九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
菅 史彦(すが ふみひこ) データ更新日:2018.06.20

助教 /  経済学研究院 経済工学部門 政策分析講座


主な研究テーマ
企業年金と賃金決定メカニズムに関する構造推定
キーワード:企業年金、スクリーニング
2014.04~2018.03.
日本における大学院教育の効果の推定
キーワード:大学院教育、賃金関数、操作変数、局所的平均処置効果
2016.06~2017.12.
研究業績
主要原著論文
1. Masahiro Hori, Koichiro Iwamoto, Takeshi Niizeki, Fumihiko Suga, Do the Rich Save More in Japan? Evidence Based on two Micro Data Sets for the 2000s, Japanese Economic Review, https://doi.org/10.1111/jere.12107, 67, 4, 474-494, 2016.12, Using two household surveys, this paper investigates whether the saving rates of richer households are higher than those of poorer households in Japan. We construct a number of proxies for lifetime wealth, including those original to this study, and find marginally positive correlations between saving rates and lifetime wealth for working-age households. We further find that the relationship between saving rates and lifetime wealth differs depending on the life stage of individual households. Older households with higher lifetime wealth appear to be dissaving to some extent, which is more or less consistent with the lifecycle model of consumption..
学会活動
所属学会名
日本経済学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.06.09~2018.06.10, 日本経済学会 2018年度 春季大会, プログラム委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2018年度, 研究活動スタート支援, 代表, ライフサイクルモデルの構造推定と、推定したモデルを用いた制度・政策分析.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」