九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動
趙 寧(ちよう ねい) データ更新日:2019.01.25



主な研究テーマ
海面水温の日周変化とその大気応答
キーワード:海面水温、日周変化、大気応答
2018.04~2019.04.
中緯度縁辺海と温帯低気圧の相互作用を中心として研究しています。そして、海洋モデルの高解像度化に協力しています。
キーワード:温帯低気圧、縁辺海
2016.10~2018.04.
研究業績
主要原著論文
1. Zhao Ning, 岩﨑 慎介, 磯辺 篤彦, R.-C. Lien, 王彬, Intensification of the subpolar front in the Sea of Japan during winter cyclones, Journal of Geophysical Research -Oceans, doi:10.1002/2015JC011565, 121, 2253-2267, 2016.05.
2. Zhao Ning, A. Manda, Z. Han, Frontogenesis and frontolysis of the subpolar front in the surface mixed layer of the Japan Sea, Journal of Geophysical Research -Oceans, doi: 10.1002/2013JC009419, 119, 2, 1498-1509, 2014.02.
3. Zhao Ning, 岩崎 慎介, 山本 勝, 磯辺 篤彦, Modulation of Extratropical Cyclones by Previous Cyclones via the Sea Surface Temperature Anomaly Over the Sea of Japan in Winter, Journal of Geophysical Research -Atmospheres, 10.1029/2017JD027503, 123, 2018.05.
主要学会発表等
1. ZHAO NING, Shinsuke Iwasaki, Atsuhiko Isobe, Effect of SST in the Sea of Japan on the Winter Cyclones, The 1st JpGU-AGU Joint Meeting, 2017.05.
2. 趙 寧,岩﨑 慎介,山本 勝,磯辺 篤彦, Sub-weekly Scale Interactions between the Sea of Japan and Extra-tropical Cyclones in Winter, Ocean Sciences Meeting 2018, 2018.02.
学会活動
所属学会名
American Geophysical Union
日本気象学会
日本海洋学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.09~2016.09.03, 2016年度気候システム研究集会, 座長.
2017.09~2017.09.03, 2017年度気候システム研究集会, 座長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2016年度      
2017年度      

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」