九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
劉 城準(ゆ そんじゆん) データ更新日:2019.07.24



主な研究テーマ
室内環境解析用数値人体モデル(CSP)による空気調和システムの制御
キーワード:数値人体モデル,数値流体力学,室内環境質,健康影響評価
2017.04~2019.03.
室内環境評価用数値人体モデル(Computer Simulated Person)の開発
キーワード:室内環境評価,室内空気質,室内熱環境,数値人体モデル
2013.04.
研究業績
主要原著論文
1. Sung-Jun Yoo, Kazuhide Ito, Multi-stage optimization of local environmental quality by comprehensive computer simulated person as a sensor for HVAC control, Advances in Building Energy Research, 2019.03.
2. Sung-Jun Yoo and Kazuhide Ito, Multi-stage optimization of local environmental quality by comprehensive computer simulated person, ICEERB 2018, 2018.11.
3. Sung-Jun Yoo, Kazuhide Ito, Assessment of transient inhalation exposure using in silico human model integrated with PBPK-CFD hybrid analysis, Sustainable Cities and Society, https://doi.org/10.1016/j.scs.2018.04.023, 40, 317-325, 2018.07.
4. Sung-Jun Yoo, Kazuhide Ito, Quantitative risk assessment of transient inhalation exposure using PBPK-CFD hybrid model with computer simulated person, COBEE 2018, 2018.02.
5. Sung-Jun Yoo, Kazuhide Ito, Transient analysis of inhalation exposure by using computer simulated person integrated with PBPK-CFD hybrid model, Healthy Buildings 2017 Asia, 2017.09.
6. Sung-Jun Yoo, Kazuhide Ito, Numerical Prediction of Tissue Dosimetry in Respiratory Tract using Computer Simulated Person integrated with PBPK-CFD Hybrid Analysis, Indoor and Built Environment, 2017.02.
7. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 経気道曝露リスク評価のためのPBPK-CFDモデルの統合 気道モデルを統合した数値人体モデルの開発 第3報, 日本建築学会環境系論文集, 2016.11.
8. Sung-Jun Yoo, Kazuhide Ito, PBPK-CSP-CFD Hybrid Analysis for Estimating Indoor Air Quality and Airway Tissue Dosimetry, IAQVEC 2016, 2016.10.
9. Sung-Jun Yoo, Kazuhide Ito, Numerical Prediction of Airway Tissue Dosimetry using PBPK-CFD Hybrid Model integrated into Computer Simulated Person, Indoor Air 2016, 2016.07.
10. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 完全統合型数値人体モデルの概要と経気道暴露濃度解析 気道モデルを統合した数値人体モデルの開発 第2報, 日本建築学会環境系論文集, 2015.10.
11. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 数値気道モデル内の対流熱伝達解析による人体熱モデルの改良 気道モデルを統合した数値人体モデルの開発 第1報, 日本建築学会環境系論文集, 2015.03.
12. Sung-Jun Yoo, Toshiki Matsuo, Nguyen Lu Phuong, Kazuhide Ito, Development of Computer Simulated Person with Numerical Airway model, Part 2 Improved Thermo-Regulation Model with Heat and Moisture Transfer Detail Analysis in Respiratory Tract, Indoor Air 2014, 2014.07.
主要学会発表等
1. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 経気道暴露評価のためのPBPK-CFD-CSP連成解析モデル, 室内環境学会学術大会講演集, 2017.12.
2. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 呼吸器系詳細形状を再現したComputer Simulated Personの開発 (第3報) PBPK-CSP-CFD連成解析による経気道曝露リスクの定量評価, 日本建築学会九州支部研究発表会・研究報告, 2017.03.
3. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 呼吸器系詳細形状を再現したComputer Simulated Personの開発 (第1報) 気道内熱・水分移動予測による人体熱モデルの改良, 日本建築学会大会, 2015.09.
4. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 呼吸器系詳細形状を再現したComputer Simulated Personの開発 (第2報) 室内濃度分布解析と連成した経気道暴露濃度予測, 空気調和衛生工学会大会, 2015.09.
5. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 気道モデルを統合した数値人体モデルの開発 気道内対流熱伝達率解析による人体熱モデルの改良, 空気調和衛生工学会大会, 2014.09.
6. Sung-Jun Yoo,伊藤一秀, 気道内対流熱伝達率解析結果を用いた数値人体熱モデルの改良, 空気調和・衛生工学会九州支部学術研究発表会, 2014.05.
学会活動
所属学会名
室内環境学会
空気調和衛生工学会
日本建築学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03, 日本建築学会九州支部研究発表会・研究報告, 司会.
2017.09, Healthy Buildings 2017, 座長(Chairmanship).
2017.03, 日本建築学会九州支部研究発表会・研究報告, 司会(Moderator).
2017.11.29~2017.12.01, CSS-EEST19, The 19th Cross Straits Symposium on Energy and Environmental Science and Technology, HP作成・維持,韓国側連絡担当.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度      
2018年度      
受賞
Best Paper Award, Indoor and Built Environment, 2019.06.
室内環境学会大会 大会長奨励賞, 一般社団法人 室内環境学会, 2017.12.
IAQVEC 2016 Best Paper Award, IAQVEC 2016, 2016.10.
日本建築学会大会学術講演会 環境工学委員会 若手優秀発表賞, 日本建築学会 環境工学委員会, 2015.10.
空気調和・衛生工学会 九州支部長賞, 2014.05.
大韓建築学会 優秀卒業論文展 優秀賞, 大韓建築学会長, 2013.02.
嶺南大学建築学部卒業作品展(建築設計) 奨励賞, 嶺南大学建築学部長, 2011.02.
嶺南大学建築学部卒業作品展(論文) 優秀賞, 大韓建築学会大邱慶北支会長, 2011.02.
嶺南大学の栄光あるY型人材賞, 韓国 嶺南大学総長, 2011.02.
GREEN LEADER養成プログラム 最優秀賞, 韓国 環境部長官, 2011.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 若手研究(B), 代表, 環境流体工学手法によるラット・サル・ヒトの経気道暴露メカニズムの解明.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2017年度~2017年度, LIXIL住生活財団 若手研究助成(若手研究者), 代表, 電子煙草(e-Cigarette)使用に伴う1次曝露と室内環境中での2次・3次曝露の定量評価モデル.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」