九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
白銀 勇太(しろがね ゆうた) データ更新日:2019.06.27



主な研究テーマ
麻疹ウイルスは麻疹の病原体ですが、まれに脳内に感染し難治性の亜急性硬化性全脳炎を引き起こします。
とはいっても、もともと麻疹ウイルスは脳内で増殖することができないウイルスです。
大変興味深いことですが、麻疹ウイルスは脳内で「進化」して病気を引き起こすことが解明されつつあります。
このようなウイルスの進化に関する研究の他に、異種のウイルス同士がどのように影響を与え合う、すなわち「相互作用」するのか、そのメカニズムの研究も進めています。
基礎的なウイルス学の研究を進めることで、最終的に治療など人類の福祉の向上に貢献したいと思っています。
キーワード:麻疹ウイルス、亜急性硬化性全脳炎、ムンプスウイルス、進化、相互作用
2018.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本ウイルス学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.10.28~2018.10.30, 日本ウイルス学会学術集会, 座長.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2019年度, 研究活動スタート支援, 代表, 異種ウイルス間の干渉メカニズムの解明.
2015年度~2016年度, 研究活動スタート支援, 代表, ヒト病原性RNAウイルスのゲノム間協調がウイルス生存に果たす役割に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」