九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
星野 壮登(ほしの まさと) データ更新日:2018.06.15



主な研究テーマ
特異な確率偏微分方程式
キーワード:ラフパス理論,正則性構造,パラコントロール解析
2014.04.
研究業績
主要原著論文
1. Masato Hoshino, Paracontrolled calculus and Funaki-Quastel approximation for the KPZ equation, Stochastic Processes and their Applications, 128, 4, 1238-1293, 2018.04.
2. Masato Hoshino, Yuzuru Inahama, Nobuaki Naganuma, Stochastic complex Ginzburg-Landau equation with space-time white noise, Electronic Journal of Probability, 22, 104, 2017.12.
3. Tadahisa Funaki, Masato Hoshino, A coupled KPZ equation, its two types of approximations and existence of global solutions, Journal of Functional Analysis, 273, 3, 1165-1204, 2017.08.
4. @Masato Hoshino, KPZ equation with fractional derivatives of white noise, Stochastic and Partial Differential Equations: Analysis and Computations, 4, 4, 827-890, 2016.07.
主要学会発表等
1. @星野壮登, KPZ equation with fractional derivatives of white noise, 確率解析とその周辺, 2015.10.
2. @星野壮登, Paracontrolled calculus and Funaki-Quastel approximation for KPZ equation, 確率論シンポジウム, 2015.12.
3. @星野壮登, (1) Hairer理論の$¥Phi^4$モデルへのアプローチの概説, (2) Global well-posedness of singular stochastic PDEs, 確率解析とその周辺, 2016.11.
4. @星野壮登, Global solution of the coupled KPZ equations, 確率論シンポジウム, 2016.12.
5. @星野壮登, (1) Global well-posedness of complex Ginzburg-Landau equation with a space-time white noise, (2) A coupled KPZ equation, its two types of approximations and existence of global solutions, 日本数学会2017年度秋季総合分科会, 2017.09.
6. @星野壮登, Global well-posedness of comples Ginzburg-Landau equation with a space-time white noise, Stochastic Analysis on Large Scale Interacting Systems, 2017.11.
7. @星野壮登, A relation between modeled distributions and paracontrolled distribitions, 確率論シンポジウム, 2017.12.
学会活動
所属学会名
日本数学会
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2016年度      
2015年度      
受賞
東京大学総長賞, 東京大学, 2016.03.
日本数学会賞建部賢弘奨励賞, 日本数学会, 2017.09.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2017年度, 特別研究員奨励費, 代表, 特異な確率偏微分方程式に対する近似理論の正則性構造理論による研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」