九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
谷口 寿俊(たにぐち ひさとし) データ更新日:2018.06.28



主な研究テーマ
ICT建機の施工履歴データを用いた3次元モデルの生成・活用技術に関する研究
キーワード:i-Construction, 土木情報学
2017.04~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
高度空間計測技術開発コンソーシアム
2018.06~2018.06.
研究業績
主要著書
1. 田中成典, 他19名(分担執筆), 基礎からのCAD, 工学社, 2009.10.
2. 田中成典, 伊藤裕二, 武井千雅子, 他5名(分担執筆), できる!使える!バーチャルリアリティ:3次元VRの街づくり UC-win/Road入門, 建通新聞社, 2005.10.
3. 田中成典, 杉江奈津子, 他6名(分担執筆), EclipseではじめるWebアプリケーション開発, 工学社, 2002.10.
主要原著論文
1. 今井龍一, 谷口寿俊, 松浦弦三郎, 舗装工事における建設機械の施工履歴の出来形管理への適用可能性の評価, 土木学会論文集F3(土木情報学), 土木学会, 73, 2, 416-423, 2018.03.
2. 今井龍一, 谷口寿俊, 田中拓也, 車線単位の道路交通分析に適した大縮尺道路地図の要件に関する基礎的研究, 土木学会論文集F3(土木情報学), 土木学会, 73, 2, 398-408, 2018.03.
3. 今井龍一, 谷口寿俊, 山田実典, i-Construction等の成果の3次元データを用いた道路地図の調製手法に関する研究, 土木学会論文集F3(土木情報学), 土木学会, 73, 2, 388-397, 2018.03.
4. 川野 浩平, 谷口 寿俊, 青山 憲明, 重高 浩一, 山岡 大亮, 関谷 浩孝, LandXML1.2に準じた3次元設計データ交換標準のデータモデルと運用方法の検討, 土木学会論文集F3(土木情報学), 土木学会, 70, 2, 242-248, 2017.03.
5. 山岡大亮, 青山憲明, 谷口寿俊, 藤田玲, 重高浩一, 維持管理での利用を想定した橋梁の3次元データモデル標準の策定, 土木学会論文集F3(土木情報学), 土木学会, 71, 2, 204-211, 2016.03.
6. 谷口寿俊, 青山憲明, 重高浩一, 坪村健二, 森博昭, LandXMLを用いた道路形状の3次元設計データ交換標準に関する研究, 土木学会論文集F3(土木情報学), 土木学会, 70, 2, 133-143, 2015.04.
7. 谷口寿俊, 梶田洋規, 椎葉祐士, TSを用いた出来形管理の適用工種拡大とデータ再利用に向けた標準的なモデルに関する研究, 建設施工と建設機械シンポジウム論文集・梗概集, 日本建設機械施工協会, H25年度, 73-76, 2013.11.
8. 谷口寿俊, 西田義人, 田中成典, 加藤雄大, 移動体除去した平面パノラマ画像の自動生成に関する研究, 知能と情報, 日本知能情報ファジィ学会, 23, 4, 528-540, 2011.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 今井龍一, 谷口寿俊, 他, 道路計画・管理に即した道路地図の作成・更新・活用に関する研究, 一般財団法人日本デジタル道路地図協会研究助成報告書,日本デジタル道路地図協会, 2018.04.
2. 田中成典, 窪田諭, 今井龍一, 中村健二, 山本雄平, 塚田義典, 谷口寿俊, 他, 河川土工の施工管理のためのレーザスキャナ搭載UAVを用いた計測データの利活用技術に関する研究開発, 2016年度国土交通省建設技術研究開発助成制度報告書, 国土交通省, 2017.04.
3. 塚田幸弘, 重高浩一, 青山憲明, 梶田洋規, 北川順, 谷口寿俊, 3次元データを用いた設計、施工、維持管理の高度化に関する研究, 国土技術政策総合研究所プロジェクト研究報告,国土交通省国土技術政策総合研究所, 2014.03.
4. 青山憲明, 谷口寿俊, 重高浩一, 3次元設計データ交換標準(素案), 国土交通省国土技術政策総合研究所, 2013.03.
5. 青山憲明, 谷口寿俊, 重高浩一, 橋梁3次元データ流通に係る運用ガイドライン(案), 国土交通省国土技術政策総合研究所, 2012.09.
主要学会発表等
1. Kohei KAWANO, Hisatoshi TANIGUCHI, Noriaki AOYAMA, Ryuichi IMAI, Koichi SHIGETAKA, Daisuke YAMAOKA, The Study on the Extended Version of LandXML that Suits Japanese Road Construction, ICCCBE 2016, ASCE, 2016.07.
2. Rei FUJITA, Hisatoshi TANIGUCHI, Noriaki AOYAMA, Koichi SHIGETAKA, Study on the Elaboration Level of CIM Models Aimed to Utilize for Maintenance of Sluice Gates and Sluice Pipes, ICCBEI 2015, AGCEI and JSCE, 2015.04.
3. Hisatoshi TANIGUCHI, Noriaki AOYAMA, Koichi SHIGETAKA, Kenji TSUBOMURA, Hiroaki MORI, Integrated Information Management System using 3D Model for Maintenance of Bridge Construction, ICCBEI 2013, AGCEI and JSCE, 2013.11.
4. Hisatoshi TANIGUCHI, Yoshito NISHITA, Shigenori TANAKA, Yudai KATO, Research for Generating Panoramic Image by Removing Movable Objects, The 2012 International Workshop on Advanced Image Technology,HCMUT, 2013.11.
学会活動
所属学会名
情報処理学会
地理情報システム学会
土木学会
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 基盤研究(C), 分担, ICT建機の施工履歴データを用いた3次元モデルの生成・活用技術に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2017年度, 一般財団法人日本デジタル道路地図協会研究助成, 分担, 道路計画・管理に即した道路地図の作成・更新・活用技術に関する研究.
2016年度~2017年度, 国土交通省建設技術開発助成制度, 分担, 河川土工の施工管理のためのレーザスキャナ搭載UAVを用いた計測データの利活用技術に関する研究開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.04~2025.03, 分担, 高度空間計測技術開発コンソーシアム.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」