九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
肥山 詠美子(ひやま えみこ) データ更新日:2020.02.05



主な研究テーマ
少数多体系の観点からの原子核構造の理論的研究
キーワード:少数多体系問題、ハイパー核、バリオン
2017.09~2019.12.
従事しているプロジェクト研究
ガウス展開法によるエキゾチックハドロンの構造研究
2018.04~2019.03, 代表者:肥山詠美子, 九州大学, 大阪大学核物理センター
エキゾチックなペンタクオークの5体問題の構造研究を行い、共鳴の有無を理論的に予言する。.
研究業績
主要原著論文
1. Emiko Hiyama and Kazuma Nakazawa, Structre of S=-2 hypernuclei and Hyperon-Hyperon Interaction, Annual Review of Nuclear and Particle Science, https://doi.org/10.1146/annurev-nucl-101917-021108, 68, 131-190, 2018.06, We review recent progress in $S=-2$ hypernuclei such as double $\Lambda$
hypernuclei and $\Xi$ hypernucei, which are composed of a nucleus and one or two
hyperons such as a $\Lambda$ or a $\Xi$ particle.
By observation of $^6_{\Lambda \Lambda}$He, as the NAGARA event,
we obtain important information on the $\Lambda \Lambda$ interaction.
Using this information, we perform a four-body calculation of
$\alpha \alpha \Lambda \Lambda$ for $^{10}_{\Lambda \Lambda}$Be which
was observed at the KEK experiment as the DEMACHI-YANAGI event.
We interpret this event to be the $2^+$ excited state.
Energy levels of $^{11}_{\Lambda \Lambda}$Be are calculated within
the framework of an $\alpha \alpha n \Lambda \Lambda$ five-
body cluster model. Then, we interpret the HIDA event which was
observed in the KEK experiment to be
an observation of the ground state of $^{11}_{\Lambda \Lambda}$Be.
Motivated by observation of the KISO event of $^{15}_{\Xi^-}$C,
with use of SHF and RMF, we calculate the energy spectra of this hypernucleus.
We interpret this event as the $^{14}{\rm N(g.s.)}+\Xi^-(0p)$ state.
Finally We propose to perform an experiment of
$^7{\rm Li}(K^-,K^+)^7_{\Xi^-}$H and $^{10}{\rm B}(K^-,K^+)^{10}_{\Xi^-}$Li
in order to extract information about the spin- and isospin-averaged
part of $\Xi N$ interaction..
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 仲澤和馬、吉田純也、肥山詠美子, ダブル・ハイパー核の発見とその物理, 日本物理学会, 2018.05.
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本物理学会
学協会役員等への就任
2018.01~2020.12, アメリカ物理学会, アメリカ物理学会Physical Review C編集委員.
2017.04~2021.03, 原子核理論委員, 委員.
2019.04~2020.03, 日本物理学会, 理論核領域領域代表.
2017.04~2018.03, 日本物理学会, 領域外委員.
2017.04~2018.03, 日本物理学会, 理論核領域副代表.
2018.04~2020.03, 大阪大学核物理, 運営委員.
2016.04~2018.03, 日本物理学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.10.23~2017.10.27, ASTRA: Advances and open problems in low-energy nuclear and hadronic STRAngeness physics, Organizer.
2018.07.09~2018.07.13, XXII International Conference on Few-Body ProblemsinPhysics, プログラム委員.
2019.01.28~2019.02.01, International workshop: "Clusters in quantum systems: from atoms to nuclei and hadrons", organizer.
2019.03.14~2019.03.17, 日本物理学会 第74回年次大会, 実行委員会.
2019.07.29~2019.08.02, International Nuclear Physics Conference 2019, 国際アドバイザー委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2019.10~2022.12, European Physical Journal, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
サクレー研究所, France, 2017.09~2017.10.
ストラスブール大学, サラマンカ大学, France, 2017.09~2017.09.
マックスプランク研究所, トレント, Italy, 2017.10~2017.10.
北京航天大学, Turin , China, Italy, 2017.11~2017.11.
フラスカッチ研究所, Italy, 2017.11~2017.11.
北京航天大学, トリノ大学, China, Italy, 2017.11~2017.11.
Darmstädter Haus, Austria, 2018.01~2018.01.
Universite Pierre et Marie Curie, France, 2018.01~2018.02.
イタリア国立核物理研究所, Italy, 2018.04~2018.05.
仁荷大学, Korea, 2018.04~2018.04.
ルネッサンス・ポーツマス・ノーフォーク・ウォータフロント・ホテル, UnitedStatesofAmerica, 2018.06~2018.06.
南開大学, China, 2018.07~2018.07.
オルセー研究所, France, 2018.07~2018.07.
北京大学, China, 2018.09~2018.10.
ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ, UnitedStatesofAmerica, 2018.10~2018.10.
北京航空航天大学, イタリア国立核物理研究所, China, Italy, 2018.12~2018.12.
Hotel Baita dei Pini, Italy, 2019.01~2019.01.
Kyungpook National University , Korea, 2019.03~2019.03.
北京航空航天大学, China, 2019.04~2019.04.
サクレー研究所, France, 2019.04~2019.05.
国立原子核物理研究所INFN, Italy, 2019.06~2019.06.
仁荷大学, Korea, 2019.06~2019.06.
仁荷大学, Korea, 2019.06~2019.06.
University of Washington, UnitedStatesofAmerica, 2019.07~2019.07.
サクレー研究所(パリ), France, 2019.09~2019.09.
International Center for Interdisciplinary Science, Vietnam, 2019.09~2019.09.
ECT*(Europian Center forTheoretical studies in Nuclear Physics and related areas), Italy, 2019.10~2019.10.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.04~2019.03, 1ヶ月以上, 九州大学, CzechRepublic, 日本学術振興会.
2018.07~2018.10, 1ヶ月以上, 南開大学, China.
2019.03~2019.04, 2週間以上1ヶ月未満, 南京大学, China.
2019.05~2019.05, 1ヶ月以上, 南京大学, China.
2019.05~2019.05, 1ヶ月以上, 南京大学, China.
2019.05~2019.05, 2週間未満, Los Alamos National Laboratory, UnitedStatesofAmerica.
2019.10~2019.10, 2週間未満, Department of Physics, Inha University, Korea.
2019.10~2019.11, 2週間未満, Michigan State University, UnitedStatesofAmerica.
2019.11~2019.11, 2週間以上1ヶ月未満, Nanjing University, China.
2020.01~2020.01, 2週間未満, Radbout University Nijmegen, Holland.
2020.01~2020.01, 2週間未満, School of Physics, Zhengzhou University, China.
2020.01~2020.01, 2週間未満, INFN , Germany.
2020.01~2020.01, 2週間未満, Department of Physics, East China Normal University, China.
2020.01~2020.01, 2週間未満, Nankai University , China.
2020.01~2020.03, 1ヶ月以上, フランス国立科学研究センター国立原子核素粒子物理研究所オルセー原子核物理研究所, France.
2020.01~2020.02, 2週間未満, Institut Pluridisciplinaire Hubert CURIEN (IPHC), Lithuania.
2020.01~2020.02, 2週間未満, Normandie University, France.
2020.01~2020.02, 2週間未満, University of Caen Lower-Normandy, France.
2020.01~2020.02, 2週間未満, Lyon University, France.
2020.01~2020.02, 2週間未満, Sorbonne University, France.
2020.01~2020.02, 2週間未満, RIKEN, Turkey.
2020.01~2020.02, 2週間未満, The Racah institute of Physics ,The Hebrew University of Jerusalem, Israel.
2020.02~2020.02, 2週間以上1ヶ月未満, CNRS (フランス), Spain.
2020.02~2020.03, 1ヶ月以上, Nanjing University, China.
受賞
第17回井上研究奨励賞, (公財) 井上科学振興財団, 2001.02.
第3回日本物理学会原子核理論新人論文賞, 日本物理学会 原子核理論委員会, 2001.10.
第7回大学婦人協会守田科学研究奨励賞, (公社)大学婦人協会, 2005.05.
第2回文部科学大臣表彰若手科学者賞, 文部科学省, 2006.04.
第21回西宮湯川記念賞, 西宮市, 2006.11.
猿橋賞, 一般財団法人 女性科学者い明るい未来をの会, 2013.05.
文部科学大臣表彰「科学技術賞 (研究部門)」, 文部科学省, 2019.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, ダブルストレンジネス核の精密構造研究とその相互作用の決定.
2018年度~2022年度, 新学術領域研究, 代表, 第一原理計算から明らかにする階層構造の発現機構.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2018年度~2018年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), なし.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2016年度~2018年度, 二国間交流, 代表, 少数系問題における極限の安定性の研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2018.06~2019.03, 代表, 「数理」を軸とする分野横断的手法による、物質・生命・宇宙の統合的解明と新しい数理的手法の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」