九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
劉 維(リュウ ウェイ) データ更新日:2018.06.20

准教授 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門 核エネルギーシステム


主な研究テーマ
強制流動サブクール沸騰限界熱流束の発生メカニズムに関する実験的研究
キーワード:強制流動サブクール沸騰, 限界熱流束, 発生メカニズム, 実験研究
2017.04~2021.03.
狭隘流路における沸騰熱流動に関する研究
キーワード:気液二相流、伝熱、流動、沸騰、圧力損失,
2017.04~2019.03.
研究業績
主要著書
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本機械学会
日本原子力学会
日本伝熱学会
学協会役員等への就任
2017.04~2019.03, 日本原子力学会九州支部, 幹事.
2017.04~2022.03, 日本機械学会相変化界面研究会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.03.12~2018.03.15, The 10th International Conference on Boiling and Condensation Heat Transfer 2018, 実行委員会委員.
2019.05.19~2019.05.24, International Conference on Nuclear Engineering 2020, 実行委員会委員.
2017.09.03~2017.09.08, International Topical Meeting on Nuclear Reactor Thermal Hydraulics 2017, Technical Program Committee member.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2011.07~2017.06, Journal of Nuclear Science and Technology, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
上海交通大学, China, 2018.02~2018.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, 塩析出を伴う海水流動沸騰熱伝達と限界熱流束に関する研究.
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 強制流動サブクール沸騰限界熱流束発生機構-壁近傍気液構造に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」