九州大学 研究者情報
発表一覧
小林 亮介(こばやし りようすけ) データ更新日:2020.01.20

講師 /  比較社会文化研究院 社会情報部門


学会発表等
1. 小林亮介, 「チベットと明治日本の邂逅:日露戦争から辛亥革命まで」, 「清末~中華民国期における日中間の交流:周縁諸地域を中心に」(中央大学政策文化総合研究所プロジェクト・チーム「ユーラシアと日本:移動・交流と社会文化変容」), 2020.02.
2. Ryosuke Kobayashi, Militarization of Dargyé Monastery: Contested Borders on the Sino-Tibetan Frontier during the Early Twentieth Century, "Buddhism and Violence in Asia: The Case of the Military in Tibet during the Ganden Phodrang Period (1642–1959)", 2019.11.
3. Kobayashi Ryosuke , The Ganden Phodrang Army and the Sino-Tibetan Border Conflict in 1918, The 15th International Association for Tibetan Studies Seminar in Paris, 2019, 2019.07, [URL].
4. 小林亮介, ダライラマ 13 世の亡命と対外関係(1904-1912)─アメリカ駐清公使ロクヒルとの関係を中心に─, 七隈史学会第20回大会, 2018.09.
5. Ryosuke Kobayashi, Zhang Yintang’s Military Reforms in 1906-1907: The Introduction of Militarism in Tibet, MILITARY CULTURE IN TIBET DURING THE GANDEN PHODRANG PERIOD (1642-1959): THE INTERACTION BETWEEN TIBETAN AND OTHER ASIAN MILITARY TRADITIONS, 2018.06, [URL].
6. Ryosuke Kobayashi, The Emerging Concept of ‘Autonomy’ in Early 20th-Century Tibet, The effect on Inner- and East Asian relations of the advent of modern international law and the end of the Qing empire in the late 19th and early 20th centuries, 2017.09.
7. Ryosuke Kobayashi, The Sino-Tibetan disputes for religious authority in early 20th century Kham: focusing on Dargye monastery, The Ganden Phodrang Army and Buddhism, 2017.07, [URL].
8. 小林亮介, アメリカにおける近現代チベット史研究─史料・データベース・研究機関─
, 第54回 野尻湖クリルタイ, 2017.07.
9. Ryosuke Kobayashi, Contested Borders in the Sino-Tibetan Frontier (1906-1914):Negotiations and Conflicts in Eastern Tibet, Association for Asian Studies (AAS): AAS in Korea, 2017.06.
10. 小林亮介, 合評会報告:岡本隆司『中国の誕生 東アジアの近代外交と国家形成』名古屋大学出版会、2016年
, 「転換期中国における社会経済制度」研究班例会, 2017.06.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」