九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
明石 欽司(あかし きんじ) データ更新日:2019.10.23



主な研究テーマ
国際法基礎理論
キーワード:国家 主権 法源
1983.04~2018.05.
国際法史
キーワード:国際法 歴史 国家 主権
1980.04~2023.03.
従事しているプロジェクト研究
近代国際法における主権観念成立史研究――現代国際法学の再構成のために
2019.04, 代表者:明石欽司.
外交官、国際法学者、そして裁判官としての安達峰一郎に関する総合的研究
2017.04~2021.03, 代表者:柳原正治, 放送大学, 放送大学
安達峰一郎(常設国際司法裁判所長)の総合的研究.
山形大学安達峰一郎研究プロジェクト
2012.04~2017.03, 代表者:柳原正治, 放送大学, 山形大学
日本の外交官で常設国際司法裁判所長を務めた安達峰一郎の業績を国際法と国際政治の観点から評価.
研究業績
主要著書
1. 明石欽司, 不可視の「国際法」---ホッブズ・ライプニッツ・ルソーの可能性---, 慶應義塾大学出版会, 2019.01.
2. Akashi Kinji, Cornelius van Bynkershoek: His Role in the History of International Law, Kluwer Law International, The Hague, London and Boston, 1998.10.
3. 明石 欽司, 『ウェストファリア条約---その実像と神話---』, 慶応義塾大学出版会, 2009.10.
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
世界法学会
国際法学会
学協会役員等への就任
2016.05~2019.05, 世界法学会, 理事.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Max-Planck-Institut für ausländisches öffentliches Recht und Völkerrech, Germany, 2005.04~2006.03.
Max-Planck-Institut für europäische Rechtsgeschichte, Germany, 2004.04~2005.04.
Centre de droit international, Universite Libre de Bruxelles , Belgium, 1995.08~1996.04.
T. M. C. Asser Instituut, Centre de droit international, Universite Libre de Bruxelles, Max-Planck-Institut für ausländisches öffentliches Recht und Völkerrecht, Netherlands, Belgium, Germany, 1990.08~1991.08.
受賞
義塾賞, 慶應義塾, 2010.10.
第三二回安達峰一郎記念賞(1999年), (財)安達峰一郎記念館, 1999.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(C), 代表, 近代国際法における主権観念成立史研究――現代国際法学の再構成のために.
2017年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, 外交官、国際法学者、そして裁判官としての安達峰一郎に関する総合的研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」