九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
江﨑 大輔(えさき だいすけ) データ更新日:2019.08.23

助教 /  歯学研究院 歯学部門


主な研究テーマ
細菌汚染チタンの新規殺菌法の開発
キーワード:インプラント周囲炎
2015.04.
非熱的不可逆エレクトロポレーションによるインプラント周囲炎の低浸襲治療法
キーワード:インプラント周囲炎
2015.04.
即時荷重の大きさの違いがインプラント周囲骨の治癒に与える影響
キーワード:インプラント 即時荷重
2006.04.
従事しているプロジェクト研究
細菌汚染チタンの新規殺菌法の開発
2015.04, 代表者:江崎 大輔, 九州大学.
MEMSを用いた生体内モニタリング
2014.04.
不可逆エレクトロポレーションを用いたインプラント周囲炎の治療
2015.04~2019.03.
研究業績
主要原著論文
1. Yoshiko Matsumoto, Rika Kuwatsuru, Yoshihiro Tsukiyama, Daisuke Esaki, Kyosuke Oki, Kiyoshi Koyano., Objective Assessment of Mastication Predominance, The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function, in press, 2018.11.
2. Rei NAGAO, Daisuke ESAKI, Yukie SHIBATA, Satoshi IKAWA, Katsuhisa KITANO, Yasunori AYUKAWA, Yasuyuki MATSUSHITA, Toru TAKESHITA, Yoshihisa YAMASHITA, Masaaki MATSUZAKI and Kiyoshi KOYANO, Investigation of a novel sterilization method for biofilms formed on titanium surfaces, Dental Materials Journal., in press, 2018.11.
3. kiyoshi koyano, Daisuke Esaki, Occlusion on oral implants: current clinical guidelines, JOURNAL OF ORAL REHABILITATION, 10.1111/joor.12239, 42, 2, 153-161, 2015.02.
4. 松下 恭之, 江﨑 大輔, 古谷野 潔, 天然歯とインプラントの共存を研究から考える, 日本歯科補綴誌, 6, 2, 144-145, 2014.06.
5. Jie Gao, Yasuyuki Matsushita, Daisuke Esaki, Tatsuya matsuzaki, kiyoshi koyano, Comparative stress analysis of delayed and immediate loading of a single implant in an edentulous maxilla model, Journal of Dental Biomechanics , 10.1177/1758736014533982, 14, 5, 1758736014533980, 2014.05.
6. Daisuke Esaki, Yasunori AYUKAWA, kiyoshi koyano, Yasuyuki Matsushita, NOBUO SAKAI, Yoshinori Sawae, Relationship between magnitude of immediate loading and peri-implant osteogenesis in dogs, CLINICAL ORAL IMPLANTS RESEARCH, 10.1111/j.1600-0501.2011.02305.x, 23, 11, 1290-1296, 2012.11.
7. Kenichi Sasaki, Yasuyuki Matsushita, Yoshihiro Tsukiyama, Daisuke Esaki, kiyoshi koyano, Stress Analysis of All-on-4 System Using a 3-Dimensional Finite Element Method, Prosthodontic Research and Practice, 7, 2, 147-149, 2008.07.
8. 松下 恭之, 佐々木 健一, 郡 英寛, 江﨑 大輔, 春田 明日香, 古谷野 潔, インプラント咬合にエビデンスはあるか? , 日本歯科補綴学会誌, 52, 1, 1-9, 2008.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 松下 恭之, 木原 優文, 鮎川 保則, 江﨑 大輔, 古谷野 潔, 固定性インプラント補綴における咬合調整を考える, 日本口腔インプラント学会誌, 29(2):7-12., 2016.06.
2. 松下 恭之, 江﨑 大輔, 古谷野 潔, 天然歯とインプラントの共存を研究から考える, 日本補綴歯科学会誌, 6巻2号 Page144-148, 2014.04.
3. 松下 恭之, 江﨑 大輔, 古谷野 潔, 佐々木 健一, 上顎無歯顎へのインプラント補綴に関する力学的検討, 歯界展望特別号臨床, 339, 2009.06.
4. 江﨑 大輔, 松下 恭之, 古谷野 潔, Journalに見る補綴臨床の現在④.下顎短縮歯列に対する補綴介入(延長ブリッジと両側遊離端義歯)を検証する, 補綴臨床, 42(4):475-479, 2009.07.
主要学会発表等
1. 江﨑 大輔, 口腔内スキャナー(IOS)はインプラント補綴を変えうるか?, 九州大学再生歯科・インプラント研究会, 2019.03.
2. 江﨑大輔, 下顎第一大臼歯に対するインプラントアプローチ., 平成29年度臨床医のための症例検討セミナー., 2017.11.
3. 松下 恭之, 江﨑 大輔, 佐々木 匡理, 荻野 洋一郎, 古谷野 潔, 下顎無歯顎に対する回転許容型インプラントオーバーデンチャーの長期的検討
, 第33回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会, 2016.01.
4. 江﨑 大輔, 松下 恭之, 原俊浩, 的野 良就, 古谷野 潔, SEM観察による破折インプラントに対する生体力学的検討, 第45回日本口腔インプラント学会学術大会, 2015.09.
5. 江﨑 大輔, 力学的観点からジルコニアアバットメントを考察する, 九州大学再生歯科・インプラント研究会, 2015.01.
6. 江﨑 大輔, スクリュー固定式連結冠のミスフィットを検出するために, 九州大学再生歯科・インプラント研究会, 2014.01.
学会活動
所属学会名
European Association for Osseointegration
International College of Prosthodontists
日本補綴歯科学会
日本口腔インプラント学会
受賞
Best E-Poster Presentation, KAP-CPS-JPS, 2019.04.
優秀論文賞, 日本口腔インプラント学会, 2017.12.
課題口演賞, 社団法人日本補綴歯科学会, 2011.05.
奨励論文賞, 社団法人日本補綴歯科学会, 2012.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 分担, MEMSを用いた口腔内モニタリングによるインプラントリスク診断システムの開発.
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 過硝酸溶液を用いた新規殺菌方法のインプラント周囲炎治療への応用.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 非熱的不可逆エレクトロポレーションによるインプラント周囲炎の低侵襲治療法.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, インプラント補綴の個別最適設計を可能にするMEMSを用いた生体内モニタリング.
2013年度~2015年度, 若手研究(B), 代表, メカノバイオロジーに基づいた即時荷重インプラント補綴の最適設計法の確立.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, 低侵襲グラフトレス治療のためのショートインプラントと荷重負荷の相関の解明 .

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」