九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
木村 政伸(きむら まさのぶ) データ更新日:2019.06.14



主な研究テーマ
近世教育史
キーワード:寺子屋 識字
2016.09~2020.03.
研究業績
主要著書
1. 平田諭治(筑波大)、@木村政伸(九大)、柏木敦(大阪市立大)、大谷奨(筑波大)、樋浦郷子(国立歴史民俗博物館)、白岩伸也(筑波大院)、須田将司(東洋大)、鳥居和代(金沢大)、衛藤吉則(広島大), 日本教育史, ミネルヴァ書房, 全198頁。木村執筆部分は、21~38頁。, 2019.01, 日本教育の通史を、従来の時代別ではなく問題別に構成した意欲的な研究書。第2章「読み書きができるということはどういうことか」を執筆.
2. 鈴木理恵(広大)、@木村政伸(九大)、川村肇(独協大)、柏木敦(大阪市立大)、坂本紀子(北海道教育大)、宮坂朋幸(大阪商業大)、清水康幸(青山学院女子短大)、米田俊彦(お茶の水女子大)、北村嘉恵(北大)、佐野通夫(こども宝仙大学)、新保敦子(早大)、山名淳(東大)、宮本健市郎(関西学院大)、井上恵美子(フェリス女学院大)、李正連(東大)、野々村淑子(九大)、松浦良充(慶大)、吉川卓治(名大)、今井航(別府大)、山田恵吾(埼玉大)、一見真理子(国立教育政策研究所)、渡邊隆信(神戸大)、世良正浩(明治学院大)、遠藤孝夫(岩手大), 教育史研究の最前線Ⅱ, 六花出版, 全307ページ。木村執筆部分は、9~17頁。, 2018.05, 教育史学会60周年の記念誌として、2000年以降刊行された研究書を中心に、研究動向と研究課題をまとめたものである。第1章第2節「子ども史、地域教育史及び識字などに関する研究」を執筆。.
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
学会活動
所属学会名
日本教育学会
全国地方教育史学会
教育史学会
学協会役員等への就任
2018.09~2019.08, 教育史学会, 編集委員・書評委員長.
2000.05~2019.05, 全国地方教育史学会, 幹事.
2013.10~2019.09, 教育史学会, 理事.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.10~2016.09, 日本の教育史学, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度   23      23 

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」