九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
CANNON JAMES(かのん じえーむず) データ更新日:2017.05.31

准教授 /  工学研究院


主な研究テーマ
分子動力学シミュレーションを用いて熱物性や素変化現象を評価する
キーワード:熱物性, 素変化, 冷却
2016.04.
研究業績
主要原著論文
1. James J. Cannon, Tohru Kawaguchi, Takashi Kaneko, Takuya Fuse, Junichiro Shiomi, Understanding decoupling mechanisms of liquid-mixture transport properties through regression analysis with structural perturbation, International Journal of Heat and Mass Transfer, 105, 12-17, 2017.02.
主要学会発表等
1. M. Obori, James J. Cannon, Shinohara Nobuhiro, Junichiro Shiomi, ReaxFF-based interfacial thermal conductance calculation of silica-silica interface, Symposium on Micro-Nano Science and Technology 2016, 2016.12.16.
2. Junichiro Shiomi, Biao Shen, James J. Cannon, Computations of interfacial heat transfer from a multiscale viewpoint, International Symposium on Micro and Nano Technology, 2017.03.20.
3. Obori Masanao, James J. Cannon, Shinohara Nobuhiro, Junichiro Shiomi, Tuning interfacial thermal conductance in nano-silica-based thermal insulators, International Symposium on Micro and Nano Technology, 2017.03.19.
学会活動
所属学会名
伝熱学会
日本機械学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, http://www.jamescannon.net/, 2014.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2014年度~2016年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, Freezing-based desalination: A molecular approach to understanding and optimisation..

九大関連コンテンツ