九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動
宮内 翔子(みやうち しようこ) データ更新日:2019.06.13

助教 /  システム情報科学研究院 情報知能工学部門 実世界ロボティクス


主な研究テーマ
動的変形および個体間形状差を記述した多元心臓統計的形状モデルの構築
キーワード:統計的形状モデル
2018.10~2020.03.
人体臓器体系化のための臓器モデルの目標空間への写像
キーワード:医用画像,表面モデル,ボリュームモデル,統計的形状モデル
2012.04~2018.05.
3D画像認識AIによる革新的癌診断支援システムの構築
キーワード:癌診断,細胞認識
2017.10~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
3D画像認識AIによる革新的癌診断支援システムの構築
2017.10~2020.03, 代表者:諸岡健一, 九州大学, 科学技術振興機構
3D画像認識AIによる革新的癌診断支援システムの構築.
研究業績
主要原著論文
1. 宮内翔子,諸岡健一,宮城靖,福田孝一,辻徳生,倉爪亮, 幾何情報を保存する自己組織化可変モデルに基づく目標曲面への人体組織表面モデルの写像, 電子情報通信学会和文論文誌D・学生論文特集号, J97-D, 3, 381-392, 2014.03.
2. Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume, Fast modified Self-organizing Deformable Model: Geometrical feature-preserving mapping of organ models onto target surfaces with various shapes and topologies, Computer Methods and Programs in Biomedicine, 157, 237-250, 2018.01, [URL].
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 宮内 翔子, 諸岡 健一, 目標曲面上への写像に基づく臓器表面モデル間の対応付け, Medical Imaging Technology, 2018.09, [URL].
主要学会発表等
1. Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume, Angle- and Volume-Preserving Mapping of Organ Volume Model Based on modified Self-organizing Deformable Model, 23rd International Conference on Pattern Recognition (ICPR 2016), 2016.12.
2. Shoko Miyauchi, Ken'ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume, Volume Representation of Parenchymatous Organs by Volumetric Self-organizing Deformable Model, MICCAI 2016 Workshop on Spectral and Shape Analysis in Medical Imaging, 2016.10.
3. Shoko Miyauchi, Ken’ichi Morooka, Tokuo Tsuji, Yasushi Miyagi, Takaichi Fukuda, Ryo Kurazume, Area- and Angle-Preserving Parameterization for Vertebra Surface Mesh, 2nd Medical Image Computing and Computer Assisted Intervention Workshop (MICCAI) & Challenge Computational Methods and Clinical Applications for Spine Imaging, 2014.09.
学会活動
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Lincoln, UnitedKingdom, 2015.11~2015.12.
受賞
平成29年度 九州大学大学院システム情報科学府優秀学生表彰, 九州大学大学院システム情報科学府同窓会, 2018.03.
平成26年度 九州大学学生表彰(学術研究活動表彰), 九州大学, 2015.03.
平成26年度 九州大学大学院システム情報科学府優秀学生表彰, 九州大学大学院システム情報科学府同窓会, 2015.03.
電子情報通信学会医用画像研究会・平成25(2013)年度MI研究奨励賞, 電子情報通信学会, 2014.05.
電子情報通信学会和文論文誌D・学生論文特集号 秀逸論文, 電子情報通信学会, 2013.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2019年度, 研究活動スタート支援, 代表, 動的変形および個体間形状差を記述した多元心臓統計的形状モデルの構築.
2019年度~2021年度, 基盤研究(B), 分担, AI に基づく外科医の術中技能の定量化による次世代低侵襲手術手技訓練システム.
2016年度~2017年度, 特別研究員奨励費, 代表, ヒト脳間の関係を多角的に記述した多元脳図譜相関樹の構築とそれによる患者脳図譜推定.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2018年度~2018年度, AIPチャレンジ, 代表, 形状間の意味的対応に基づく3次元形状記述法を用いた深層学習による3次元物体認識.
2017年度~2020年度, 戦略的創造研究推進事業 (文部科学省), 分担, 3D画像認識AIによる革新的癌診断支援システムの構築.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」