九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
城 一裕(じようかずひろ) データ更新日:2019.04.08



主な研究テーマ
メディア・アート
キーワード:メディア・アート,メディア考古学,パーソナル・ファブリケーション
2016.03~2021.03.
従事しているプロジェクト研究
パーソナル・ファブリケーション以降の芸術表現に向けた視聴覚メディアの系譜学
2015.04~2017.03, 代表者:城一裕, 九州大学
本研究では視聴覚メディアの形成過程を実践と理論の二つの側面から調査し,その機能や役割が歴史的に固定される以前の可能性についての理解を深める.そして,この理解をパーソナル・ファブリケーションを中心とする技術・社会環境における芸術表現に活用する方法を提案する.現在マス・プロダクトとなった視聴覚メディアの系譜をたどると,発明期にあった多様な可能性がその時代の文化のなかで次第に限定され,特定の機能や役割が固定されていく過程を見ることができる.そこで,本研究ではこうしたマス・プロダクションから排除されたメディアの可能性を,パーソナル・ファブリケーションを通じて「再発明」しようとする..
研究業績
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Kazuhiro JO, Re-Inventing the Wheel: To Embody the Possible Presents, CHI 2016 CrossFAB workshop, 2016.05.08, [URL].
2. 城 一裕, A study of “a record without prior acoustic information”, Sound Art Matters 2016, 2016.06.02, [URL].
作品・ソフトウェア・データベース等
1. 城一裕, A record without (or with) prior acoustic information, 2016.03, [URL].
学会活動
所属学会名
先端芸術音楽創作学会
音響学会
情報処理学会
ACM
学協会役員等への就任
2016.04~2021.03, 先端芸術音楽創作学会, 運営委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度    
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, パーソナル・ファブリケーション以降の芸術表現に向けた
視聴覚メディアの系譜学.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」