九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
新屋敷 恵美子(しんやしき えみこ) データ更新日:2018.05.27



主な研究テーマ
労働契約の成立、労働契約関係における合意と合意以外規範の意義、契約規範と契約外規範、労働契約における合意と契約の構造
キーワード:研究テーマを参照。
2006.05.
従事しているプロジェクト研究
集団的労働関係法上の権利を通じた個別的労働関係法上の権利義務の段階的実効と設定
2018.04~2022.03, 代表者:新屋敷恵美子, 九州大学法学研究院.
研究業績
主要著書
1. 新屋敷恵美子, 労働契約成立の法構造, 信山社, 2016.03.
主要原著論文
1. 新屋敷恵美子, 改正民法における「契約の尊重」原理のもたらす労働契約法理へのインパクトー契約の拘束力・分節化・契約解釈, 季刊労働法, 261, 2018.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 新屋敷恵美子, 労働契約における合意と債権法改正, 日本労働法学会, 2013.10.
学会活動
所属学会名
日本労働法学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2021年度, 基盤研究(C), 代表, 集団的労働関係法上の権利を通じた個別的労働関係法上の権利義務の段階的実効と設定.
2015年度~2017年度, 若手研究(A,B), 代表, 労働法規制の個別的合意によるデロゲーション理論の構築.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2008年度~2010年度, 特別研究員, 代表, 「専門職的労働者」の契約上の義務と信認(fiduciary)義務.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」