九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 社会活動
大島 聡史(おおしま さとし) データ更新日:2018.06.27



主な研究テーマ
GPUを用いた高性能計算に関する研究
キーワード:GPU, GPGPU, GPUコンピューティング
2004.05~2020.12.
並列数値計算の自動チューニングに関する研究
キーワード:自動チューニング
2009.10~2020.12.
GPUを用いた低ランク近似行列計算法に関する研究
キーワード:低ランク近似計算、GPU
2016.04~2020.12.
メニーコアプロセッサにおける分子動力学計算に関する研究
キーワード:分子動力学計算、メニーコアプロセッサ
2015.04~2020.12.
最新並列計算機環境における通信削減CG法に関する研究
キーワード:通信削減CG法
2017.04~2020.12.
従事しているプロジェクト研究
国際交流による自動チューニングのための性能モデルの深化
2016.04~2018.03, 代表者:片桐孝洋, 名古屋大学 情報基盤センター
日本-台湾の2国間による国際共同研究プロジェクト.
Hierarchical low-rank approximation methods on distributed memory and GPUs
2017.04~2019.03, 代表者:横田理央, 東京工業大学 学術国際情報センター
JHPCN国際共同研究.
分子動力学計算ソフトウェアMODYLASのメニーコアおよびワイドSIMDアーキテクチャ対応並列化に関する研究
2017.04~2019.03, 代表者:安藤嘉倫, 名古屋大学
JHPCN共同研究.
機械学習向けハードウェアとの親和性が高い連立一次方程式の解法の開発とその高性能超並列実装
2018.04~2021.03, 代表者:横田理央, 東京工業大学 学術国際情報センター
科研基盤研究(B).
逐次問題の並列計算の数理とフレームワーク研究開発・実証
2017.04~2019.03, 代表者:小野謙二, 九州大学 情報基盤研究開発センター
科研基盤研究(B).
H行列法ライブラリの機能拡張と次世代スパコン向け最適化
2017.04~2020.03, 代表者:伊田明弘, 東京大学 情報基盤センター
科研基盤研究(B).
通信回避・削減アルゴリズムのための自動チューニング技術の新展開
2016.04~2019.03, 代表者:片桐孝洋, 名古屋大学 情報基盤センター
科研基盤研究(B).
研究業績
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
オープンCAE学会
Association for Computing Machinery
Society for Industrial and Applied Mathematics
日本応用数理学会 「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会
日本応用数理学会 若手の会
自動チューニング研究会
情報処理学会 プログラミング研究会
情報処理学会 システム・アーキテクチャ研究会
情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会
学協会役員等への就任
2016.04~2020.03, 日本応用数理学会 若手の会 運営委員, 運営委員.
2017.04~2020.03, 日本応用数理学会 「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会, 幹事.
2011.04~2019.03, オープンCAE学会, 理事.
2016.04~2020.03, 自動チューニング研究会, 幹事.
2016.04~2020.03, 情報処理学会 ハイパフォーマンスコンピューティング研究会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.07.26~2017.07.28, SWoPP2017, 実行委員.
2017.11.19~2017.11.22, GCA17, PC委員.
2018.05.28~2018.05.30, xSIG2018, PC委員.
2017.06.05~2017.06.07, HPCS2017, PC委員.
2017.04.24~2017.04.26, xSIG2017, PC委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 11  15 
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, 逐次問題の並列計算の数理とフレームワーク研究開発・実証.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 連携, 通信回避・削減アルゴリズムのための自動チューニング技術の新展開.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, H行列法ライブラリの機能拡張と次世代スパコン向け最適化.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」