九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
内田 大輔(うちだ だいすけ) データ更新日:2019.05.22

講師 /  経済学研究院 産業・企業システム部門 日本経営論


主な研究テーマ
日本企業の株主総会
キーワード:エージェンシー理論,制度理論,コーポレート・ガバナンス,日本企業
2015.04.
日本の大企業における新卒採用行動
キーワード:模倣行動,社会化,日本企業
2014.08.
日本企業の取締役会
キーワード:エージェンシー理論,スチュワードシップ理論,制度理論,コーポレート・ガバナンス,日本企業
2013.04.
研究業績
主要原著論文
1. Daisuke Uchida, The consequence of differences: How heterogeneity in practice adaptations affects the diffusion process, Asia Pacific Journal of Management, 2019.12.
2. 内田 大輔, 株主による企業への関与:日本企業の株主総会に関する実証分析, 組織科学, 50, 2, 55-68, 2016.12.
3. 内田 大輔, 経営慣行からの逸脱行動:株主総会開催日の分散化を事例に, 日本経営学会誌, 37, 51-63, 2016.09.
主要学会発表等
1. Uchida Daisuke, The Consequence of Differences: How Heterogeneity in Practice Affects Diffusion process., Academy of Management Annual Meeting, 2015.08.
2. Uchida Daisuke, Glenn Hoetker, Imitation? Environmental Signals and Similarity of Behavior in Hiring by Japanese Firms, 1974-2011., Academy of Management Annual Meeting, 2015.08.
学会活動
所属学会名
Academy of Management
Strategic Management Society
組織学会
日本経営学会
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
アリゾナ州立大学W.P.カーリー校, UnitedStatesofAmerica, 2013.08~2014.08.
受賞
Award for PhD researchers, Asia-Pacific Researchers in Organization Studies, 2013.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 特別推進研究, 分担, 新カテゴリの創造と制度化:新興企業正当化過程の理論・実証研究.
2017年度~2019年度, 若手研究(B), 代表, 日本企業の取締役選任における株主の役割:議決権行使結果を用いたマルチレベル分析.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 分担, 協働の組織化・制度化と能力構築:パネルデータに基づく日本の監査法人業界の実証研究.
2015年度~2016年度, 研究活動スタート支援, 代表, 統治メカニズムとしての株主の機能とその歴史的変化:日本企業の株主総会の実証分析.
2013年度~2014年度, 特別研究員奨励費, 代表, 制度の運用における差異を導く要因に関する実証研究:日本企業の取締役会改革を事例に.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」