九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
堤 英輔(つつみ えいすけ) データ更新日:2019.03.18



主な研究テーマ
西日本沿岸海洋における海況の長期変動
キーワード:水温長期変動, 沿岸域
2013.03.
九州沿岸域における内部波と乱流混合過程
キーワード:乱流混合, 潮汐流, 内部波
2007.04.
東シナ海の黒潮域における乱流混合過程
キーワード:乱流混合, 潮汐-地形相互作用
2015.09.
従事しているプロジェクト研究
九州西岸におけるM2潮汐振幅長期減少の原因解明
2018.04~2021.03.
研究業績
主要原著論文
1. Eisuke Tsutsumi, Takeshi Matsuno, Ren-Chieh Lien, Hirohiko Nakamura, Tomoharu Senjyu, Xinyu Guo, Turbulent mixing within the Kuroshio in the Tokara Strait, Journal of Geophysical Research: Oceans, 10.1002/2017JC013049, 122, 7082-7094, doi:10.1002/2017JC013049, 2017.09.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本海洋学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.10.13~2017.10.17, 日本海洋学会2017年度秋季大会, 座長(Chairmanship).
2016.09.15~2016.09.15, 日本海洋学会2016年度秋季大会シンポジウム 若手研究者から見た未来の海洋学 -日本海洋学会はこれからどう展開するべきか-, コンビーナー.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Proctor Academy, UnitedStatesofAmerica, 2018.06~2018.06.
Institute of Oceanography, National Taiwan University, Taiwan, 2018.05~2018.05.
Oregon Convention Center, UnitedStatesofAmerica, 2018.02~2018.02.
Applied Physics Laboratory, University of Washington, UnitedStatesofAmerica, 2016.09~2016.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 若手研究, 代表, マルチスケールの潮汐共鳴を考慮した九州西岸におけるM2潮汐振幅減少の原因解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」