九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
小出 洋(こいで ひろし) データ更新日:2018.06.25



主な研究テーマ
分散XML処理のためのルーティングアルゴリズム
キーワード:分散XML処理,ルーティング, PASSアーキテクチャ
2017.04~2020.03.
実践的プログラミング教育の支援環境の開発
キーワード:実践的プログラミング教育,教育学習過程の情報化,プログラミング教育支援,学習過程,活動履歴
2017.04~2020.04.
ネットワークアプリケーションにおける攻撃検出に関する研究
キーワード:サイバーセキュリティ,ウェブアプリケーション,ウェブアプリケーションフィアウォール,ハニーポット,攻撃検知
2017.04~2020.04.
従事しているプロジェクト研究
ネットワークアプリケーションにおける攻撃者の攻撃傾向の検出実験
2017.06~2018.03, 代表者:小出 洋, 九州大学情報基盤研究開発センター, 国立情報学研究所(クラウド利活用実証実験)
本実証実験では,既存のWebアプリケーションを用いて攻撃者を誘導することにより,Webアプリケーションに対する攻撃手法の収集・分析・Webアプリケーションの保護を可能にすることを目的とする.その目的を達成するために,Webアプリケーションに疑似APIの機能を付加し,アプリケーションをハニーポット化することで攻撃検出を行う手法を提案する.近年,情報システムに対する攻撃手法が変化してきている.特に特定の組織を対象とした標的型攻撃が増加しており,攻撃の主流となっている.その一方でWebアプリケーション等の情報システムは一部クラウド環境等にも用いられるようになり,情報システムのシステム構成等がオンプレミス環境での単独利用に比べ複雑となっている.そのため,現在運用されている情報システムを把握することは難しく,セキュリティ機能を持たせることは困難である.以上のことから,運用されているWebアプリケーションを変更せず,密に連携したセキュリティ機能を持つことが必須である..
研究業績
主要原著論文
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
ACM
ソフトウェア科学会
電気情報通信学会
情報処理学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.04~2020.03, 情報処理学会 プログラミング研究会, 運営委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.04~2020.03, 情報処理学会論文誌プログラミング, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度    
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2018.06~2018.06, 2週間以上1ヶ月未満, Enkora Oy, Finland, Finland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
優秀発表賞, 情報処理学会 情報教育シンポジウム, 2017.08.
研究資金
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2022年度, 文部科学省研究拠点形成費等補助金(成長分野を支える情報人材の育成拠点の形成(enPiT) enPiT-Pro), 連携, 企業・官公庁等のIT実務、設計・製造実務における情報セキュリティに関わるプロ人材育成コースの開発・実施.

九大関連コンテンツ