九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
友原 啓介(ともはら けいすけ) データ更新日:2019.01.30



主な研究テーマ
多成分系を基質とした分子変換
キーワード:薬用植物抽出エキス
2013.04~2018.06.
研究業績
主要原著論文
1. Yoshikazu Horino,* Miki Suguta, Itaru Mutsuura, Keisuke Tomohara, Hitoshi Abe, Controllable Stereoselective Synthesis of (Z)- and (E)-Homoallylic Alcohols Using a Palladium-Catalyzed Three-Component Reaction, ORGANIC LETTERS, 10.1021/acs.orglett.7b02979, 19, 21, 5968-5971, 2017.11.
2. Keisuke Tomohara,* Tomohiro Ito, Kota Furusawa, Naoto Hasegawa, Kiyushi Tsuge, Atsushi Kato, Isao Adachi*, Multiple production of alpha,alpha-disubstituted amino acid derivatives through direct chemical derivatization of natural plant extracts: An apparently difficult but successful route, TETRAHEDRON LETTERS, 10.1016/j.tetlet.2017.06.087, 58, 32, 3143-3147, 2017.08.
3. Keisuke Tomohara,* Tomohiro Ito, Saika Onikata, Atsushi Kato, Isao Adachi*, Discovery of hyaluronidase inhibitors from natural products and their mechanistic characterization under DMSO-perturbed assay conditions, BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 10.1016/j.bmcl.2017.01.083, 27, 7, 1620-1623, 2017.04.
4. Keisuke Tomohara, Koji Kasamatsu, Tomoyuki Yoshimura, Takumi Furuta, Takeo Kawabata*, Asymmetric Synthesis of Multisubstituted Dihydrobenzofurans by Intramolecular Conjugate Addition of Short-Lived C-O Axially Chiral Enolates, CHEMICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN, 64, 7, 899-906, 2016.07.
5. Keisuke Tomohara,* Tomohiro Ito, Saika Onikata, Kota Furusawa, Atsushi Kato, Isao Adachi*, Interpreting the behavior of concentration-response curves of hyaluronidase inhibitors under DMSO-perturbed assay conditions, BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 10.1016/j.bmcl.2016.04.082, 26, 13, 3153-3157, 2016.07.
6. Keisuke Tomohara,* Tomohiro Ito, Naoto Hasegawa, Atsushi Kato, Isao Adachi*, Direct chemical derivatization of natural plant extract: straightforward synthesis of natural plant-like hydantoin, TETRAHEDRON LETTERS, 10.1016/j.tetlet.2016.01.054, 57, 8, 924-927, 2016.02.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 友原 啓介, ヨウ化アリールの連続的オルトアミノ化—イプソホウ素化反応, ファルマシア, 2015.11.
2. Keisuke Tomohara, Another aspect in use of DMSO in medicinal chemistry, Atlas of Science, 2016.10.
主要学会発表等
1. Keisuke Tomohara, Isao Adachi, Hitoshi Kesamaru, Takeru Nose, Mechanistic Characterization of alpha-Chymotrypsin Inhibitors by DMSO-Perturbing Assay, 10th International Peptide Symposium, 2018.12.
2. 友原啓介, 有機化学を基軸とした新創薬化学研究, 徳島文理大学薬学部 大学院特別講義(招待講演), 2018.10.
3. Keisuke Tomohara, DMSO-perturbing assay for identifying promiscuous enzyme inhibitors, The Third International Symposium on Toyama-Asia-Africa Pharmaceutical Network (招待講演), 2018.09.
4. 友原啓介、足立伊佐雄、袈裟丸仁志、野瀬健, DMSO添加条件下における酵素阻害剤の活性部位特異性評価, 平成30年度日本生化学会九州支部例会, 2018.07.
5. 友原啓介、袈裟丸仁志、足立伊左雄、巣山慶太郎、野瀬健 , DMSO摂動効果を利用した酵素阻害剤の活性部位特異性評価, 日本薬学会第138年会, 2018.03.
6. 友原啓介, 学際的創薬化学研究:合成と活性評価について, 金剛化学株式会社講演会 (招待講演), 2017.09.
学会活動
所属学会名
日本生化学会
日本病院薬剤師会
有機合成化学協会
日本生薬学会
日本薬学会
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Cambridge, UnitedKingdom, 2010.09~2010.12.
受賞
平成27年度富山大学若手研究者等の学術交流・発表会 最優秀賞, 2015.09.
日本薬学会第132年会 学生優秀発表賞, 日本薬学会, 2012.03.
第27回有機合成若手セミナー 優秀発表賞, 有機合成化学協会関西支部・日本薬学会近畿支部, 2007.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2019年度, 若手研究(B), 代表, 学際的創薬化学研究:合成と活性評価について.
2014年度~2016年度, 若手研究(B), 代表, 効率的な生薬成分抽出法の開発とヒアルロン酸分解酵素阻害剤の探索.
2010年度~2011年度, 特別研究員奨励費, 代表, C-O軸性不斉エノラート化学の確立と展開.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2010年度~2011年度, 特別研究員, C-O軸性不斉エノラート化学の確立と展開.
寄附金の受入状況
2016年度, 一般財団法人金森財団研究助成金
天然物様中分子化合物の短段階合成と機能評価.
2016年度, 公益財団法人田村科学技術振興財団研究助成金
化学的摂動条件下における酵素阻害剤の活性部位特異性評価法の確立と展開.
2014年度, 公益財団法人田村科学技術振興財団研究助成金
生薬成分の一挙誘導化による四置換炭素含有新規αーアミノ酸誘導体の創製研究
.
学内資金・基金等への採択状況
2017年度~2017年度, 九州大学研究活動基礎支援制度「外国語校閲経費支援」, 代表, DMSO摂動効果を利用した評価系による非特異的酵素阻害剤の抽出.
2015年度~2015年度, 富山大学横田教育研究助成(海外渡航), 代表, _.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」