九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
山口 優(やまぐち ゆう) データ更新日:2019.06.06



主な研究テーマ
急変時のチームビルディングスキル向上のための机上シミュレーション
キーワード:急変時、チームビルディング、シミュレーション教育
2017.04~2019.03.
救急看護コンピテンシーの評価尺度の開発と検証
キーワード:コンピテンシー, 救急看護師
2017.04~2022.03.
救急看護師のSense of Coherenceに影響を与える要因
キーワード:救急看護、首尾一貫感覚
2012.04~2014.03.
従事しているプロジェクト研究
急変時のチームビルディングスキル向上のための机上シミュレーション
2017.04~2019.03, 代表者:船木淳, 神戸市看護大学, 神戸市看護大学
研究内容:A病院の救急病棟看護師の急変時対応におけるシミュレーション教育を実施し、対応力の変化を明らかにする。.
研究業績
主要原著論文
1. 山口 優, 江川 幸二, 平尾 明美, 救急看護師のSense of Coherenceに影響を与える要因, 日本救急看護学会, 18, 2, 1-10, 2016.07, Sense of Coherence(以下、SOC)とは、首尾一貫感覚と訳され、ストレス対処能力とも考えられている。これまでSOCがストレス対策に役に立つことや、SOCに負の影響を与える要因に対処することが必要であると報告されている。本研究では、救急看護師のSOCに影響を与える要因を明らかにすることを目的とし、質問紙調査を行った。救急看護師331名から返答(回収率56.9%)があり、うち297名を分析対象(有効回答率51.0%)とした。内的資源では、【仕事のコントロール】、【救急看護能力】、【モチベーション】、【職務満足度】、【緊張処理の成功体験】に、有意な相関がみられ、外的資源では【職場からの支援】に有意な相関がみられた。またSOCを従属変数、SOCに影響を与えると予測された要因を独立変数とした重回帰分析から、R2=.308、F=20.7(p<.001)で【救急看護能力(β=.270)】、【職務満足度(β=.214)】、【救急看護で直面する緊張処理の成功体験(β=.154)】、【頼りになる家族の存在(β=.153)】、【全次型の救急医療体制(β=-.145)】、【職場からの支援(β=.140)】(p<.01)に影響要因が認められた。これらの結果から、【救急看護能力】と【職務満足度】については、他の要因よりも強く影響しており、これら2つの要因を高めることが救急看護師のSOCを高めるための対策に特に重要であると示唆された。.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 山口 優, 【多臓器障害-疾患別に理解する病態と看護-】 事例で学ぶ看護ケアの実際 多臓器障害患者の看護ケア(事例:消化器術後編) これ以上患者の予後を悪化させないために, 重症患者ケア, 2016.12.
2. 山口 優, 【輸液ラインの「こんなときどうする?」】 末梢静脈ライン投与時の「こんなときどうする?」 狭心症の場面 末梢静脈ラインでソルデム3A輸液を投与中、硝酸薬(ニトロール)追加の指示にどうする?, Expert Nurse, 2016.05.
3. 山口 優, 【輸液ラインの「こんなときどうする?」】 末梢静脈ライン投与時の「こんなときどうする?」 栄養低下の場面 末梢静脈ラインで10%ブドウ糖液を投与中、脂肪乳剤(イントラリポス)追加の指示にどうする?, Expert Nurse, 2016.05.
4. 山口 優, 【輸液ラインの「こんなときどうする?」】 末梢静脈ライン投与時の「こんなときどうする?」 消化管保護の場面 末梢静脈ライン(18G)でソルアセトF輸液(またはソルデム3A輸液)を投与中、オメプラール追加の指示にどうする?, Expert Nurse, 2016.05.
5. 山口 優, 【輸液ラインの「こんなときどうする?」】 末梢静脈ライン投与時の「こんなときどうする?」 輸血の場面 末梢静脈ライン(18G)でソルアセトF輸液を投与中、輸血追加の指示にどうする?, Expert Nurse, 2016.05.
6. 山口 優, 救急外来看護師向けシミュレーション教育を導入して, EMERGENCY CARE, 2016.04, [URL].
7. 山口 優, 【大地震 そのときどうする? もしもに備える!災害急性期看護と整形外科】 外傷治療と看護師の役割, 整形外科看護, 2012.03, [URL].
主要学会発表等
1. 山口優, 国内の救急看護師のコンピテンシーに関する文献レビュー, 第20回日本救急看護学会学術集会, 2018.10.
2. 山口 優, 高尾 佳美, 奥田 有紀, 稲岡 佳子, 谷尻 淑子, 藤原 久美子, 利川 亜弥, 梅田 みゆき, 当院Rapid Response Systemの現状報告 救急病棟における予期せぬ院内CPA発生率の推移, 第17回日本救急看護学会学術集会, 2015.10, [URL].
3. 山口 優, 利川 亜弥, 梅田 みゆき, 谷尻 淑子, 藤原 久美子, 高尾 佳美, 脇本 泉, 瀬尾 龍太郎, 永田 一真, 亀井 博紀, 当院におけるRapid Response System導入と現状報告, 第42回日本集中治療医学会学術集会, 2015.02, [URL].
4. 山口 優, 江川 幸二, 平尾 明美, 救急看護師のSense of Coherenceに影響を与える要因, 第16回日本救急看護学会学術集会, 2014.10.
5. 山口 優, 平尾 明美, 江川 幸二, 田岡 奈津紀, 西浦 郁絵, 伊藤 由佳, 山口 亜希子, 上山 瑠美子, 救急外来における看護師のアンダートリアージ発生に関する要因, 第13回日本救急看護学会学術集会, 2011.10, [URL].
学会活動
所属学会名
日本看護研究学会
日本専門看護師協議会
日本集中治療医学会
日本救急看護学会
学協会役員等への就任
2019.10~2023.10, 日本救急看護学会, 評議員.
2015.10~2019.10, 日本救急看護学会, 評議員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.10~2019.10, 日本救急看護学会雑誌, 国内, 査読委員.
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
高雄医学大学, Taiwan, 2018.03~2018.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2021年度, 若手研究, 代表, 救急看護コンピテンシーの評価尺度の開発と検証.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」