九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 病院臨床活動
西牟田 雄祐(にしむた ゆうすけ) データ更新日:2018.08.07





電子メール
ホームページ
取得学位
なし
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
放射線診断
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
(研究)
消化管疾患の画像診断に関する研究を行っている。
①食道癌:内視鏡、造影検査、CT、MRI、PETを用いた食道癌診断に関する研究。Dual Energy CTによる治療効果判定、予後予測。
②胃癌:3次元CTを用いた胃癌の形態診断、造影増強効果や血流評価による組織学的因子や予後の予測。
③大腸癌:CTコロノグラフィを用いた大腸癌の形態診断、手術支援。ヒストグラム解析による腫瘍内不均一性の評価。
(教育)
<医学部学生>ベッドサイドやクリニカルクラークシップの学生に対し、消化管検査および治療手技の見学、ミニレクチャー方式での講義を行っている。
<臨床研修医>消化管内視鏡および造影検査の臨床実地での指導。各種消化管疾患の基礎的事項、検査適応に関する知識の習得、レポート作成に関する指導を行っている。
(診療)九州大学病院にて放射線科診断専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡指導医として消化管疾患に関連した診療を行っている。
外来:主に消化管悪性腫瘍の患者における初診から検査、治療後のフォローアップまで全般を行っている。検査内容としては通常内視鏡、NBI併用拡大内視鏡、超音波内視鏡、消化管造影、CT検査などの読影を行っている。
入院:消化管悪性腫瘍患者の術前検査、早期癌や大腸ポリープに対する内視鏡治療を行っている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」