九州大学 研究者情報
論文一覧
大脇 成昭(おおわき しげあき) データ更新日:2019.05.30

教授 /  法学研究院 実務法学部門


原著論文
1. 大脇成昭, 東日本大震災(1)−地震・津波に立ち向かう法制度, 法学教室(有斐閣)別冊付録, 463, 50-51, 2019.04.
2. 大脇成昭, 復興期における住宅再建支援策〜公費投入の是非を中心に, 法学セミナー(日本評論社), 62, 7, 47-53, 2017.07.
3. 大脇成昭, 災害に対峙する法律学の貢献可能性, 法学セミナー(日本評論社), 62, 6, 30-31, 2017.06.
4. 大脇成昭, 大規模災害時に生じる行政活動の「空白」, 法学教室(有斐閣), 433, 59-67, 2016.10,  平成28年熊本地震に際して、被災地で生活しながら見聞した事象を踏まえ、特に基礎自治体による災害対応の問題点を分析したものである。
 そもそも災害対応がなぜ行政の任務であるのかを検討した上で、現行制度の概要を整序した。その上で行政の活動を2つの分類軸に応じて整理し、市町村が「備え」を考える上での法的課題を抽出した。.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」