九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
門田 慧奈(もんだ けいな) データ更新日:2019.06.19

助教 /  理学研究院 生物科学部門 情報生物学


主な研究テーマ
高CO2時代の植物応答を解析するためのモデル実験系の構築
キーワード:二酸化炭素, シロイヌナズナ, 光合成, バイオマス
2018.04.
サーマルイメージング技法を活用した高CO2時代適応型植物の探索
キーワード:シロイヌナズナ, 二酸化炭素, 窒素, サーモグラフィ
2018.04.
研究業績
主要原著論文
1. Monda K, Araki H, Kuhara S, Ishigaki G, Akashi R, Negi J, Kojima M, Sakakibara H, Takahashi S, Hashimoto-Sugimoto M, Goto N, Iba K, Enhanced Stomatal Conductance by a Spontaneous Arabidopsis Tetraploid, Me-0, Results from Increased Stomatal Size and Greater Stomatal Aperture, Plant Physiology, 10.1104/pp.15.01450, 170, 3, 1435-1444, 2016.03.
2. Takahashi S*, Monda K*, Negi J, Konishi F, Ishikawa S, Hashimoto-Sugimoto M, Goto N, Iba K (*co-first author), Natural Variation in Stomatal Responses to Environmental Changes among Arabidopsis thaliana Ecotypes, PLOS ONE, 10.1371/journal.pone.0117449, 10, 2, e0117449, 2015.02.
3. Monda K, Negi J, Iio A, Kusumi K, Kojima M, Hashimoto M, Sakakibara H, Iba K, Environmental regulation of stomatal response in the Arabidopsis Cvi-0 ecotype, Planta, 10.1007/s00425-011-1424-x, 234, 3, 555-563, 2011.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Monda K, Iba K, Environmental adaptation in stomatal size and aperture in Arabidopsis natural accessions, 5th International Symposium on Plant Signaling and Behavior, 2017.06.
2. Monda K, Takahashi S, Negi J, Tohmori R, Mabuchi A, Kojima M, Takebayashi Y, Sakakibara H, Iba K, Isolation of Arabidopsis mutants with abnormalities in stomatal response to humidity, light, or CO2, The 28 th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR 2017), 2017.06.
3. Monda K, Negi J, Ishigaki G, Araki H, Takahashi S, Hashimoto-Sugimoto M, Kuhara S, Akashi R, Goto N, Iba K, Environmental Responses of An Arabidopsis Ecotype, Me-0, with Giant Stomata, The 25th International Conference on Arabidopsis Research (ICAR 2014), 2014.07.
4. Monda K, Negi J, Goto N, Iba K, Stomatal features and responses to environmental signals in the Arabidopsis Me-0 ecotype, The 23rd International Conference on Arabidopsis Research (ICAR2012), 2012.07.
5. Monda K, Negi J, Iio A, Kusumi K, Kojima M, Hashimoto M, Sakakibara H, Iba K, Environmental regulation of stomatal response in Arabidopsis Cvi-0 ecotype, XVIII International Botanical Congress (IBC2011), 2011.07.
6. 門田慧奈, シロイヌナズナエコタイプにおける気孔の環境応答の多様性, 日本動物学会・九州沖縄植物学会・日本生態学会 合同福岡例会, 2017.12.
学会活動
所属学会名
日本植物生理学会
日本植物学会
日本植物細胞分子生物学会
九州沖縄植物学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 研究活動スタート支援, 代表, 野生シロイヌナズナの大規模解析から探る気孔制御によるC/Nバランスの最適化機構.
2012年度~2014年度, 特別研究員奨励費, 代表, 植物における純粋な二酸化炭素シグナル伝達機構の探索.
寄附金の受入状況
2018年度, 公益財団法人豊田理化学研究所, 豊田理研スカラー/サーマルイメージング技法を応用した高CO2時代適応型植物探索法の提案.
2018年度, 公益財団法人日本科学協会, 笹川科学研究助成/野生シロイヌナズナの大規模解析から探る、炭素・窒素バランスが制御する気孔開閉応答機構.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」