.05, 第7回 錯体化学若手の会 九州・沖縄支部勉強会, ポスター賞審査委員.
2018.07~2019.06.05, 第55回 化学関連支部合同九州大会, ポスター賞審査委員.
2018.03~2018.03.26, 日本化学会第98春季年会, 講演賞審査員.
2017.09~2017.09.26, 錯体化学会 第67回討論会, 学生講演賞審査員.
2017.09~2017.09.26, 錯体化学会 第67回討論会, ポスター賞審査員.
2017.03~2017.03.26, 日本化学会第97春季年会, 講演賞審査員.
2016.09~2016.09.26, 錯体化学会 第66回討論会, プログラム編成委員.
2010.09~2010.09.26, 錯体化学会 第60回討論会, ポスター賞審査員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
モントリオール大学, Canada, 2009.04~2009.09.
受賞
日本太陽エネルギー学会 論文賞, 2015.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 二酸化チタンを両極に用いた分子性光電気化学セルによるノンバイアス太陽光水分解.
2018年度~2019年度, 新学術領域研究(研究領域提案型), 連携, 分子性触媒コンポーネントを融合させた太陽光水分解用光電気化学セルの開発.
2016年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 超高効率な太陽光水分解反応を可能にする分子性タンデムセルの開発.
2013年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, 自己共増感型錯体色素の開発とこれを用いた超高性能光電変換デバイスの作製.
2010年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, 多重機能を備えた第二世代型光水素発生デバイスの創製.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2005年度~2006年度, 特別研究員, 代表, 単一分子光水素発生デバイスにおける構造活性相関の探求.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2017年度, 一般社団法人 九州自然エネルギー推進機構 研究助成金, 代表, 太陽光捕集効率の飛躍的向上を目指した2段階励起型フォトアノードの開発.
2013年度~2013年度, 財団法人 倉田記念日立科学技術財団 倉田奨励金, 代表, 短波長増感機能を有する高性能自己共増感型錯体色素の開発.
2012年度~2012年度, 財団法人 池谷科学技術振興財団 研究助成, 代表, 太陽光駆動型水素生成システムの構築に向けた色素増感TiO2光電極と分子性触媒修飾電極の作製.
2012年度~2012年度, 田中貴金属グループ 第13回 貴金属に関わる研究助成金, 代表, 太陽光エネルギーの高効率光電変換を可能にするダブルアンカー型ルテニウム錯体色素の開発.
2012年度~2012年度, 財団法人 村田学術振興財団 研究助成, 代表, 自己共増感型錯体色素の開発とこれを用いた高性能色素増感太陽電池.
2011年度~2011年度, 財団法人 クリタ水・環境科学振興財団 研究助成(萌芽的研究), 代表, 太陽光エネルギーを用いた水からの高効率水素ガス製造を可能にする高性能錯体色素の開発.
2011年度~2011年度, 財団法人 イオン工学振興財団 研究助成, 代表, 太陽光エネルギーの有効利用を可能にするアニオン性錯体色素を用いた高性能色素増感TiO2光電極の作製.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2015年度, 九州大学 教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 代表, 太陽光駆動型水素生成システムの構築に向けた超高性能錯体色素の開発.
2012年度~2012年度, 東京理科大学特定研究助成金 奨励研究助成金, 代表, 色素増感太陽電池の耐久性向上を目指した多点吸着型錯体色素の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」