九州大学 研究者情報
総説一覧
小林 亮介(こばやし りようすけ) データ更新日:2020.01.20

講師 /  比較社会文化研究院 社会情報部門


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 小林 亮介, 辛亥革命とチベット:五族共和の蹉跌, 岡本隆司・箱田恵子編『ハンドブック近代中国外交史』ミネルヴァ書房, 2019.04.
2. 小林 亮介, 川田進『東チベットの宗教空間──中国共産党の宗教政策と社会変容』北海道大学出版会,2015年, 『内陸アジア史研究』第31号, 2016.07.
3. 小林 亮介, 髙本康子『ラサ憧憬──青木文教とチベット』芙蓉書房出版,2013, 『内陸アジア史研究』第29号, 2014.06.
4. 小林 亮介, 国民党政権の国家建設とチベット: Hsiao-Ting Lin, Tibet and Nationalist China's Frontier:Intrigue and Ethnopolitics 1928-1949 (Contemporary Chinese Studies) UBC Press, 2006に寄せて, 『中国研究月報』61巻11号, 2007.11.
5. 小林 亮介, チベット:併合から動乱まで(林孝庭氏寄稿のコラム「西蔵:1945-1960」の翻訳), 和田春樹等編『岩波講座:東アジア近現代通史⑦』岩波書店, 2010.02.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」