九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山崎 敦子(やまざき あつこ) データ更新日:2019.06.24



主な研究テーマ
過去200年間の地球温暖化における海洋窒素収支の変遷
キーワード:サンゴ骨格、窒素同位体比、窒素収支、地球温暖化
2017.04~2018.06.
研究業績
主要原著論文
1. Yamazaki, A., T. Watanabe, N. Ogawa, N. Ohkouchi, K. Shirai, M. Toratani, and M. Uematsu , Seasonal variations in the nitrogen isotope composition of Okinotori coral in the tropical Western Pacific: A new proxy for marine nitrate dynamics, Geophysical Research Letters, doi:10.1029/2011JG001697. , 116, G04005, 2011.10, [URL].
2. Yamazaki, A., T. Watanabe, and U. Tsunogai , Nitrogen isotopes of organic nitrogen in reef coral skeletons as a proxy of tropical nutrient dynamics, Geophysical Research Letters, http://dx.doi.org/10.1029/2011GL049053, 38, 19, L19605, 2011.10, [URL].
3. Yamazaki, A., T. Watanabe, N. Takahata, Y. Sano, and U. Tsunogai, Nitrogen isotopes in intra-crystal coralline aragonites, Chemical Geology, doi:10.1016/j.chemgeo.2013.05.024., 351, 276-280, 2013.08, [URL].
4. Yamazaki,A., T Watanabe, U Tsunogai, H Hasegawa, H Yamano, The coral δ15N record of terrestrial nitrate loading varies with river catchment land use, Coral Reefs, doi: 10.1007/s00338-014-1235-1, 34, 1, 353-362, 2015.03, [URL].
5. Yamazaki, A., T. Watanabe, U. Tsunogai, F. Iwase, and H. Yamano, A 150-year variation of the Kuroshio transport inferred from coral nitrogen isotope signature, Paleoceanography, doi:10.1002/2015PA002880, 31, 6, 838-846, 2016.06, [URL].
6. 山崎 敦子, 造礁サンゴ骨格の窒素同位体比指標, 地球化学, 53, 1, 1-12, 2019.03, [URL].
7. Watanabe, T., T. K. Watanabe, A. Yamazaki, S. Yoneta, K. Sowa, F. Sinniger,‏ G. Eyal, Y. Loya, S. Harii, Coral sclerochronology: similarities and differences in coral isotopic signatures between mesophotic and shallow-water reefs., Coral Reefs of the World Series: Mesophotic Coral Ecosystems, 12, 667-681, 2019.05, [URL].
主要学会発表等
1. 山崎 敦子、 Steffen Hetzinger、 Jonas von Reumont、 Carrie Manfrino、 角皆 潤、佐野 有司、渡邊 剛, 20世紀のカリブ海の窒素固定量の変遷, 日本サンゴ礁学会第19回大会, 2016.11.
2. Yamazaki, A., S. Hetzinger, J. von Reumont, C. Manfrino, U. Tsunogai, T. Watanabe , Change in nitrogen fixation derived from Caribbean coral skeletons, Geobremen 2017, 2017.10.
3. 山崎 敦子,小林 航,Kevin Garas,渡邊 剛, 喜界島隆起サンゴ礁における完新世のサンゴ群集及び炭酸塩生産量の変遷, 日本サンゴ礁学会第21回大会, 2018.11.
4. Atsuko Yamazaki, Jumpei Isasa, Keiichi Nomura, Tsuyoshi Watanabe, Kuroshio meander recorded in coral oxygen isotopes, The EGU General Assembly 2018, 2018.04.
学会活動
所属学会名
日本地球惑星科学連合
日本地球化学会
日本サンゴ礁学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2019年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
GEOMAR Helmholtz-Zentrum für Ozeanforschung Kiel, Germany, 2012.09~2014.03.
受賞
日本地球化学会奨励賞, 日本地球化学会, 2017.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2020年度, 若手研究(A,B), 代表, 過去200年間の地球温暖化における海洋の窒素収支変動の復元.
2014年度~2015年度, 若手研究(A,B), 代表, カリブ海の現生/化石サンゴに記録された百年規模の窒素固定量変遷と変動要因の解明.
2013年度~2015年度, 特別研究員奨励費, 代表, 造礁サンゴ化石を用いた完新世の気候変動に伴う海洋表層の窒素循環過程の復元.
2010年度~2012年度, 特別研究員奨励費, 代表, 造礁性サンゴ骨格の窒素同位体比変動要因の解明と古環境復元指標への応用.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2016年度~2016年度, 笹川科学研究助成, 代表, 造礁サンゴの水深に対する適応能力の解析 —海洋表層環境の変化に対するサンゴの避難場所の探索—.
2008年度~2009年度, 財団法人黒潮生物研究財団 研究助成, 代表, 黒潮が育む高緯度域のサンゴ礁環境変動の復元.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2020年度, 女性枠設定による教員採用・養成システム(第Ⅱ期), 代表, サンゴ礁と地球環境変動.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」