九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
松岡 悠太(まつおか ゆうた) データ更新日:2019.06.26

助教 /  薬学研究院 創薬科学部門 生体分子情報学講座


主な研究テーマ
酸化脂質由来アルデヒド化合物の体系的プロファイリングシステムの構築
キーワード:脂質過酸化反応、アルデヒド、HPLC、質量分析
2018.04.
生体内ラジカル種の検出・構造解析手法の開発
キーワード:フリーラジカル、脂質、タンパク質、ニトロキシルラジカル、蛍光分析法、LCMS
2015.04~2018.03.
研究業績
主要原著論文
1. Matsuoka Y, Ohkubo K, Yamasaki T, Yamato M, Ohtabu H, Shirouzu T, Fukuzumi S, Yamada KI, A profluorescent nitroxide probe for ascorbic acid detection and its application to quantitative analysis of diabetic rat plasma, RSC Advances, 10.1039/C6RA07693A, 60907-60915, 2016.06, [URL].
2. Yamada KI, Mito F, Matsuoka Y, Ide S, Shikimachi K, Fujiki A, Kusakabe D, Ishida Y, Enoki M, Tada A, Ariyoshi M, Yamasaki T, Yamato M, Fluorescence probes to detect lipid-derived radicals, Nature Chemical Biology, 10.1038/nchembio.2105, 12, 608-613, 2016.04, [URL], Lipids and their metabolites are easily oxidized in chain reactions initiated by lipid radicals, forming lipid peroxidation products that include the electrophiles 4-hydroxynonenal and malondialdehyde. These markers can bind cellular macromolecules, causing inflammation, apoptosis and other damage. Methods to detect and neutralize the initiating radicals would provide insights into disease mechanisms and new therapeutic approaches. We describe the first high-sensitivity, specific fluorescence probe for lipid radicals, 2,2,6-trimethyl-4-(4-nitrobenzo[1,2,5]oxadiazol-7-ylamino)-6-pentylpiperidine-1-oxyl (NBD-Pen). NBD-Pen directly detected lipid radicals in living cells by turn-on fluorescence. In a rat model of hepatic carcinoma induced by diethylnitrosamine (DEN), NBD-Pen detected lipid radical generation within 1 h of DEN administration. The lipid radical scavenging moiety of NBD-Pen decreased inflammation, apoptosis and oxidative stress markers at 24 h after DEN, and liver tumor development at 12 weeks. Thus, we have developed a novel fluorescence probe that provides imaging information about lipid radical generation and potential therapeutic benefits in vivo..
3. Matsuoka Y, Yamato M, Yamada KI, Fluorescence probe for the convenient and sensitive detection of ascorbic acid, Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition, 10.3164/jcbn.15-105, 58, 16-22, 2016.01, [URL].
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本酸化ストレス学会
日本薬学会
Society for Redox Biology and Medicine
日本がん分子標的治療学会
日本電子スピンサイエンス学会
日本ケミカルバイオロジー学会
受賞
星野賞 研究奨励賞, 第29回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 2016.09.
最優秀発表賞, 第68回日本酸化ストレス学会学術集会, 2015.06.
SEST Excellent Presentation Award, APES2014 IES SEST 2014 (The 53rd SEST Annual Meeting),, 2014.11.
年会優秀発表賞, 日本薬学会第134年会, 2014.03.
年会優秀発表賞, 日本薬学会第133年会, 2013.03.
年会優秀発表賞・講演ハイライト採択, 日本薬学会第132年会, 2012.03.
優秀発表賞, 第28回日本薬学会九州支部会, 2011.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2019年度, 若手研究(A), 代表, 脂質アルデヒドの体系的プロファイリングシステムの構築およびその応用.
2016年度~2017年度, 若手研究(スタートアップ), 代表, 生体内脂質ラジカルの構造解析法の開発とその応用.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2013年度~2015年度, 特別研究員, 代表, 脂質・タンパク質ラジカルの選択的検出・同定手法の開発.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, QRプログラム わかばチャレンジ, 代表, 脂質断片化ラジカルを標的とした包括的脂質ラジカル構造推定法の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」