九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
横田 晋務(よこた すすむ) データ更新日:2018.06.15



主な研究テーマ
自閉症スペクトラム障害児における欺き行為の発達過程

キーワード:自閉症スペクトラム障害、欺き行為、実行機能
2010.04~2014.03.
自閉症スペクトラム障害児における欺き行為の神経基盤に関する脳神経科学的検討

キーワード:自閉症スペクトラム障害、欺き行為、機能的磁気共鳴画像方法(fMRI)
2013.04.
自閉症スペクトラム障害児における認知機能と脳機能、脳形態との関連

キーワード:自閉症スペクトラム障害、認知機能、脳形態、磁気共鳴画像法(MRI)
2014.04.
発達障害に対する潜在的態度と行動・認識との関連

キーワード:発達障害、潜在的態度
2016.04.
研究業績
主要著書
1. 横田 晋務, 川島 隆太, やってはいけない脳の習慣, 青春出版社, 2016.08.
主要原著論文
1. Matsudaira I*, Yokota S*, Hashimoto T, Takeuchi H, Asano K, Asano M, Sassa Y, Taki Y, Kawashima R, Parental praise correlates with posterior insular cortex gray matter volume in children and adolescents, Plos One, 10.1371/journal.pone.0154220, 2016.04.
2. Yokota S, Takeuchi H, Hashimoto T, Hashizume H, Asano K, Asano M, Sassa Y, Taki Y, Kawashima R, Individual differences in cognitive performance and brain structure in typically developing children, Developmental Cognitive Neuroscience, 10.1016/j.dcn.2015.05.003, 14, 1-7, 2015.05.
3. Yokota S, Tanaka M, The development of deceptive behavior in children with Autism Spectrum Disorder, Journal of Special Education Research, 10.6033/specialeducation.2.1, 2, 1, 1-9, 2013.04.
4. Yokota S, Taki Y, Hashizume H, Sassa Y, Thyreau B, Tanaka M, Kawashima R, Neural correlates of deception in social contexts in normally developing children, Frontiers in Human Neuroscience, 10.3389/fnhum.2013.00206, 2013.05.
主要学会発表等
1. Susumu Yokota, Teruo Hashimoto, Ryuta Kawashima, Neural correlates of deceptive behavior in children with autism spectrum disorder, Society for Neuroscience 2017, 2017.11.
2. 太幡 直也, 佐藤 拓, 菊地 史倫, 内田 伸子, 上宮 愛, 横田 晋務, 村井 潤一郎, 「隠す」心理を科学する―発達的視点から嘘を考える―, 日本心理学会, 2017.09.
3. 横田 晋務, 松崎 泰, 田中 真理, 発達障害への潜在的態度と学生支援への意識との関連, 日本特殊教育学会, 2017.09.
4. 横田 晋務, 田中 真理, 面髙 有作, 永瀬 開, 佐々木 銀河, 発達障害学生への学生サポーター導入の可能性と限界, 日本特殊教育学会, 2017.09.
5. 横田 晋務, 面髙 有作, 甲斐 更紗, 田中 真理, 大学教職員における発達障害学生への支援に対する意識, 全国高等教育障害学生支援協議会, 2017.06.
6. 横田晋務, 松崎泰, 田中真理, 発達障害への潜在的態度と障害に関する知識との関連, 日本発達心理学会第28回大会, 2017.03.
7. Yokota S, Takeuchi H, Asano K, Asano M, Sassa Y, Taki Y, Kawashima R, White matter fiber tract integrity and intelligence in typically developing children, The 22nd Organization for Human Brain Mapping, 2016.06.
8. 横田晋務, 自閉症スペクトラム障害児の課題遂行時の反応傾向について―反応時間に焦点をあてて―, 日本特殊教育学会第53回大会, 2015.09.
9. 横田晋務, 特別支援教育における発達障害への実験的接近(2)—自閉症スペクトラム障害児の高次認知機能—, 日本特殊教育学会第53回大会, 2015.09.
10. Yokota S, Takeuchi H, Hashimoto T, Hashizume H, Asano K, Asano M, Sassa Y, Taki Y, Kawashima R, Individual difference in cognitive performance and brain structure in typically developing children, The 21st Organization for Human Brain Mapping, 2015.06.
11. 横田晋務, 田中真理, 自閉症スペクトラム障害児における欺き行為と実行機能の関連, 日本特殊教育学会第52回大会, 2014.09.
12. 横田晋務, 児玉純子, 田中真理, 企業における高機能自閉症スペクトラム障害者への雇用支援体制, 日本特殊教育学会第51回大会, 2013.08.
13. Yokota S, Taki Y, Hashizume H, Sassa Y, Thyreau B, Kawashima R, Neural correlate of deceptive behavior in social context in normally developing children, The 19th Organization for Human Brain Mapping, 2013.06.
14. 横田晋務, 滝吉美知香, 永瀬開, 李熙馥, 田中真理, 佐藤健太郎, 小口万梨子, 松崎泰, 栗田裕生, 自閉性スペクトラム障害者は笑いやユーモア状況をいかに楽しむか(11)-視覚的補助要素を含んだユーモア課題における視線分析から-, 日本特殊教育学会第49回大会, 2011.09.
15. 横田晋務, 田中真理, 自閉症スペクトラム障害児における他者意図操作の発達-他者を欺く行為から-, 日本特殊教育学会第48回大会, 2010.09.
16. 横田晋務, 田中真理, 発達障害児を対象とした集団における対人関係支援-自己理解・他者理解の深まりを求めて-, 第29回日本心理臨床学会, 2010.09.
17. 横田晋務, 田中真理, 幼児期の欺き行為からみた他者意図理解の発達, 日本発達心理学会第21回大会, 2010.03.
18. 横田晋務, 滝吉美知香, 楳本泰亮, 李熙馥, 田中真理, 広汎性発達障害者は笑いやユーモア状況をいかに楽しむか(3)-笑いの表出と面白さの共有に着目して-, 日本特殊教育学会第46回大会, 2008.09.
19. 横田晋務, 田中真理, 自閉症児の課題遂行場面における共有性, 日本特殊教育学会第45回大会, 2007.09.
学会活動
所属学会名
Society for Neuroscience
Human brain mapping
日本心理学会
日本発達心理学会
日本特殊教育学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2015年度      
2016年度      
2017年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2010年度~2012年度, 特別研究員奨励費, 代表, 早期診断の指針としての自閉性障害児における他者意図理解の発達過程の解明.
2015年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 自閉症スペクトラム障害の診断、評価における脳画像の客観的指標への応用.
2016年度~2017年度, 新学術領域研究, 代表, 自閉症スペクトラム障害児における欺き行為の神経基盤.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.04~2018.03, 代表, 自閉症スペクトラム障害児・者における認知機能と脳形態の関連.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」