九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
笹平 裕史(ささひら ひろふみ) データ更新日:2018.06.15

准教授 /  数理学研究院 数学部門


主な研究テーマ
ゲージ理論を用いた3次元と4次元トポロジーの研究をしている.
キーワード:ゲージ理論, トポロジー
2007.04.
研究業績
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本数学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.02~2018.02.12, Gauge theory in Fukuoka, オーガナイザー.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Max Planck Institute , Germany, 2014.11~2014.12.
Harvard university, UnitedStatesofAmerica, 2012.08~2013.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2019年度, 若手研究(A,B), 代表, Floer 理論のホモトピー論的研究とその応用.
2013年度~2015年度, 若手研究(A,B), 代表, 精密化されたゲージ理論的不変量の研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」