九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
早瀬 純也(はやせ じゅんや) データ更新日:2019.06.24



主な研究テーマ
上皮細胞極性形成を担う分子機構の解析
キーワード:上皮細胞、apical膜、Par6-aPKC複合体
2017.04~2018.06.
研究業績
主要原著論文
1. Takuya Kiyohara, Kei Miyano, Sachiko Kamakura, Junya Hayase, Kanako Chishiki, Akira Kohda, and Hideki Sumimoto, Differential cell surface recruitment of the superoxide-producing NADPH oxidases Nox1, Nox2 and Nox5: The role of the small GTPase Sar1, Genes to Cells, doi: 10.1111/gtc.12590, 23, 480-493, 2018.05.
2. Kanako Chishiki, Sachiko Kamakura, Junya Hayase, and Hideki Sumimoto, Ric-8A, an activator protein of Gαi, controls mammalian epithelial cell polarity for tight junction assembly and cystogenesis, Genes to Cells , doi: 10.1111/gtc.12477, 22, 293-309, 2017.02.
3. Kanako Chishiki, Sachiko Kamakura, Junya Hayase, Satoru Yuzawa, and Hideki Sumimoto, Ric-8A-mediated stabilization of the trimeric G protein subunit Gαi is inhibited by pertussis toxin-catalyzed ADP-ribosylation, Biochemical and Biophysical Research Communications, doi: 10.1016/j.bbrc.2017.01.036, 283, 941-945, 2017.01.
学会活動
所属学会名
日本生化学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2018年度, 若手研究(A,B), 代表, 細胞極性制御タンパク質Morg1の胎生期発達における役割の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」