九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
荻野 由紀子(おぎの ゆきこ) データ更新日:2018.06.01



主な研究テーマ
魚類を用いた二次性徴発現と個体認知・情動制御システムの解明

キーワード:環境 内分泌応答 ストレス
2018.01~2018.05.
アンドロゲン応答形質の多様化と適応の分子機構
環境モニタリングメダカの開発

キーワード:男性ホルモン(アンドロゲン)、二次性徴、形態多様化、ゲノム重複, 内分泌かく乱化学物質
2016.04~2020.04.
研究業績
主要原著論文
1. Yukiko Ogino, Shigehiro Kuraku, Hiroshi Ishibashi, Hitoshi Miyakawa, Eri Sumiya, Shinichi Miyagawa, Hajime Matsubara, Gen yamada, Michael E. Baker, Taisen Iguchi, Neofunctionalization of androgen receptor by gain-of-function mutations in teleost fish lineage, Molecular Biology and Evolution, 33, 228-244, 2016.01.
2. Yukiko Ogino, Ikumi Hirakawa, Keiji Inohaya, Eri Sumiya, Shinichi Miyagawa, Nancy Denslow, Gen Yamada, Norihisa Tatarazako, Taisen Iguchi, Bmp7 and Lef1 are the down stream effectors of androgen signaling in androgen-induced sex characteristics development in medaka, Endocrinology, 155, 449-462, 2014.02.
3. Yukiko Ogino, Shinichi Miyagawa, Hironori Katoh, Gail S. Prins, Taisen Iguchi, Gen Yamada, Essential functions of androgen signaling emerged through the developmental analysis of vertebrate sex characteristics, Evolution and Development, 13, 315-325, 2011.05.
4. Yukiko Ogino, Hironori Katoh, Shigehiro Kuraku, Gen Yamada, Evolutionary history and functional characterization of androgen receptor genes in jawed vertebrates, Endocrinology, 150, 5415-5427, 2009.12.
主要学会発表等
1. Yukiko Ogino, Hirotaka Sakamoto, Eiji Watanabe and Taisen Iguchi, Diversification of androgen receptor function underlies secondary sex characteristics development of teleost fishes. , 4th Strategic Meeting for Medaka Research,3rd Regional Fish Meeting, 2018.04.
2. 荻野由紀子、坂本浩隆、井口泰泉, 真骨魚類をモデルとしたアンドロゲンによる雄性形質発現・生理作用の分子機構解析, 2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017), 2017.12.
3. 荻野 由紀子, 井口泰泉, 魚類の多様な雄性形質発現の分子機構, 第26回日本行動神経内分泌研究会, 2017.04.
4. 荻野 由紀子, 井口泰泉, Evolutionary diversification of androgen dependent sex characteristics development in teleost fishes., The 22nd International Congress of Zoology, 2016.11.
5. 荻野 由紀子, 真骨魚類の多彩な二次性徴形質発現の分子機構
“メダカ、卵胎生魚類カダヤシ、ソードティルフィッシュを用いた比較解析”, ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会, 2016.08.
6. 荻野 由紀子, Functional and evolutionary analyses of androgen receptor gene in teleost fishes: Molecular basis of diversified sex characteristics development, 小型魚類研究会, 2016.08.
学会活動
所属学会名
日本行動神経内分泌研究会
日本比較内分泌学会
日本生化学会
日本水産学会
日本分子生物学会
環境ホルモン学会
日本発生生物学会
日本動物学会
学協会役員等への就任
2018.05~2020.03, 環境ホルモン学会, 評議員.
2016.09~2019.09, 日本動物学会, 男女共同参画委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.10~2018.09, Scientific Report, 国際, 編集委員.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 原点「ミネラルコルチコイドの普遍的機構」から俯瞰するステロイドホルモンの機能分化.
2015年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 環境依存型性決定研究のモデル化とメカニズム解析.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, アンドロゲン応答形質の多様化と適応の分子生物学的基盤.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2019年度, 内藤記念女性研究者研究助成金, 代表, 魚類を用いた二次性徴発現と個体認知・情動制御システムの解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」