九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
菊地 一史(きくち かずふみ) データ更新日:2019.06.07



大学院(学府)担当

学部担当

その他の教育研究施設名



ホームページ
電話番号
092-642-5695
FAX番号
092-642-5708
専門分野
神経放射線画像診断
ORCID(Open Researcher and Contributor ID)
0000-0003-1292-1846
活動概要
(研究)
1. Chemical Exchange Saturation Transfer (CEST)を含むmultiparameterによるMRIを用いた小児脳腫瘍の定量的診断法の確立
2. Intravoxel incoherent motion (IVIM) imagingの小児脳腫瘍の拡散および灌流画像として有用性の検討
3. FDG-PET/MRを用いたてんかん焦点検出の有用性の検討
(教育)
<医学部生>
医用画像の基礎と実際を質疑形式にて説明する。CT, MRI, Angiographyの基本原理、装置の特徴、医療現場で用いられている代表的な撮像法などを説明する。
神経領域のCT, MRI, Angiographyの読影と指導; 代表的な疾患について、ティーチングファイルを用いた読影実習を通じて、基本的な画像読影法を教育する。詳細な読影所見の拾い上げとその解釈、鑑別診断、最終診断、治療法について説明する。
クリニカルクラークシップにおいては、約40例の中枢神経疾患を実際に読影させ、レポート作成実習を行う。その添削・解説を通じて、実地医療現場での読影法について指導する。
<研修医>
実際の患者のCT, MRI, Angiographyを読影させ、それを添削、指導することで読影についての基本から実際までを指導する。
Angiographyにおいては、基本手技、読影について指導する。
<大学院生>
研究のプランニング、デザイン、画像解析、統計解析、学会発表、論文作成について指導する。
各種画像診断法の読影に関する専門的知識の指導を行う。
脳血管造影や経皮的椎体形成術の実地での指導を行う。
(臨床)
九州大学病院においては放射線診断専門医として、中枢神経疾患の画像診断を専門的に携わる。
中央診療として、各科からの検査依頼の計画、実施と読影について携わる。
放射線科病棟においては、脳血管造影、経皮的生検術、経皮的椎体形成術などの患者の診療を行う。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」