九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
川尻 雄大(かわしり たけひろ) データ更新日:2019.02.07

助教 /  薬学研究院 臨床薬学部門 臨床育薬学


主な研究テーマ
抗がん剤による末梢神経障害の発現メカニズム解明と対応策の確立
キーワード:抗がん剤、有害事象、末梢神経障害
2011.04.
医薬品の適正使用・有害事象に関する研究
キーワード:適正使用、有害事象
2011.04.
研究業績
主要著書
1. 一般社団法人 日本TDM学会、一般社団法人 日本移植学会, 免疫抑制薬TDM標準化ガイドライン [臓器移植編] 2018(腎移植‐タクロリムスに関する箇所を担当), 金原出版株式会社, 2018.10.
2. 日本 TDM 学会TDM 実例集編集委員会, 臨床現場で役立つ!実例から学ぶ TDM のエッセンス、じほう社、[執筆] ベイジアン法を用いた解析によりフェニトインの投与スケジュール変更を行った症例  p67-70., 2016.05.
3. 増田 智先, 渡邊 裕之, 金谷 朗子, 処方箋×検査値の読み方 よくあるケースに自信をもって疑義照会する、じほう社、[執筆] STEP 4. ケースでわかる検査値の読み方と疑義照会
CASE 11. フィブラート系薬剤投与で肝機能悪化? p134-139. 
CASE 13. フェニトイン増量後にだるさと眠気…検査値はどこを見る? p146-151
, 2016.09.
主要原著論文
1. Yano T, Itoh Y, Matsuo M, Kawashiri T, Egashira N, Oishi R, Involvement of both tumor necrosis factor-alpha-induced necrosis and p53-mediated caspase-dependent apoptosis in nephrotoxicity of cisplatin, APOPTOSIS, 10.1007/s10495-007-0110-8, 12, 10, 1901-1909, 2007.10.
2. Kawashiri T, Egashira N, Itoh Y, Shimazoe T, Ikegami Y, Yano T, Yoshimura M, Oishi R, Neurotropin reverses paclitaxel-induced neuropathy without affecting anti-tumour efficacy, EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 10.1016/j.ejca.2008.10.004, 45, 1, 154-163, 2009.01.
3. Sakurai M, Egashira N, Kawashiri T, Yano T, Ikesue H, Oishi R, Oxaliplatin-induced neuropathy in the rat: Involvement of oxalate in cold hyperalgesia but not mechanical allodynia, PAIN, 10.1016/j.pain.2009.09.003, 147, 1-3, 165-174, 2009.12.
4. Egashira N, Hirakawa S, Kawashiri T, Yano T, Ikesue H, Oishi R, Mexiletine reverses oxaliplatin-induced neuropathic pain in rats, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 10.1254/jphs.10012SC, 112, 4, 473-476, 2010.04.
5. Mihara Y, Egashira N, Sada H, Kawashiri T, Ushio S, Yano T, Ikesue H, Oishi R, Involvement of spinal NR2B-containing NMDA receptors in oxaliplatin-induced mechanical allodynia in rats, MOLECULAR PAIN, 10.1186/1744-8069-7-8, 7, 2011.01.
6. Tatsushima Y, Egashira N, Kawashiri T, Mihara Y, Yano T, Mishima K, Oishi R, Involvement of substance P in peripheral neuropathy induced by paclitaxel but not oxaliplatin, JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS, 10.1124/jpet.110.175976, 337, 1, 226-235, 2011.04.
7. Kawashiri T, Egashira N, Watanabe H, Ikegami Y, Hirakawa S, Mihara Y, Yano T, Ikesue H, Oishi R, Prevention of oxaliplatin-induced mechanical allodynia and neurodegeneration by neurotropin in the rat model, EUROPEAN JOURNAL OF PAIN, 10.1016/j.ejpain.2010.08.006, 15, 4, 344-350, 2011.04.
8. Tatsushima Y, Egashira N, Matsushita N, Kurobe K, Kawashiri T, Yano T, Oishi R, Pemirolast reduces cisplatin-induced kaolin intake in rats, EUROPEAN JOURNAL OF PHARMACOLOGY, 10.1016/j.ejphar.2011.04.026, 661, 1-3, 57-62, 2011.07.
9. Yamashita Y, Egashira N, Masuguchi K, Ushio S, Kawashiri T, Oishi R, Comparison of peripheral neuropathy induced by standard and nanoparticle albumin-bound paclitaxel in rats, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 10.1254/jphs.11062SC, 117, 2, 116-120, 2011.10.
10. Kawashiri T, Egashira N, Kurobe K, Tsutsumi K, Yamashita Y, Ushio S, Yano T, Oishi R, L type Ca2+ channel blockers prevent oxaliplatin-induced cold hyperalgesia and TRPM8 overexpression in rats, MOLECULAR PAIN, 10.1186/1744-8069-8-7, 8, 2012.01.
11. Shirahama M, Ushio S, Egashira N, Yamamoto S, Sada H, Masuguchi K, Kawashiri T, Oishi R, Inhibition of Ca2+/Calmodulin-dependent protein kinase II reverses oxaliplatin-induced mechanical allodynia in Rats, MOLECULAR PAIN, 10.1186/1744-8069-8-26, 8, 2012.04.
12. Sada H, Egashira N, Ushio S, Kawashiri T, Shirahama M, Oishi R, Repeated Administration of Amitriptyline Reduces Oxaliplatin-Induced Mechanical Allodynia in Rats, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 10.1254/jphs.12006SC, 118, 4, 547-551, 2012.04.
13. Ushio S, Egashira N, Sada H, Kawashiri T, Shirahama M, Masuguchi K, Oishi R, Goshajinkigan reduces oxaliplatin-induced peripheral neuropathy without affecting anti-tumour efficacy in rodents, EUROPEAN JOURNAL OF CANCER, 10.1016/j.ejca.2011.08.009, 48, 9, 1407-1413, 2012.06.
14. 辻 敏和, 今井 智之, 川尻 雄大, 窪田 敏夫, 平川 良宏, 末安 正典, 江頭 伸昭, 大石 了三, 麻薬の調剤過誤防止におけるISO9001品質管理システムの効果, 医療薬学, 38:350-358., 2012.06.
15. Yamada T, Nonaka T, Yano T, Kubota T, Egashira N, Kawashiri T, Oishi R, Simplified dosing regimens of teicoplanin for patient groups stratified by renal function and weight using Monte Carlo simulation, INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 10.1016/j.ijantimicag.2012.05.025, 40, 4, 344-348, 2012.10.
16. Tatsushima Y, Egashira N, Narishige Y, Fukui S, Kawashiri T, Yamauchi Y, Oishi R, Calcium channel blockers reduce oxaliplatin-induced acute neuropathy: A retrospective study of 69 male patients receiving modified FOLFOX6 therapy, BIOMEDICINE & PHARMACOTHERAPY, 10.1016/j.biopha.2012.10.006, 67, 1, 39-42, 2013.02.
17. Tsutsumi K, Yamashita Y, Ushio S, Kawashiri T, Kaname T, Fujita S, Oishi R, Egashira N, Oxaliplatin induces hypomyelination and reduced neuregulin 1 expression in the rat sciatic nerve, NEUROSCIENCE RESEARCH, 10.1016/j.neures.2014.02.004, 80, 86-90, 2014.03.
18. Masuguchi K, Watanabe H, Kawashiri T, Ushio S, Ozawa N, Morita H, Oishi R, Egashira N, Neurotropin (R) relieves oxaliplatin-induced neuropathy via G(i) protein-coupled receptors in the monoaminergic descending pain inhibitory system, LIFE SCIENCES, 10.1016/j.lfs.2013.12.229, 98, 1, 49-54, 2014.03.
19. Yamada T, Kubota T, Nakamura M, Ochiai M, Yonezawa M, Yano T, Kawashiri T, Egashira N, Hara T, Masuda S, Evaluation of teicoplanin concentrations and safety analysis in neonates, INTERNATIONAL JOURNAL OF ANTIMICROBIAL AGENTS, 10.1016/j.ijantimicag.2014.07.005, 44, 5, 458-462, 2014.11.
20. Tsuji T, Irisa T, Tagawa S, Kawashiri T, Ikesue H, Kokubu C, Kanaya A, Egashira N, Masuda S, Differences in recognition of similar medication names between pharmacists and nurses: a retrospective study, J PHARMA HEALTH CARE SCI, 1, 19, 2015.07.
21. Yamamoto S, Kawashiri T, Higuchi H, Tsutsumi K, Ushio S, Kaname T, Shirahama M, Egashira N, Behavioral and pharmacological characteristics of bortezomib-induced peripheral neuropathy in rats, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 10.1016/j.jphs.2015.08.006, 129, 1, 43-50, 2015.09.
22. Higuchi H, Yamamoto S, Ushio S, Kawashiri T, Egashira N, Goshajinkigan reduces bortezomib-induced mechanical allodynia in rats: Possible involvement of kappa opioid receptor, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 10.1016/j.jphs.2015.09.004, 129, 3, 196-199, 2015.11.
23. Fujita S, Ushio S, Ozawa N, Masuguchi K, Kawashiri T, Oishi R, Egashira N, Exenatide Facilitates Recovery from Oxaliplatin-Induced Peripheral Neuropathy in Rats, PLOS ONE, 10.1371/journal.pone.0141921, 10, 11, 2015.11.
24. 矢野 貴久, 川尻 雄大, 末次 王卓, 山田 孝明, 山本 奈々絵, 梶原 望渡, 増田 智先, 電気化学免疫測定法(ECLIA 法)を用いたtacrolimus およびcyclosporin A 血中濃度測定に関する臨床的評価, 移植, 51:58-65., 2016.01.
25. 矢野 貴久, 川尻 雄大, 山田 孝明, 末次 王卓, 山本 奈々絵, 土谷 祐一, 松川 公美, 梶原 望渡, 増田 智先, メトトレキサート血中濃度測定における化学発光免疫測定法(CLIA法)と従来法との比較検討, TDM 研究, 33:9-14., 2016.01.
26. Tsutsumi K, Kaname T, Shiraishi H, Kawashiri T, Egashira N, Polaprezinc reduces paclitaxel-induced peripheral neuropathy in rats without affecting anti-tumor activity, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 10.1016/j.jphs.2016.04.019, 131, 2, 146-149, 2016.06.
27. 辻 敏和, 永田 健一郎, 川尻 雄大, 山田 孝明, 入佐 俊弘, 村上 裕子, 金谷 朗子, 江頭 伸昭, 増田 智先, 薬効別の薬剤配置下における調剤エラーの発生タイミングとその後の患者への危険性との関係, 薬学雑誌, 136, 11, 1573-1584, 2016.11.
28. 吉澤 裕子, 石田 茂, 川尻 雄大, 南 晴奈, 益口 賢, 齊藤 麻美, 渡邊 裕之, 江頭 伸昭, 古庄 憲浩, 増田 智先, C型肝炎ウイルスに対する直接作用型抗ウイルス薬による血清脂質の変化, 九州薬学会会報, 71, 45-50, 2017.07.
29. Yamamoto S, Ushio S, Egashira N, Kawashiri T, Mitsuyasu S, Higuchi H, Ozawa N, Masuguchi K, Ono Y, Masuda S, Excessive spinal glutamate transmission is involved in oxaliplatin-induced mechanical allodynia: a possibility for riluzole as a prophylactic drug, SCIENTIFIC REPORTS, 10.1038/s41598-017-08891-1, 7, 1, 9661, 2017.08.
30. Kawashiri T, Miyagi A, Shimizu S, Shigematsu N, Kobayashi D, Shimazoe T, Dimethyl fumarate ameliorates chemotherapy agent-induced neurotoxicity in vitro, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 37:202-211., 2018.07.
31. 進 健司,小林 大介,川尻 雄大,牛島 悠一,梅田 勇一,金澤 康範,神村 英利,島添 隆雄, 精神科外来における診察前薬剤師面談の患者による評価, 薬学雑誌, 139, 2, 317-325, 2019.02.
32. Miyagi A*, Kawashiri T*, Shimizu S, Shigematsu N, Kobayashi D, Shimazoe T (*equal contribution), Dimethyl fumarate attenuates oxaliplatin-induced peripheral neuropathy without affecting the anti-tumor activity of oxaliplatin in rodents, Biol Pharm Bull. (in press) .
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 大石 了三, 動物実験から見たオキサリプラチン誘発末梢神経障害の発現機序と対策, ペインクリニック 2010;31:877-884., 2010.07.
2. 江頭 伸昭, 川尻 雄大, 大石 了三, 抗がん剤による末梢神経障害の治療薬の現状
, 日本薬理学雑誌2010;136:275-279., 2010.11.
3. 江頭 伸昭, 川尻 雄大, 大石 了三, オキサリプラチンによる末梢神経障害の発現機序と治療薬の基礎的エビデンス, 日本薬理学雑誌 2013;141:66-70., 2013.02.
4. 矢野 貴久, 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 大石 了三, 抗がん薬による副作用発現とサブスタンスP, 日本薬理学雑誌 2013;142:255., 2013.11.
5. 牛尾 聡一郎, 川尻 雄大, 江頭 伸昭, オキサリプラチンによる末梢神経障害に対する牛車腎気丸の効果に関する基礎的エビデンス, 日本薬理学雑誌 2014;143:126-130., 2014.03.
主要学会発表等
1. 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 伊藤 善規, 島添 隆雄, 池上 瑤子, 矢野 貴久, 吉村 惠, 大石 了三, パクリタキセル誘発末梢神経障害に対するノイロトロピンの保護効果 , 第81回日本薬理学会年会, 2008.03.
2. 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 櫻井 万理子, 矢野 貴久, 池末 裕明, 大石 了三, オキサリプラチン誘発末梢神経障害におけるオキサレート基の関与に関する追加研究
, 第82回日本薬理学会年会, 2009.03.
3. 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 大石 了三, パクリタキセルおよびオキサリプラチン誘発末梢神経障害の回避・軽減を目指した研究【シンポジウム】, 第3回緩和医療薬学会年会, 2009.10.
4. 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 櫻井 万理子, 矢野 貴久, 池末 裕明, 大石 了三, オキサレート基はラットにおいてオキサリプラチン誘発低温知覚異常には関与するが機械的アロディニアには関与しない , 第3回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2009.11.
5. 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 渡部 仁美, 平川 真吾, 三原 由記, 池上 瑶子, 佐田 光, 矢野 貴久, 池末 裕明, 大石 了三, オキサリプラチン誘発末梢神経障害に対するノイロトロピン反復投与の改善作用に関する研究(優秀発表賞受賞), 第62回日本薬理学会西南部会, 2009.11.
6. 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 渡部 仁美, 平川 真吾, 池上 瑶子, 矢野 貴久, 池末 裕明, 大石 了三, オキサリプラチン誘発末梢神経障害に対するノイロトロピンの改善効果 , 第83回日本薬理学会年会, 2010.03.
7. 川尻 雄大, 江頭 伸昭, 三原 由記, 佐田 光, 矢野 貴久, 池末 裕明, 大石 了三, オキサリプラチン誘発末梢神経障害ラットモデルにおけるNMDA受容体の関与(優秀発表賞受賞), 第4回日本緩和医療薬学会年会, 2010.09.
8. 川尻 雄大, 辰島 瑤子, 江頭 伸昭, 大石 了三, 抗がん剤による末梢神経障害の発現機序と対応策 【シンポジウム】, 第84回日本薬理学会年会, 2011.03.
9. 川尻 雄大, 辻 敏和, 今井 智之, 若杉 陽子, 窪田 敏夫, 平川 良宏, 末安 正典, 川重 誠, 江頭 伸昭, 大石 了三, 麻薬調剤における ISO9001品質管理システム導入とその効果, 日本薬学会第132年会, 2012.03.
10. 川尻 雄大, 抗がん剤による末梢神経障害の発現機序の解明と対応策に関する研究 【Postdoctral Award受賞講演】, 第22回日本医療薬学会年会, 2012.10.
11. 川尻 雄大, 山本 将大, 白濱 雅史, 江頭 伸昭, ボルテゾミブによる末梢神経障害の発現状況に関する調査研究, 第 7 回日本緩和医療薬学会年会, 2013.09.
12. Kawashiri T, Tsutsumi K, Ushio S, Egashira N, Masuda S, Prophylactic effect of calcium channel blockers against oxaliplatin-induced acute peripheral neuropathy., Experimental Biology 2014, 2014.04.
13. 川尻 雄大, 矢野 貴久, 山田 孝明, 牛尾 聡一郎, 小澤 奈々, 小野 佑子, 江頭 伸昭, 増田 智先, タクロリムスおよびシクロスポリン血中濃度測定法の特性に関する臨床的評価, 第50回日本移植学会総会, 2014.10.
14. 川尻 雄大, 堤 国章, 山本 将大, 牛尾 聡一郎, 江頭 伸昭, 増田 智先, オキサリプラチン、パクリタキセルおよびボルテゾミブによる末梢神経障害の発現機序の違い, 第 8 回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム, 2014.11.
15. 川尻 雄大, 矢野 貴久, 末次 王卓, 山田 孝明, 梶原 望渡, 増田 智先, ECLIA法を用いた タクロリムス および シクロスポリンの血中濃度測定に関する臨床的評価, 第51回日本移植学会総会, 2015.10.
16. 川尻 雄大, 益口 賢, 吉澤 裕子, 福田 未音, 石田 茂, 池末 裕明, 秦 晃二郎, 渡邊 裕之, 増田 智先, 乳がん患者における Docetaxel の溶解液量の差異による過敏反応抑制効果の検討, 第13回日本乳癌学会九州地方会, 2016.03.
17. 川尻 雄大, 腎移植後のカルシニューリン阻害薬の使用法【シンポジウム】, 第11回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会, 2017.10.
18. Kawashiri T, Miyagi A, Shimizu S, Shigematsu N, Kobayashi D, Shimazoe S., Dimethyl fumarate ameliorates chemotherapy agent-induced peripheral neuropathy, WCP2018 the 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology , 2018.07.
19. 座間味 義人*、川尻 雄大*、牛尾 聡一郎、新村 貴博、内田 真美、合田 光寛、岡田 直人、今西 正樹、武智 研志、中馬 真幸、堀ノ内 裕也、石澤 有紀、池田 康将、高取 真吾、川崎 博己、小林 大介、島添 隆雄、北村 佳久、千堂 年昭、石澤 啓介, 大規模医療情報を活用した抗がん剤誘発副作用に対する予防薬の探索【シンポジウム】, 第29回 霧島神経薬理フォーラム, 2018.08.
20. 川尻 雄大、宮城 杏奈、清水 栞、 重松 奈央、小林 大介、島添 隆雄, 既存の中枢神経変性疾患治療薬を オキサリプラチン誘発末梢神経障害の治療薬として ドラッグリポジショニングするための基盤研究, 第35回 日本薬学会 九州支部大会, 2018.11.
21. 川尻 雄大、小林 大介、宮城 杏奈、清水 栞、重松 奈央、座間味 義人、牛尾 聡一郎、新村 貴博、北村 佳久、 千堂 年昭、石澤 啓介、島添 隆雄, 抗がん薬による末梢神経障害の対応策確立を目指した研究【シンポジウム】, 第28回 日本医療薬学会年会, 2018.11.
学会活動
所属学会名
日本医療薬学会、日本薬学会、日本病院薬剤師会、日本TDM学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2009.10~2009.10.01, 第3回日本緩和医療薬学会年会, シンポジウム:シンポジスト.
2011.03~2011.03.01, 第84回日本薬理学会年会, シンポジウム:シンポジスト.
2017.10.01~2017.10.01, 第11回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会, シンポジウム:シンポジスト.
2018.11, 第28回 日本医療薬学会年会, シンポジウム:オーガナイザー、座長、シンポジスト.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2016.04, 九州山口薬学会/九州薬学会雑誌, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度    
受賞
第 63 回日本薬理学会西南部会 優秀発表賞, 2009.10.
第 4 回日本緩和医療薬学会年会 優秀発表賞, 2010.09.
日本医療薬学会 Postdoctoral Award, 2012.06.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, 抗がん薬による末梢神経障害の対応策確立のための基礎および臨床研究からのアプローチ.
2013年度~2014年度, 若手研究(B), 代表, オキサリプラチンによる末梢神経障害性疼痛の新規治療ターゲットの探索.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2012年度~2012年度, 中富健康科学振興財団 第24回研究助成金, 代表, 抗がん剤による末梢神経障害性疼痛の発現機序解明と対応策確立.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」