九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
井上 智彰(いのうえ ともあき) データ更新日:2019.10.11



主な研究テーマ
GLP-1の臓器保護効果の機序の解明
キーワード:GLP-1, 糖尿病合併症
2017.10.
糖尿病心血管合併症の機序の解明
キーワード:糖尿病
2009.04~2017.09.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Tomoaki Inoue, Toyoshi Inoguchi, Noriyuki Sonoda, Hari Hendarto, Hiroaki Makimura, Shuji Sasaki, Hisashi Yokomizo, Yoshinori Fujimura, Daisuke Miura, Ryoichi Takayanagi, GLP-1 analog liraglutide protects against cardiac steatosis, oxidative stress and apoptosis in streptozotocin-induced diabetic rats, Atherosclerosis, 240, 1, 250-259, 2015.03.
2. Tomoaki Inoue, Kunihisa Kobayashi, Toyoshi Inoguchi, Noriyuki Sonoda, Masakazu Fujii, Yasutaka Maeda, Yoshinori Fujimura, Daisuke Miura, Ken-ichi Hirano, Ryoichi Takayanagi, Reduced expression of adipose triglyceride lipase enhances tumor necrosis factor alpha-induced intercellular adhesion molecule-1 expression in human aortic endothelial cells via protein kinase C-dependent activation of nuclear factor-kappaB, J Biol Chem, 286, 37, 32045-32053, 2011.09.
主要学会発表等
学会活動
学協会役員等への就任
2019.04~2022.03, 日本糖尿病学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.01.20, 第320回日本内科学会九州地方会, 座長.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 若手研究, 代表, GLP-1の臓器保護効果の機序及び膵外受容体の生理学的役割の解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2020年度, 喫煙科学研究財団若手研究助成, 代表, メタボリックシンドロームにおけるマクロファージα7nACh受容体の役割の解明.
2018年度~2020年度, 日本応用酵素協会.Front Runner of Future Diabetes Researchに関する研究助成, 代表, GLP-1の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に対する臓器保護効果の機序の解明.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2018年度, QRプログラム・わかばチャレンジ, 代表, GLP-1受容体組織特異的欠損マウスを用いたGLP-1の心・腎保護効果の機序の解明.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」