九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
池添 竜也(いけぞえ りゆうや) データ更新日:2019.03.26



主な研究テーマ
ミラー磁場閉じ込め高温プラズマの巨視的・微視的不安定性、高エネルギーイオン輸送の研究
キーワード:MHD不安定性、アルベン波動、波動粒子相互作用、高エネルギーイオン、ミラー磁場
2010.04.
高周波波動を用いたミラー磁場閉じ込めプラズマの生成とイオン加熱
キーワード:イオンサイクロトン共鳴、アルベン波、ビーチ加熱、波動励起
2010.04.
研究業績
主要原著論文
学会活動
所属学会名
プラズマ・核融合学会
日本物理学会
American Physical Society
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.12.19~2017.12.19, 第7回ICRF加熱研究会「ICRF加熱装置の高性能化と将来応用」, 座長.
2012.08.27~2012.08.31, Joint Conference of the International Conference on Open Magnetic Systems for Plasma Confinement (OS) and the International Workshop on Plasma Material Interaction Facilities for Fusion (PMIF), Local Organizing Committee.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2016年度      
2015年度      
2013年度      
2012年度    
2011年度      
2010年度      
受賞
第10回核融合エネルギー連合講演会 若手優秀発表賞, 2014.06.
第30回プラズマ・核融合学会年会 若手学会発表賞, プラズマ・核融合学会, 2013.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 波動との相互作用によるイオンダイナミクスの複雑性の解明.
2015年度~2017年度, 若手研究(B), 代表, ミラー磁場配位における自発励起アルベン波動の境界条件および非等方性緩和の研究.
2013年度~2015年度, 基盤研究(C), 分担, アルベンイオンサイクロトロン波動による磁力線方向へのエネルギー輸送.
2012年度~2015年度, 基盤研究(B), 連携, タンデムミラー端部及び高出力中性粒子ビームを用いたダイバータ・ELM模擬研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」