九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
髙橋 義文(たかはし よしふみ) データ更新日:2019.06.13

准教授 /  農学研究院 農業資源経済学部門 生物資源環境科学府 農業資源経済学専攻


主な研究テーマ
農村と漁場の相互補完関係を考慮した有機濃縮液肥の新たな需給システムの構築条件の解明
キーワード:合意形成,意思決定手法,需給システム,循環型社会
2018.10~2022.10.
有機性廃棄物の再利用によってもたらされる環境負荷低減効果の計測
キーワード:クリーン開発メカニズム、ライフサイクルアセスメント、コンジョイント分析、仮想評価法(CVM)、有機性廃棄物、リサイクルシステム
2015.05~2020.03.
養殖事業分野での新技術導入がもたらす波及効果の定量分析
キーワード:ファジィ線形計画、ファジィAHP、時系列分析(ベクトル自己回帰、グレンジャー因果性検定、インパルス応答関数、共和分検定)、消費行動 、費用便益分析、波及効果
2015.05~2018.03.
環境配慮を促す環境情報に関する行動経済学的研究
キーワード:プロスペクト理論、フレーミング効果、行動経済学、情報分析
2015.05~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
農村と漁村の相互補完関係を利用した新たな有機液肥の需給システムの構築条件の解明
2019.04~2022.03, 代表者:高橋義文, 九州大学.
地域循環圏・エコタウン低炭素促進事業
2018.11~2020.03, 代表者:道閑房恵, 株式会社Fermento, 環境省(日本)
プロジェクトの目的は,1)可燃ごみの削減可能量を把握し,二酸化炭素排出削減の可能性を示すこと,2)環境・住民の利便性・経済性の面から「最適なごみの分別方法と収集方法」を検討することである。.
解釈レベル理論による環境コミュニケーション方法に関する行動経済学的研究
2017.04~2020.03, 代表者:山本充, 小樽商科大学.
有機性廃棄物の液肥利用とリサイクル・ループ構築に向けた学際的共同研究
2014.07~2017.03, 代表者:矢部光保, 九州大学, 日本
有機性廃棄物由来の液肥に焦点を当て、液肥利用拡大に向けた社会技術の展開方策について学際的共同研究により解明すること。.
環境配慮を促す環境情報に関する行動経済学的研究
2014.04~2017.03, 代表者:山本充, 国立大学法人小樽商科大学, 国立大学法人小樽商科大学
行動経済学の理論を用いて、環境配慮行動を促すような情報の与え方を分析することで、より効率的な環境保全活動を推進させる。.
先端技術展開事業「サケ科魚類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究」
2013.04~2018.03, 代表者:黒川忠英, 国立研究開発法人水産総合研究センター東北区水産研究所, 農林水産省(日本)
国内の養殖銀ザケの市況分析を行い、チリ産銀ザケの輸入量に影響を受けない経営モデルを考える。.
先端技術展開事業「貝類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究」
2013.04~2015.03, 代表者:神山孝史, 国立研究開発法人水産総合研究センター東北区水産研究所, 農林水産省(日本)
品種改良によって生産された養殖マガキの消費者・生産者評価、マーケティング戦略、経営モデルの提案。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Le Thi Thanh Loan, Yoshifumi Takahashi, Hisako Nomura and Mitsuyasu Yabe, Modeling home composting behavior toward sustainable municipal organic waste management at the source in developing countries, Resources, Conservation and Recycling, 140, 65-71, 2019.02, Home composting (HC) has become an increasingly important consideration in the framework of sustainable municipal organic waste (MOW) management in developing countries. We develop, for the first time, two HC behavior models, which include households’ decisions to participate in a HC scheme and the level of HC participation. By applying Logit and Ordered logit models, a survey of 202 respondents in rural areas of Hoi An, Vietnam, indicates that households’ decisions to get involved in a HC scheme and the level of HC participation are affected by motivational factors such as knowledge about HC, attitude toward it, and owning a garden. We then explore the differences between the influencing factors for the two models. Interestingly, while participation in the HC training program influence the decision to participate in the HC scheme, the factor appears unimportant in increasing the level of HC practice. In addition, once the HC participation decision has been made, we find that pro-environmental behavior (such as habit of reusing plastic bags and reducing wastefulness) could promote a higher level of HC practice. These findings could help policy makers in promoting HC behavior to enhance a sustainable MOW management strategy at the household level..
2. Le Thi Thanh Loan, Hisako Nomura, Yoshifumi Takahashi, Mitsuyasu Yabe, Psychological driving forces behind households’ behaviors toward municipal organic waste separation at source in Vietnam
a structural equation modeling approach, Journal of Material Cycles and Waste Management, 10.1007/s10163-017-0587-3, 19, 3, 1052-1060, 2017.02, [URL], Most recent municipal organic waste-separation at source (MOW-SAS) programs that have been introduced in developing countries remain pilot programs, but have not fully developed into sustainable municipal solid-waste management strategies. The city of Hoi An, Vietnam, implemented a mandatory MOW-SAS program in 2012. Using Structural Equation Modeling, this study investigates the psychological driving forces behind households’ behaviors toward the MOW-SAS program. This study finds that moral norm (moral perception of what is good or bad), attitude toward sorted waste, and situational factors (issues concerning physically sorting garbage, such as time, space, and lack of family cooperation) can significantly affect household behaviors toward MOW-SAS. It confirms the need for supplying frequent environmental educational campaigns and highlighting the benefits of MOW-SAS programs. Moreover, the study finds that households’ system trust in local authority concerning the MOW-SAS program is an important driving force behind the behavior. Therefore, recommendation is also made on the need to develop strong leadership in local authorities through improving: (1) reliability (ability to effectively treat sorted waste), (2) legitimacy (punitive measures for non-participants), and (3) effectiveness (dissemination of information about the benefits of MOW-SAS programs) for promoting MOW-SAS..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本流通学会
日本農業経営学会
農村計画学会
食農資源経済学会
日仏海洋学会
環境経済・政策学会
北海道農業経済学会
日本国際地域開発学会
日本農業経済学会
The World Oyster Society
学協会役員等への就任
2019.04~2021.03, 日本国際地域開発学会, 理事.
2017.05~2019.03, 日本国際地域開発学会, 理事.
2015.05~2017.03, 日本国際地域開発学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.10.20~2018.10.20, 「地域のシンクタンクとしての大学」平成30年度市民大学テーマ講座-地方創生に向けた大学の役割-, パネリスト.
2017.09.29~2017.10.01, 食農資源経済学会, 座長(Chairmanship).
2017.10.19~2017.10.20, The 8th International Symposium on East-Asian Agricultural Economics 2017, 司会(Moderator).
2017.08.05~2017.08.05, 日中農業政策セミナー, 司会(Moderator).
2016.08.29~2016.08.29, The 3rd JASID Western Japan Research Meeting, 座長(Chairmanship).
2016.03.05~2016.03.05, 北海道農業経済学会, 座長(Chairmanship).
2007.11.09~2007.11.09, 日本計画行政学会北海道支部会, 討論者.
2009.09.26~2009.09.27, 環境経済・政策学会, 討論者.
2007.10.07~2007.10.08, 環境・経済政策学会, 討論者.
2017.11.07~2017.11.09, 日韓国際シンポジウム, 渉外部門担当.
2017.10.19~2017.10.20, 日中韓国際シンポジウム実行委員会, 副議長.
2017.09.14~2017.09.16, 日本農業経営学会, 地域シンポジウム会場責任者.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.04~2021.03, 開発学研究, 国内, 編集委員.
2017.04~2019.03, 開発学研究, 国内, 編集委員.
2015.09~2017.09, 食農資源経済論集, 国内, 編集委員.
2012.04~2014.03, 開発学研究, 国内, 編集委員.
2010.04~2012.03, 開発学研究, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2007年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Pan Pacific Yangon, Myanmar, 2019.02~2019.02.
Da nang City hall, Vietnam, 2017.02~2017.02.
Can Tho University, Vietnam National University of Agriculture, Vietnam, Vietnam, 2016.12~2016.12.
ChungNam University, Korea, 2016.11~2016.11.
Renmin University of China, China, 2016.10~2016.10.
Mulawarman University, Indonesia, 2016.04~2016.04.
Vrije University, Netherlands, 2008.09~2009.09.
受賞
Best Paper Award, The Japan Society of Material Cycles and Waste Management, 2019.06.
Award for Academic Achievement in the 9th International Symposium on East-Asian Agricultural Economics 2018, East-Asian Agricultural Economics, 2018.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 農村と漁村の相互補完関係を利用した新たな有機液肥の需給システムの構築条件の解明.
2019年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, 循環システム実現に向けた有機性廃棄物資源管理のエビデンスに基づく政策形成.
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 濃縮バイオ液肥の生産・利用に向けた技術開発と化学肥料代替の影響評価に関する研究.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, 解釈レベル理論による環境コミュニケーション方法に関する行動経済学的研究.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 連携, 環境配慮を促す環境情報に関する行動経済学的研究.
2010年度~2013年度, 基盤研究(B), 連携, コベネフィット政策に向けた日中共同実証研究―有機性廃棄物と水質汚染防止―.
2010年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, バイオマスエネルギーと農産物の生産割合を考慮した持続可能な農地利用に関する研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 連携, バイオ燃料の持続可能性指標の構築と日本型バイオ燃料生産システムに関する研究.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 連携, 生物多様性を考慮した持続可能な環境共生都市・農村整備のあり方に関する研究 .
2005年度~2007年度, 基盤研究(C), 分担, メゾ環境勘定とミクロ環境会計による農林水産業の循環型地域経営の評価に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2020年度, 公益財団法人廃棄物・3R研究財団「地域循環圏・エコタウン低炭素化促進事業」, 分担, 家庭用生ごみの持続的管理・再利用に向けた地域住民の行動様式の解明.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2013.04~2018.03, 分担, 食料生産地域再生のための先端技術展開事業「サケ科魚類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究」.
2013.04~2015.03, 分担, 食料生産地域再生のための先端技術展開事業「貝類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究」.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」